【菜の花】体の解毒!肝機能や貧血予防!薬膳で丁寧な暮らし

菜の花

菜の花は冬の毒を解毒(デトックス)して、肝機能や貧血予防

春の息吹を感じる3月は、桜の便りも届くようになり、身を縮めて歩いた激しい冬から、景色も新芽を出してやさしい春になる…日本の四季は本当に素敵な国…美しい流れがありますね。

新芽が出る春先は、日々温かさを感じられて心も体も活動的になるときです。

冬に溜まっている老廃物や毒素は春先のうちに取り除いて、新しいスタートの季節を笑顔で過ごせるように薬膳で身体を整えましょう。

この時期におすすめする食材は「菜の花」です。菜の花栄養表

菜の花2春の香りがたっぷりで栄養価の高い「菜の花」は、緑黄色野菜に分類されβカロテンや葉酸や鉄が豊富なのです。

春先、これから花を咲かせようとする蕾にはエネルギーとなる栄養がたくさん詰まっています。

塩分を体外に排出するカリウムも多く、体内に滞っている老廃物などを解毒してエネルギーや血液の巡りをよくする効果がみられます。

ビタミンやミネラルを含み、特に鉄分と葉酸が豊富なので貧血気味の人は、ぜひ春には「菜の花」を食材として加えてください。

菜の花の薬膳的な効能で春先に多いトラブルの改善をしよう

春は「血の騒ぐ季節」と言われていて、気温の上昇にともなって、血の流れもうわずり上半身に滞りやすくなります。

独特の苦みと香りが特徴な菜の花は、血液の流れをよくしてデトックス効果を促してくれて、冬に体がかたまってしまい血が滞っている冬眠中の体を元気に起こしてくれます。

薬物書「本草綱目」では、葉の花は春先の血のトラブルを防ぐ働きがあり、「熱を伴う炎症や腫れ物を治し、鬱血・瘀血を除き、血の滞りをなくす」と記載されています。

薬膳的解釈

[五味-苦辛味・五性-温性・帰経-肝肺脾

  • 五味-苦辛味
    体内の熱を冷ましたり、炎症を鎮める作用・体を温めて、滞ったものを追い出す発散作用がある。
  • 五性-温性
    体を温める食材
  • 帰経-肝肺脾
    :気機を調節し蔵血する
    :呼吸・宣発と粛降・水のめぐりを司る
    :運化・昇清・統血を司る

 

現代栄養学では、ビタミンCやカロテンなどの抗酸化物質やカリウムが豊富で、高血圧や動脈硬化を予防し、血液巡回を改善する効果があるとして薬効効果があるとされています。

菜の花の食材効果
● 肝臓の機能を高める
● 高血圧や動脈硬化を予防
● 血行をよくする
● 腫れをひかせる
● 炎症を鎮める

 

菜の花は特に女性が食べると効果を感じられる理由

5人に1人の女性にみられる身近な「鉄欠乏性貧血」ですが、赤血球数とヘモグロビンの値の低下を来した状態を「貧血」と言います。

現代の女性は鉄と葉酸が少ないとされていて、特に妊婦さんには、DNAの合成や細胞分裂に必要な栄養素なので、赤ちゃんの成長のためにも大切な栄養素です。

葉酸は造血作用において重要な役割を果すビタミンなので、貧血気味の方は鉄と合わせて葉酸もすすんで食べるようにしましょう。

子宮筋腫や生理不順の方など、子宮ないの血の巡りを良くして、鬱血を取り除いてくれる作用があるので、女性みなさんに摂っていただきたい食材です。

食材:菜の花-調理方法の注意点

菜の花ゆで時間葉酸は水溶性ビタミンのために、茹でることで減ってしまうため、洗いすぎないようにして、調理した煮汁ごと食べられる料理で摂るのが理想ですが、茹でて多く食べる場合、茎は20~30秒・葉は10秒と、茹で方を工夫して食べるようにしましょう。

菜の花を炒める時間も30秒程度にして、菜の花の脂溶性ビタミンのβカロテンは、油で炒めて摂ることで吸収がよくなります
水溶性ビタミンを調理するときは軽く炒めたり蒸したりがおすすめです。

貧血気味の方は、旬の後1ヶ月ごろまで摂ってほしい食材なので、10秒ほど茹でて冷凍することで、こまめに食材として使用するようにしましょう。

 

春先に多いトラブルは、病院に行くほどではなく感じるほどの倦怠感がありますね。

そんな時、ぜひ「菜の花」を摂って、解毒-デトックスをしましょう。

 

 
 

明日の健康を司る!
温活*腸活*菌活*薬膳&ハーブ

体は自然の摂理に従っています。難しいことをするのではなく、身近で簡単なことが当たり前のように生活していくことが、健康維持への近道です。