中年太りを健康でスリムに改善!体質転換期のための食品30品目食事改善法

中年太りを健康でスリムに…体質転換期のメカニズムと食事

どうして?食べる量が変わらないのに太りやすくなったような気がする…と30代になると感じます。

中年になると体がエネルギーをつくるシステムが変わるので、食べ方を変えなければ体型をキープすることができないとのこと。

私は中年のこの時期に好き勝手に食べていたので、お腹とお尻の脂肪取りに苦労しています。

しかし、高齢の方でも健康な体づくりをはじめるにあたり、代謝が悪くなり脂肪がつきやすい自分の体を知り食事を気をつけることは、今日からでも遅くはありません。

難しい食事のとり方ではないので、原因と対策を知ることで、若いころのダイエットをムダにしないように…そして中年から気をつけなければならない病気など、食事を気をつけることによって改善されて健康維持ができるのです。

エネルギーは何に使われるか?を知る

私たちの身体が普段どのようにエネルギーを消費しているのでしょうか。

基礎代謝を上げるためには運動して筋肉をつけろと一般的にうるさく言われているわりに、筋肉が一番エネルギーを消費しているわけではないのです。

基礎代謝の内訳を見てみましょう。

【基礎代謝の内訳】

•肝臓:27%
•脳:19%
•筋肉:18%
•腎臓:10%
•心臓:7%
•その他:19%

<参照:1989年FAO/WHO/UNU合同特別専門委員会報告>

私たちが普通に過ごしている間、エネルギーを一番に使っているの「肝臓」で次に「脳」なのです。

基礎代謝を上げるために一番大切なことは、筋肉をつけることよりも、肝機能を高めてあげることが必要なのです。

知らず知らずのうちに負担をかけてしまっているのが肝臓で、そのまま放っておくと、加齢によってどんどん機能が低下してしまうので、肝臓の機能を高めるために、ビタミン、ミネラル、たんぱく質をしっかりと摂れるメニューを取り入れましょう。

エネルギーシステムの転換期のメカニズム

 

中年と言われる年齢位から、解糖系からミトコンドリア系のシステムにシフトチェンジされます。



解糖系

「解糖系」とは,生体内に存在する生化学反応経路の名称のことです。

若い頃のエネルギーの材料は糖質で、酸素を使わず、糖質を分解してエネルギ―をつくり出します。

ミトコンドリア系

酸素を使って、食事で得られた糖や脂肪、たんぱく質や解糖系で生まれたピルビン酸を材料にエネルギ―をつくり出します。

糖質の他にビタミンやミネラルなども材料にしています。

エネルギー効率は解糖系の約18倍で、少い材料でエネルギーがつくれるのです。

よって、若い時と同じ食事を摂っていることで、摂取エネルギーがあまり、余った糖質が体脂肪として蓄積されやすく肥満になります。

たんぱく質を変質させる“糖化”も引き起こし、老化や病気を招くのです。

若い時は解糖系が優位で、加齢とともにミトコンドリア系中心にシフトしていきます。

ただし、ストレスによって交感神経の緊張が持続すると、血管が収縮して低体温になり、解糖系のエネルギ―が主体となって、低体温、低酸素、高血糖、ガンや糖尿病の状態になってしまいます。

糖尿病やガンを治すには、高体温、高酸素、低血糖の状態にして、ミトコンドリア系にシフトしていく必要があります。

ミトコンドリア系エネルギーの体のために、これを食べれば約一週間で体がすっかり燃えて軽くなる体験ができるように、30品目食品をご紹介します。

続き…「体がミトコンドリア系になるための食事改善法!食品30品目」

The following two tabs change content below.
【「和漢膳料理研究家」女子栄養大学にて食生活指導士・漢方養生士・中医薬膳士・防災士・ペット食育士】 生涯学習コーディネーターとして、学校支援地域本部事業や成人の学習支援に参加し、生涯学習の振興発展に寄与することを目的とする自治体に登録し、公共地域の活動に参加しています。講演内容は、子どもの食育・成人の療養食・防災食・動物の「食」について、企業相談や地方講演を行っています。

関連記事

  1. 野菜のファイトケミカル8つの効果(2)生活習慣病予防と改善

  2. 野菜に含まれる代表的栄養素3つを効率的に摂る調理

  3. 生命維持に欠かせない野菜が不足!効果・摂取量の目安と食べ方の…

  4. 野菜に含まれる「ミネラル」効果と効率的に摂る調理法

  5. 野菜に含まれる「ビタミン」効果と効率的に摂る調理法

  6. 野菜のファイトケミカル8つの効果(1)生活習慣病予防と改善

TOMOIKU総合サイト

「TOMOIKU総合サイト」は、自分らしい生き方や働き方、居心地のいいものに触れ、人生をプラスに変えて暮らしをデザインする生活情報サイトです。

子ども目線ではありませんが、同じ内容を社会の問題点として注目し、子どもの未来に関わるあらゆる情報をお届けしています。

http://tomoiku.com/

 

