むくみ解消!足から冷え性改善・第二の心臓ふくらはぎを温めダイエット

足を温めることは冷え性の改善に!むくみ解消はダイエットになる!

冬になると足が冷たくなって、寒さを感じる方は多いと思いますが、冬でたまった体を春にほぐすことも大切です。

春は暖かく

実はふくらはぎは「第二の心臓」といわれていて、冷え性を改善する方法があるのです。

そして触って冷えているのを感じるのは、お尻と太もも。

足を温めて、冷えを改善して、むくみによって太って見える太ももやお尻のダイエットになる「温めて健康に!」を実践しませんか?

むくみに気が付かない場合もあり、パソコンや事務仕事などでずっと座っていると、血流が悪くなり足がむくんできます。

座っている時は、足を冷さないようにすることが必要なので、ひざ掛けなどを用意しましょう。



第二の心臓「ふくらはぎ」の役割は大きい

第二の心臓ともいわれている「ふくらはぎ」を温めることで、体の不調を改善するためのツボが数多くあるため、冷えの改善になるのです。

そして、ふくらはぎは、「腎臓と膀胱」に深く関わっていると考えられ、腎臓や膀胱の調子が悪いと、その兆しはふくらはぎに現れます。

ふくらはぎがガチガチにこわばっている状態は、腎臓や膀胱・腰・子宮などにも影響があって、頻尿、尿もれ、むくみ、冷え性、生理不順や腰痛などの症状がある場合があります。

自宅でできる簡単なマッサージです。

温める方法を記したいと思います。

痛いと感じたら、ふくらはぎとつながった腎臓や膀胱、腰周りが弱っている証拠です。

優しく下から上へとほぐしましょう。

ふくらはぎは、心臓から送られてきた血液やリンパ液などの体液を、心臓に戻すポンプの役割を果たしています。

引力がある限り、下から上に流す力は大変で、仮にそのポンプの機能が落ちてしまうと、心臓への血流も悪くなってしまいます。

その足のポンプの機能が良いと、心臓にいい血液が元気よく、新陳代謝も良くなります。

ふくらはぎの筋肉が元気に動かせるように筋肉をつけて、ポンプが元気に働けるようにある程度温めてあげることで、全身のリンパなどの体液の循環と血液循環がよくなって冷え性も改善されるのです。

 

むくみ解消!ふくらはぎの温め方

 

ふくらはぎを温めることで、つま先・足首の冷え・太ももの冷えによるむくみが改善されます。

  • ふくらはぎを露出させない洋服を着用する
  • ふくらはぎを温めるよなレッグウォーマーを使用する
  • お風呂で足のマッサージ(足首からももに向かっていく)
  • 時にはカイロを使用

 

レッグウォーマーでふくらはぎを温める

レッグウォーマーは、冷えたふくらはぎをすっぽり包みこんでくれるので、寒い日や、足が冷たくて眠れない夜に履けるので、普段着や部屋着の時の冷え対策にはピッタリです。

エアコンの冷房が強く感じる夏でも、足腰を冷すことはよくありません。

冷え性の方は、体を温める食べるなどの改善の他に、身を温める工夫が大切です。

そして、温かさを実感するのに大切なのが素材選び!

肌や使用感にやさしいシルクや、発熱素材のもの、保温性の高い素材のものがおすすめです。

血流を妨げないよう、締め付けの無いものを選びましょう。

私は本当にこの靴下で改善されています。

指先があいていることで、寝ていても蒸れることが原因で冷えることがありません。

 

カイロでふくらはぎを温める

足が冷えて寒いという時は、肌に直貼りしないでふくらはぎにカイロを貼ると楽になります。

タイツ・スパッツ・ハイソックスの上に貼って、低温火傷を避けてください。

しかし、使いすぎることで、自分で調整ができなくなってしまうので、本当に寒い時だけにしましょう。

 

太ももの冷えには注意!むくみやすくなる

体温が下がると脂肪がつきやすくなって、脂肪自体は熱を生み出さないため、更に冷えてしまうという悪循環になります。

循環が悪くなると、むくみやすくなります。

エステなどの営業トークなのですが「セルライトは専門家でないと落ちません」と言われることがあるようですが、セルライトは普通の脂肪細胞なので、皮膚にハリが無くなり脂肪細胞が凹凸で見えているだけのことです。

