【きのこの塩麴ごま炒め】作り置きキノコで体のサビを防ぎ免疫力アップ!麹で腸内環境を改善

【きのこの塩麴ごま炒め】キノコで体のサビを防ぎ免疫力アップ!麹で腸内環境を改善

きのこ・塩麴・ごまと腸内環境を整え免疫力アップ!風邪対策に!

きのこは秋が旬ですが、年間通して毎日食べてほしい食材です。

春には冬に溜まった毒素をデトックスし、免疫力アップを心がけることによって、健康を維持することができるのです。

一日に一品キノコ料理を摂ることで病気に強い体つくりができます。

塩麴で腸内環境を改善して、不老長寿・滋養強壮のすり胡麻などを加えることによって、薬膳として申し分ない効果効能のきのこ料理をおすすめします。

TOMOIKU総合サイトできのこ類についての記事を合わせてお読みいただくことでお役にたてると思います。

秋が旬の『きのこ』健康と美容の効果別のキノコは何?栄養の成分表から対策!

 

きのこの塩麴ごま炒めの食材効果
きのこの効能● 免疫を高める
● 体のサビを防ぐ(抗酸化作用)
● 抗ウイルス(風邪・インフルエンザ予防)
● 肝炎改善作用
● 抗酸化作用を抑える作用
● がん予防
● コレステロール低下作用
● 便通改善
● アレルギー症状(アトピーや花粉症)の改善
● 整腸作用
● 神経を正常に保つ
● 鉄分のはたらきを促進
● 糖質、脂質の代謝を助ける
● ダイエット効果
● 美容(美肌や美白)効果
● デトックス効果
● 体を温めて発汗を促す
● 吐き気を止める
● 咳を止める
● 抗菌力がアップ
● 肝臓や腎臓に存在して、消化活動に重要な三種類の消化酵素のはたらきを助ける など

 

きのこの塩麴ごま炒め|薬膳レシピ

きのこの塩麴ごま炒めを作っておくことで、いろいろとアレンジができます。

冷ややっこに添えたり、スパゲティの具材にしたり、サラダに添えてもおいしいです。
—– 材料(4人分)—–

お好みのきのこ類で作ってくださいね。

  • 舞茸(マイタケ) きのこ塩麹食材
  • 椎茸(シイタケ)
  • エリンギ
  • しめじ
  • しょうが
  • 胡麻(擦りごま)
  • 松の実(飾りは好み)
  • スナップエンドウ(飾りは好み)
  • 酒・塩・ごま油

—– 作り方 —–

  1. 飾りのスナップエンドウは湯がいておき、松の実は炒っておく。
  2. きのこを食べやすい大きさにほぐしたりカットする
  3. フライパンにごま油を入れしょうがを炒める。
  4. きのこ類をいれ、酒を全体にふってまぶす。
  5. ふたをして蒸しながら中火で炒め、きのこに火を通し、擦りごまを加える。
  6. フライパンを火からおろして粗熱を取って、きのこの蒸し汁ごと塩麹を加える。
  7. 全体をよく混ぜ合わせる。

添えるグリーン系は彩をよくするのでちょっと加えるだけで、おいしそうに見えますね。

今回は「春」なので、スナップエンドウを加えましたが、旬の野菜を加えましょう。

 

作り置きで作った「きのこの塩麴ごまパスタ料理」

きのこの塩麴ごまパスタ料理

6歳の孫が大好きなパスタです。

えびをお花にしてスナップエンドウの豆は中央にし、外皮袋は葉っぱに見立てています。

— 作り方 —

  1. パスタは茹でておきます。
  2. ゆで汁もちょっと加えて作り置きのきのこを加え、塩コショウで味を調えるだけです。

 

tomoiku21century-01

 

人参とりんごのジュースは自家製です。

 

 
 

明日の健康を司る!
温活*腸活*菌活*薬膳&ハーブ

体は自然の摂理に従っています。難しいことをするのではなく、身近で簡単なことが当たり前のように生活していくことが、健康維持への近道です。