とうもろこしの皮とヒゲは捨てないで!薬膳とうもろこし茶を作ってロハスな生活

夏!とうもろこしをいっぱい頂いちゃった♪なんて、羨ましい方もいるのではないでしょうか?
我家では「とうもろこし茶」は夏のお茶として飲みます。
今年はお嫁さんのリクエストで5月から楽しんで飲んでいますが、市販されている「とうもろこし茶」は炒ったトウモロコシの種実をそのままお茶にしたものです。
とうもろこし茶は麦茶のように香ばしい香りで、孫達も大好きです。

とうもろこしの効果・効能「利水作用」の効果

旬の7月から8月、夏になると青果コーナーで生のとうもろこしが並びます。
米や小麦と並んで「世界三大穀物」と言われている“とうもろこし”の美味しいとうもろこしを選ぶコツは、ひげがふさふさしているものが、実がぎっしり詰まっているので、皮とひげの新鮮な感じのモノを選びましょう。
缶詰にコーンスターチ・ベーキングパウダーや食用油・お菓子のポップコーンとさまざまな姿に変わって季節問わず食べているものもありますね。
とうもろこしは調理方法を工夫して、疲労回復・食欲不振の夏バテ回復できるパワーがいっぱい!
血をおぎなう「鉄分」が含まれているので、貧血予防・精神の安定などにもオススメの食材です。
胃腸の働きが悪くなて、食欲不振・軟便になった時、薬膳ではとろとろのスープにするような調理方法にします。
とうもろこしは子育て中のお母様にとって、消化不良の食材となっているのではないでしょうか。
種粒の外側の薄皮は消化が良くはありませんが、その薄皮によって便通をよくしてくれます。
1本以上食べるような食べ方はおすすめできませんが、コーンはサラダにも使いやすい食材なので、便秘気味の時にはサラダにも使うようにしましょう。
そして消化吸収がよいので、少し食べただけですぐにエネルギー補給になり夏バテで食欲がないときでも、疲労回復に繋がります。
とうもろこしは、湿度が高く余分な水分が体内に滞りやすい日本の夏には、体内の余分な水分を排泄する利尿作用に優れているため、ぴったりなんです。
夏は水分補給の注意をよくしますが、湿気の多い日本の夏は逆に水分の摂りすぎて、身体に湿気がたまってしまい体調を崩すこともあります。

とうもろこしの利水効果で水分調整

水分補給に気をつけるのか?水分の摂りすぎに気をつけるのか?
人によって様々な症状が現れてしまいますが、湿気の水分摂りすぎのほかに、暑くて水分補給は必要なのだけど、汗をかくのが鈍感になってしまっているために身体に湿気がたまる場合があります。
食欲不振・軟便・体が重く感じる・むくみ・お腹が張る感じなど症状が出たときに、とうもろこしは水の配分に異常が生じた水毒の症状を調整する効果があるのです。
そのことを「利水作用」と言って水の流通を良くすることです。
口から飲んだ水分を尿で排泄するということだけではなく、体内に吸収され巡り、身体の隅々に運ばれてから老廃物を排泄するということです。
とうもろこしにはその「利水効果」があるので、水分が問題の症状にはとても有効です。

とうもろこしの皮とヒゲの薬膳的な効果効能!捨てないで!

とうもろこしのヒゲの部分を日干しにしたものを、漢方名では「南蛮毛-なんばんもう」西洋ハーブとしては「コーンシルク」と呼ばれています。
むくみ防止として、体の余分な水分をきれいに洗い出してくれて利尿効果が高い漢方薬としています。

とうもろこしの皮の効果効能

とうもろこしの皮には種実以上に利尿作用があります。
皮を乾燥させてお茶にすると香ばしい香りのお茶になりますし、皮を細く裂いて紐のようにして雑貨などにリボンなどで使用するととてもかわいくできます。

【代表的な効果】

  • 利尿作用(体を浄化してむくみをとる)
  • 泌尿器の効能 (結石・膀胱炎、前立腺炎、尿道炎に効果的)
  • 月経前症候群(PMS・PMT)-月経前の精神不安定に良い
  • 血糖値を安定(血糖値の急上昇を抑える)

※月経前症候群(PMS・PMT)効果がある食品は、妊婦や母乳を赤ちゃんにあげている方は避けてください。

とうもろこしのヒゲの効果効能!

捨ててしまう“ひげ”には利尿作用成分の カリウムや、鉄・食物繊維・ビタミンKなど、抗炎症作用や抗酸化作用、整腸作用もあります。
薬膳では、「南蛮毛」として、利尿・利胆・腎臓疾患・水腫性脚気などの浮腫性疾病によく利用します。
【代表的な効果】

  • 便秘改善(食物繊維には便秘を改善する効果)
  • ダイエット(食物繊維は消化がされづらい成分)
  • 血糖値の急上昇を抑える(脂肪を増やしづらくする効果)
  • 血圧の安定(血圧を上げずに安定)
  • 美肌効果(便や老廃物が排出されて悪玉菌も減る)
  • むくみ解消(カリウムが含まれているので、とても利尿作用が強い)
  • 腎臓結石を防ぐ(できてしまった結石の効果はありませんが、結石を防ぐことはできます)
SPONSORED LINK



