“ハーブ”メディカルハーブ・スパイス効能をお茶や食事で摂取!





自然の恵みを植物を生活取り入れる

植物の生活を研究すると、“人間”を“自然”の一部とみることを教えられる。…私たちが自分にふさわしい自然の内部ででの場所を使わずに“自然”に無理をさせ、それをコントロールすればするほど、私たちは、それだけ早く、自分が限界を超えてしまったことを自覚するようになる。
byバイス

この言葉は植物だけに限らず、モノゴトすべて言えるのではないでしょうか。

植物は私たちに、ビタミン類・ミネラル類・抗生物質類・ホルモン物質を、人間の体が同化しやすいかたちで提供してくれています。

植物にはエネルギーの場があり、人間のとりまく磁場になぞらえることができるのです。

その植物のエネルギーを無視して、化学的に合成された生命のない物質、生命力を高めることのできない物質よりも、自然の有機的な物質・生命を持っていて、人間と調和して作用する物質を使うほうが理にかなっていると思うのです。

ハーブとは?

とてもおしゃれに感じる“ハーブ”

ハーブ(herb)とは、薬用または芳香剤の高い植物の総称です。

日本の伝統民間薬である柿の葉やドクダミなど、お茶にしていただくのと同じですし、ハーブの場合料理の香辛料として使われることが多いです。

化学的に合成された薬ができる前の時代では、植物の持つ力を薬として活用していました。

食用として用いられる他に、エキスを抽出してアロマオイルとして空間で香り成分を活用したり、湿布・入浴剤などに利用して、幅広い薬効を利用して生活できるのがハーブです。

心が穏やかになるハーブティーは女性に大人気!

その時の気分で配合を変えていかれるのがとても魅力です。

SPONSORED LINK



ハーブやスパイスの自然の力を生活に取り入れる

漢方や薬膳は和漢のイメージ・ハーブは洋のイメージだと思いますが、どちらも自然の恵みであるモノを最大限に生かして、現代になってわかってきた効果効能を生活に取り入れていく方向性は全く同じです。

ハーブは洋の植物だけか?…というと、そういうわけではありません。

身近な植物でも、ハーブの分類にされているものが多くあります。

例えば、ハーブで抗生物質として効果が期待できるハーブの分類として、発酵食品などのヨーグルトなどとガーリックやリンゴ酢・たんぽぽの根など、和漢で使われているものも多くあります。

自然の恵みを生活に取り入れる…それはエビデンスがなかった時代の先人たちが自らの身で生み出されたものです。

ただ、効果が期待できるだけに、効果を知った上で大量摂取するのではなく、適度な距離で自然に取り入れるべきものであって、メディカルハーブとして治療したい場合は、必ずハーブ療法士の指導のもとで取り入れることをおすすめします。

ティーに用いてよいハーブや、効能を中心にした解説、ドライにする方法など、自分に合うものを選んでいただけるようにまとめてきます。

管理者はハーブ療法士なので指導もしていますが、ブログで綴る範囲は一般的な料理や配合に止めて、日本人DNAに合いハーブを楽しむ範囲でお伝えしていきます。

前>>“薬膳”効果ある身近な食材を日常で取り入れる薬膳料理とは?
「ハーブ」手軽に取り入れて健康でオシャレな暮らしを楽しむ!>>続きはこちら

 

SPONSORED LINK






DNAによる体質をいかした食事を心がけて…♪

The following two tabs change content below.
【「和漢膳料理研究家」女子栄養大学にて食生活指導士・漢方養生士・中医薬膳士・防災士・ペット食育士】 生涯学習コーディネーターとして、学校支援地域本部事業や成人の学習支援に参加し、生涯学習の振興発展に寄与することを目的とする自治体に登録し、公共地域の活動に参加しています。講演内容は、子どもの食育・成人の療養食・防災食・動物の「食」について、企業相談や地方講演を行っています。

TOMOIKU総合サイト

「TOMOIKU総合サイト」は、自分らしい生き方や働き方、居心地のいいものに触れ、人生をプラスに変えて暮らしをデザインする生活情報サイトです。

子ども目線ではありませんが、同じ内容を社会の問題点として注目し、子どもの未来に関わるあらゆる情報をお届けしています。

http://tomoiku.com/

 