“漢方養生士・中医薬膳師・女子栄養大学食生活指導士”として「薬膳・ローフード・スローフードの健康的な食事」
“LOHASライフスタイリスト”として「ロハスな生活」
“愛玩動物飼養管理士&ペット食育士”
として「犬・猫・うさぎの食事」
“保育士”
として「子供の悩み相談」
“AFP(アフィリエイテッド・ファイナンシャル・プランナー)”として、企業コンプライアンス・ライフプラン・金融、保険など6つの専門分野など、企業相談や地方講演と地域の活動を行っています。

ご質問の返答は管理人“TOMOIKU京子”個人の考えが含まれます。TOMOIKU記事にまとめてお答えしています。お問い合わせから気軽に質問してください♪

tomoiku21century-01

一般社団法人 日本共育ライフ協会内
(合)共育生活研究所

tomoiku21
サイトマップで情報を探せます!

  1. 2020.07.01

    【7月・文月】梅雨と初夏を乗り切る食材「夏バテ対策」を考…

  2. 2020.06.29

    7月文月「暮らしの歳時記365日」四季の流れで心と体を整…

  3. 2020.06.28

    細胞の力を強くする黒い食品パワーとは?色と食材の七色健康…

  4. 2020.06.27

    細胞の力を強くする紫の食品パワーとは?色と食材の七色健康…

  5. 2020.06.26

    細胞の力を強くする白の食品パワーとは?色と食材の七色健康…

  6. 2020.06.26

    細胞の力を強くする茶の食品パワーとは?色と食材の七色健康…

  7. 2020.06.25

    細胞の力を強くする緑の食品パワーとは?色と食材の七色健康…

  8. 2020.06.25

    細胞の力を強くする黄の食品パワーとは?色と食材の七色健康…

  9. 2020.06.25

    細胞の力を強くする赤の食品パワーとは?色と食材の七色健康…

  10. 2020.06.25

    【七色健康食事法】色で簡単にバランスよい細胞の力を高める…

  1. 2020.06.25

    【七色健康食事法】色で簡単にバランスよい細胞の力を高める…

  2. 2020.06.24

    中年太りを健康でスリムに改善!体質転換期のための食品30…

  3. 2020.06.21

    体がミトコンドリア系になるための食事改善法!食品30品目…

  4. 2020.06.19

    「菌活」で健康な腸に育てよう!食材で善玉菌を増やそう!

  5. 2020.06.17

    体も心もキレイになる最短方法「腸活」健康生活の基本

  6. 2020.06.11

    野菜に含まれる「食物繊維」効果と効率的に摂る調理法

  7. 2020.06.11

    野菜に含まれる「ミネラル」効果と効率的に摂る調理法

  8. 2020.06.11

    野菜に含まれる「ビタミン」効果と効率的に摂る調理法

  9. 2020.06.11

    野菜に含まれる代表的栄養素3つを効率的に摂る調理

  10. 2020.06.10

    野菜のファイトケミカル8つの効果(2)生活習慣病予防と改…

  1. 2020.06.06

    【梅の効果】食中毒やピロリ菌の予防!2週間後に飲む梅酒と…

  2. 2020.06.05

    生活習慣病予防薬膳レシピ【ホタテの炊き込みごはん】帆立効…

  3. 2020.05.29

    腸内環境を改善して免疫力アップダイエットのポイント3つ【…

  4. 2020.05.17

    トウモロコシの皮・ヒゲは捨てない!利水作用「とうもろこし…

  5. 2020.05.17

    デトックス・免疫力UP・腸内環境を整えるメニューづくり3…

  6. 2020.05.13

    たんぱく質食材をマリネにする効果「豆と魚介マリネ料理」薬…

  7. 2020.05.12

    夏の養生法|注意すべき生活と食養生~食べたい食材と夏の薬…

  8. 2020.05.11

    ぬかづけの19倍の乳酸菌「水キムチ」効果!とぎ汁不要の安…

  9. 2020.05.10

    酵素が豊富なラディッシュ(二十日大根)効果!顆粒だしを使…

  10. 2020.05.07

    香辛料の山椒(サンショウ)と花椒(ホアジャオ)の違い・効…

ベルメゾンネット