【タコ】コレストロールを分解!薬膳では体を温める食材と食べる!

【タコ】コレストロールを分解!薬膳では体を温める食材と食べる

肝臓の働きを助けコレストロールを分解!

夏が旬のタコは日本では漁獲量が少ないので、アフリカ諸国からの輸入品がほとんどです。

何とも不思議な姿をしているタコを、どんな人が食べようとしたのでしょうね…。

弥生時代の遺跡から蛸壺がみつかっているので、日本人は昔からタコを食べていたようですよ。

現代になり。冬のおでんやタコ飯に!夏にはオリーブオイルとお酢でサラダにも!

そして、たこ焼き!…使う用途はいろいろあって、おいしいものばかりです。

タコの内蔵にはビタミン・ミネラルがバランス良く含まれていて、内臓ごとおいしく食べられる「イイダコ」のほうが栄養豊富なので、是非いただいてみてくださいね。

そのタコには栄養はあるのかしら?…。

タコの薬膳的な効果効能

タコは、ビタミンA・ビタミンB群・ビタミンE・カルシウム・ナトリウム・カリウム・亜鉛などを含み、脂質がイカの半分です。

タコの栄養
タコの栄養に代表されるものは「タウリン」です。

旨味のあるタコには100gに520mgのタウリン(エビ100g中150mg)を含んでいます。

タウリンには胆汁酸の分泌を促してコレストロールを分解して、体外に排出してくれます。

そして、肝臓の働きを助けてくれるので、疲労回復・視力低下の予防など様々な効果があります。

しかし、タコは高タンパクなので、腎機能が低下している方には負担になりますので、食べないようにしましょう。

薬膳的解釈

[五味-甘味・五性-涼性・帰経-肝・脾

  • 五味-甘味
    養分を補給し、胃腸の働きを整える作用があります。
  • 五性-涼性
    寒性ではないが体を冷やし、消炎や鎮静の作用がある
  • 帰経-肝・脾
    :気機を調節し蔵血する
    :運化・昇清・統血を司る

イカと同様、体を冷やすタコなので、生姜などの体を温める食材といっしょに食べるようにしましょう。

たこ焼きに紅しょうが・タコ飯にも生姜が入っているのは、理にかなった食べ方なんです。

タウリンが多いタコは、体を温める食材と食べることで、効果がアップします。

タコの食材効果
  • 滋養強壮
  • 肝機能向上
  • 動脈硬化予防
  • 高血圧予防
  • 肥満防止
  • 疲労回復
  • 眼精疲労緩和
  • 腰痛
  • 老化防止効果
  • 善玉コレステロール増
  • 口内炎防止
  • 肌荒れ防止
  • コラーゲンの美肌効果 など

 

タコは体を温める食材で!注意すること

タコに生姜と組み合わせている料理は多数ありますね。

タコ飯・たこ焼き・たこの生姜焼き…みんな理にかなった食べ方で、生の刺し身にもわさびをつけて…

おいしいお料理いっぱいですね。

しかし、胃腸の弱い方は消化不良を起こす場合があるので、時間をかけて煮込むなどして工夫するか、控え目にしましょう。

タコを柔らかく煮るには、大根おろしをたっぷりと入れたお湯で20~30分ゆでて冷めるまでおいておくと柔らかく出来上がります。

タコ飯を作ろう!
タコ飯

タコ飯は生姜の香りがほんのりとしたいという方と、がっつり生姜の味をつけたい方と分かれます。

薬膳では生姜を体を温めるには、熱を加えることをおすすめするので、私はタコ飯の場合、生姜をいっしょに炊き込みます。
タコ飯お米2合の場合
・酒大さじ1
・しょうゆ大さじ1.5
・塩小さじ1/2
・ショウガ1片
・だし汁で炊く(もしくはお水に昆布(10cm角)を入れて炊く)
・彩りの緑系(刻みネギ・大葉・インゲン・三つ葉などのいずれか適量

*米3合の場合は材料を1.5倍、米4合の場合は2倍でお作りください。

  1. 米は洗って30分以上浸水し(時間外)、ザルに上げて水気をきる。
  2. たこは1.5cm幅(好みの食べやすい大きさ)に切る。
  3. しょうがはせん切りにする。
  4. 炊飯器に(1)の米、調味料を入れ、生姜を一緒に炊き込みたい方はここで入れる
  5. 2合の目盛までだし汁を注ぐ
  6. だし汁ではない方は昆布を入れて水を入れる。
  7. タコをのせて炊く。
  8. 炊き上がったら生姜を加えたい方はここで加えて軽く混ぜる。

炊いている間、いい匂いがして、食欲が増します。

生姜を加えるので、さっぱりしたお味になります。

 

 
 

明日の健康を司る!
温活*腸活*菌活*薬膳&ハーブ

体は自然の摂理に従っています。難しいことをするのではなく、身近で簡単なことが当たり前のように生活していくことが、健康維持への近道です。