“漢方養生士・中医薬膳師・女子栄養大学食生活指導士”として「薬膳・ローフード・スローフードの健康的な食事」
“LOHASライフスタイリスト”として「ロハスな生活」
“愛玩動物飼養管理士&ペット食育士”
として「犬・猫・うさぎの食事」
“保育士”
として「子供の悩み相談」
“AFP(アフィリエイテッド・ファイナンシャル・プランナー)”として、企業コンプライアンス・ライフプラン・金融、保険など6つの専門分野など、企業相談や地方講演と地域の活動を行っています。

ご質問の返答は管理人“TOMOIKU京子”個人の考えが含まれます。TOMOIKU記事にまとめてお答えしています。お問い合わせから気軽に質問してください♪

tomoiku21century-01

tomoiku21
サイトマップで情報を探せます!

ベルメゾンネット




  1. 2020.07.19

    納豆の栄養はスゴイ!夜食べるとパワーUP!+αで食材で効…

  2. 2020.07.18

    ホールフードWholeFoodの一物全体食は丁寧な暮らし…

  3. 2020.07.17

    雑穀は昔からの健康法!1食で30品目の栄養を手に入れる方…

  4. 2020.07.16

    「厚揚げ」大豆加工品でおすすめ!厚揚げ・木綿豆腐・絹豆腐…

  5. 2020.07.15

    小豆(あずき)効果は?薬膳「解毒のお薬」10日に1食は小…

  6. 2020.07.14

    大豆・黒豆・枝豆の違い「畑の肉」の栄養効能を適度に取り入…

  7. 2020.07.13

    枝豆のスゴイ効果「栄養成分を凝縮させる下ごしらえ」ダイエ…

  8. 2020.07.12

    アーモンド・ナッツ類のメリットとコツ!1日食べる量は何粒…

  9. 2020.07.11

    蕎麦(そば)ヘルシー!体に良い栄養のメリットとデメリット…

  10. 2020.07.10

    発芽玄米は栄養満点!簡単な自家製レシピ!加工商品は保存・…

  1. 2020.07.19

    納豆の栄養はスゴイ!夜食べるとパワーUP!+αで食材で効…

  2. 2020.07.18

    ホールフードWholeFoodの一物全体食は丁寧な暮らし…

  3. 2020.07.17

    雑穀は昔からの健康法!1食で30品目の栄養を手に入れる方…

  4. 2020.07.16

    「厚揚げ」大豆加工品でおすすめ!厚揚げ・木綿豆腐・絹豆腐…

  5. 2020.07.15

    小豆(あずき)効果は?薬膳「解毒のお薬」10日に1食は小…

  6. 2020.07.14

    大豆・黒豆・枝豆の違い「畑の肉」の栄養効能を適度に取り入…

  7. 2020.07.13

    枝豆のスゴイ効果「栄養成分を凝縮させる下ごしらえ」ダイエ…

  8. 2020.07.12

    アーモンド・ナッツ類のメリットとコツ!1日食べる量は何粒…

  9. 2020.07.11

    蕎麦(そば)ヘルシー!体に良い栄養のメリットとデメリット…

  10. 2020.07.10

    発芽玄米は栄養満点!簡単な自家製レシピ!加工商品は保存・…

  1. 2020.06.06

    【梅の効果】食中毒やピロリ菌の予防!2週間後に飲む梅酒と…

  2. 2020.06.05

    生活習慣病予防薬膳レシピ【ホタテの炊き込みごはん】帆立効…

  3. 2020.05.29

    腸内環境を改善して免疫力アップダイエットのポイント3つ【…

  4. 2020.05.17

    トウモロコシの皮・ヒゲは捨てない!利水作用「とうもろこし…

  5. 2020.05.17

    デトックス・免疫力UP・腸内環境を整えるメニューづくり3…

  6. 2020.05.13

    たんぱく質食材をマリネにする効果「豆と魚介マリネ料理」薬…

  7. 2020.05.12

    夏の養生法|注意すべき生活と食養生~食べたい食材と夏の薬…

  8. 2020.05.11

    ぬかづけの19倍の乳酸菌「水キムチ」効果!とぎ汁不要の安…

  9. 2020.05.10

    酵素が豊富なラディッシュ(二十日大根)効果!顆粒だしを使…

  10. 2020.05.07

    香辛料の山椒(サンショウ)と花椒(ホアジャオ)の違い・効…