その脂肪は、温かくさえすれば必ずやわらかくなり、普通に脂肪を落とせば良いだけのことです。

 

太ももの温め方
  • 締め付けの強いガードルやストッキングは着用しない
  • 太ももが椅子などに触れるような短いスカートを着用しない
  • お風呂で足のマッサージ(足首からももに向かっていく)
  • 時にはカイロや湯たんぽを使用
  • 体内から温めるようにする

エステなどの営業トークなのですが「セルライトは専門家でないと落ちません」と言われることがあるようですが、セルライトは普通の脂肪細胞なので、皮膚にハリが無くなり脂肪細胞が凹凸で見えているだけのことです。

その脂肪は、温かくさえすれば必ずやわらかくなり、普通に脂肪を落とせば良いだけです。

セルライトはあたためもみほぐすことで、柔らかくなってダイエットをしたかのように減っていきます。

湯たんぽで温めると効果大!

内ももには太い血管が通っているので、足先などの末端を温めるよりも、お腹や内太ももなどを温めることで、足全体・体全体を温めることにつながります。

そして、ももの内側にはリンパが通っているので、むくみがなくなり足がほっそりしてきます♪

足が細くなっていくので、ダイエットをしたかのような足になります。

 

寒いからと寝る時は靴下を履きすぎない

 

寝る時は、足首をレッグウォーマーで温めて、靴下は足の汗の逃げ道がなくなって冷えてしまうので、指先はできるだけ自由にしてください。

冬という気候による「寒さ」だけではなく、年間「冷え」を感じている方は、体全体が冷えてしまい、健康的にもよいことはありません。

「温活」という食事療法の他に、体の外側からも温める工夫をしましょう。

体をあたためるための、靴下や道具も大切ですが、座ったままの体勢を長時間続けることが何よりも体によくありません。

座った体勢が続くようでしたら、一度立って背筋を伸ばしたり、足踏みしたりと血流をよくするように体を動かしましょう。

そして、自宅では軽いスクワットをすることも大切です。

食べ物だけで体は健康になりません。

体を動かすことも、忘れないでくださいね。

「温むすび」さんは、冷え性の方に便利なグッズがいっぱいあります♪

↓当ブログ:新型コロナウイルスのページ


↓今月の健康プログラム 目次ページ↓




ベルメゾンネット


東洋人である日本人のDNAによる体質をいかした食事を心がけて…♪

The following two tabs change content below.
【「和漢膳料理研究家」女子栄養大学にて食生活指導士・漢方養生士・中医薬膳士・防災士・ペット食育士】 生涯学習コーディネーターとして、学校支援地域本部事業や成人の学習支援に参加し、生涯学習の振興発展に寄与することを目的とする自治体に登録し、公共地域の活動に参加しています。講演内容は、子どもの食育・成人の療養食・防災食・動物の「食」について、企業相談や地方講演を行っています。

関連記事

  1. 体の不調は「冷え」が原因|チェックシートでタイプ別の冷え取り…

  2. 冷え性が原因の体調不良は要注意!潜病・未病であることの自覚が…

  3. 【温活】便利な生活が体を冷やす!3つの冷えタイプと冷え肥満に…

  4. むくみの原因「水毒」改善方法!おすすめの食べ物と手足ブラブラ…

  5. 冷え性と低体温の違いと改善方法「温活」生活と食事で元気になろ…

  6. 「温活」で心と体をホットに!健康体温36.5℃を目標にしよう…

TOMOIKU総合サイト

「TOMOIKU総合サイト」は、自分らしい生き方や働き方、居心地のいいものに触れ、人生をプラスに変えて暮らしをデザインする生活情報サイトです。

子ども目線ではありませんが、同じ内容を社会の問題点として注目し、子どもの未来に関わるあらゆる情報をお届けしています。

http://tomoiku.com/

 

“漢方養生士・中医薬膳師・女子栄養大学食生活指導士”として「薬膳・ローフード・スローフードの健康的な食事」
“LOHASライフスタイリスト”として「ロハスな生活」
“愛玩動物飼養管理士&ペット食育士”
として「犬・猫・うさぎの食事」
“保育士”
として「子供の悩み相談」
“AFP(アフィリエイテッド・ファイナンシャル・プランナー)”として、企業コンプライアンス・ライフプラン・金融、保険など6つの専門分野など、企業相談や地方講演と地域の活動を行っています。

ご質問の返答は管理人“TOMOIKU京子”個人の考えが含まれます。TOMOIKU記事にまとめてお答えしています。お問い合わせから気軽に質問してください♪

tomoiku21century-01

一般社団法人 日本共育ライフ協会内
(合)共育生活研究所

tomoiku21
サイトマップで情報を探せます!

  1. 2020.07.06

    二十四節気の夏【小暑-しょうしょ】7/7~22頃:水毒の…

  2. 2020.07.06

    栄養素を逃さない!抗酸化を意識した食材の選び方と調理方法…

  3. 2020.07.05

    バランスのいい献立!1日に必要な栄養素を過不足なく食べる…

  4. 2020.07.04

    7大栄養素をバランスよく摂取するのが健康への早道!-暮ら…

  5. 2020.07.03

    栄養素と栄養の違い!栄養とカラダのしくみ-暮らしの栄養学…

  6. 2020.07.01

    【7月・文月】梅雨と初夏を乗り切る食材「夏バテ対策」を考…

  7. 2020.06.29

    7月文月「暮らしの歳時記365日」四季の流れで心と体を整…

  8. 2020.06.28

    細胞の力を強くする黒い食品パワーとは?色と食材の七色健康…

  9. 2020.06.27

    細胞の力を強くする紫の食品パワーとは?色と食材の七色健康…

  10. 2020.06.26

    細胞の力を強くする白の食品パワーとは?色と食材の七色健康…

  1. 2020.07.06

    栄養素を逃さない!抗酸化を意識した食材の選び方と調理方法…

  2. 2020.07.05

    バランスのいい献立!1日に必要な栄養素を過不足なく食べる…

  3. 2020.07.04

    7大栄養素をバランスよく摂取するのが健康への早道!-暮ら…

  4. 2020.07.03

    栄養素と栄養の違い!栄養とカラダのしくみ-暮らしの栄養学…

  5. 2020.06.25

    【七色健康食事法】色で簡単にバランスよい細胞の力を高める…

  6. 2020.06.24

    中年太りを健康でスリムに改善!体質転換期のための食品30…

  7. 2020.06.21

    体がミトコンドリア系になるための食事改善法!食品30品目…

  8. 2020.06.19

    「菌活」で健康な腸に育てよう!食材で善玉菌を増やそう!

  9. 2020.06.17

    体も心もキレイになる最短方法「腸活」健康生活の基本

  10. 2020.06.11

    野菜に含まれる「食物繊維」効果と効率的に摂る調理法

  1. 2020.06.06

    【梅の効果】食中毒やピロリ菌の予防!2週間後に飲む梅酒と…

  2. 2020.06.05

    生活習慣病予防薬膳レシピ【ホタテの炊き込みごはん】帆立効…

  3. 2020.05.29

    腸内環境を改善して免疫力アップダイエットのポイント3つ【…

  4. 2020.05.17

    トウモロコシの皮・ヒゲは捨てない!利水作用「とうもろこし…

  5. 2020.05.17

    デトックス・免疫力UP・腸内環境を整えるメニューづくり3…

  6. 2020.05.13

    たんぱく質食材をマリネにする効果「豆と魚介マリネ料理」薬…

  7. 2020.05.12

    夏の養生法|注意すべき生活と食養生~食べたい食材と夏の薬…

  8. 2020.05.11

    ぬかづけの19倍の乳酸菌「水キムチ」効果!とぎ汁不要の安…

  9. 2020.05.10

    酵素が豊富なラディッシュ(二十日大根)効果!顆粒だしを使…

  10. 2020.05.07

    香辛料の山椒(サンショウ)と花椒(ホアジャオ)の違い・効…

ベルメゾンネット