養生食のとうもろこしの皮とひげの食べ方は?レシピ


ひげは漢方で処方されたり、薬膳として料理に使う貴重な食物なので、一度に食べられない場合、乾燥しておくと便利です。

養生茶や養生食になるとうもろこしの皮とひげ

とうもろこしのひげは先の黒っぽいところは切り落として、生のまま野菜のように使えます。
炒めたり、揚げたりでき、ほんのりと香ばしい香りがします。

「夏バテ薬膳とうもろこし髭皮茶」の作り方

ヒゲや皮…私は薬膳師になる前は大量に出るゴミとして捨てていました。
生タイプと乾燥タイプとどちらでもいいのですが、生のヒゲと皮のお茶は私は生臭く感じてしまいます。
生でいただくときは種実の「とうもろこし茶」に混ぜるようにいただいています。
ルイボスティーに入れるのも美味しいです。

とうもろこし生ひげ茶の淹れ方

生のひげを飲んでみましょう。
味が薄く感じる方は、他のお茶にプラスするとおいしくいただけます。

  • ひげ茶を適度にカットしてそのまま熱湯に入れてつくるだけです。
  • 湯呑み1杯分のひげの量は小さじ1~2杯です。
  • お湯を注いでから10分ぐらい蒸らして飲めます。
乾燥とうもろこし髭皮茶の作り方

  • トウモロコシの表面の皮2枚ぐらいは衛生的なことも考えて捨ててしまいます。
  • 髭の茶色い部分は、私は切って捨てます。
  • 皮を向いて種実の周りの毛を丁寧に取り、皮はスジにそって裂くように細くして日干しします。
  • ほとんど乾いたら、私はフライパンで乾煎りします。
  • 麦茶が香ばしいのは、この乾煎りをするので、ちょっと茶色くなるくらいが美味しいです。
  • そのまま急須でお茶にしても美味しいです。

むくみ予防やダイエットに、麦茶・ドクダミ茶・タンポポ茶・ハト麦茶などに加えると美味しくいただけます。
私は種実のとうもろこし茶と混ぜていただいています。

とうもろこしには、実の付け根には白い部分が残ってしまいますが、不飽和脂肪酸のリノール酸やビタミンB群・鉄分・食物繊維・亜鉛が豊富に含まれています。
そして、とうもろこしを茹でたり焼いたりして食べると硬い芯が残ります。
これは実と同じように栄養素があるので、ごはんといっしょに炊き込んだり、煮出してスープにして、とうもろこしの水溶性ビタミンとグルタミン酸などが摂取できるので、捨てるところなく食べたり利用したりできます。
夏にはヒゲや皮のついているとうもろこしを購入して、ヒゲや皮を捨てるなんてもったいないので、漢方茶を自宅で作りませんか?
夏野菜には夏の体にあった効能があるので、おすすめです♪

SPONSORED LINK








 

The following two tabs change content below.
【「和漢膳料理研究家」女子栄養大学にて食生活指導士・漢方養生士・中医薬膳士・防災士・ペット食育士】 生涯学習コーディネーターとして、学校支援地域本部事業や成人の学習支援に参加し、生涯学習の振興発展に寄与することを目的とする自治体に登録し、公共地域の活動に参加しています。講演内容は、子どもの食育・成人の療養食・防災食・動物の「食」について、企業相談や地方講演を行っています。

関連記事

  1. 「高麗人参」効果効能と保存の方法!薬膳鍋「参鶏湯」からお菓子…

  2. みかんの栄養は皮まで食べて100%!皮の陳皮(ちんぴ)は優れ…

  3. 【クコの実・ゴジベリー】薬膳では不老長寿の薬!1日約2~5円…

TOMOIKU総合サイト

「TOMOIKU総合サイト」は、自分らしい生き方や働き方、居心地のいいものに触れ、人生をプラスに変えて暮らしをデザインする生活情報サイトです。

子ども目線ではありませんが、同じ内容を社会の問題点として注目し、子どもの未来に関わるあらゆる情報をお届けしています。

http://tomoiku.com/

 

“漢方養生士・中医薬膳師・女子栄養大学食生活指導士”として「薬膳・ローフード・スローフードの健康的な食事」
“LOHASライフスタイリスト”として「ロハスな生活」
“愛玩動物飼養管理士&ペット食育士”
として「犬・猫・うさぎの食事」
“保育士”
として「子供の悩み相談」
“AFP(アフィリエイテッド・ファイナンシャル・プランナー)”として、企業コンプライアンス・ライフプラン・金融、保険など6つの専門分野など、企業相談や地方講演と地域の活動を行っています。

ご質問の返答は管理人“TOMOIKU京子”個人の考えが含まれます。TOMOIKU記事にまとめてお答えしています。お問い合わせから気軽に質問してください♪

tomoiku21century-01

一般社団法人 日本共育ライフ協会内
(合)共育生活研究所

tomoiku21
サイトマップで情報を探せます!

  1. 2019.09.08

    秋の養生法|注意すべき生活と食養生~食べたい食材と秋の薬…

  2. 2019.08.25

    薬膳のチェックシートで健康確認!漢方の養生法“食養生”を…

  3. 2019.08.24

    薬膳食養生“五臓六腑とは”食事を健康に生かす漢方養生法と…

  4. 2019.08.23

    薬膳食養生“五味と五性”は食材のもつ働きを健康に生かす漢…

  5. 2019.08.18

    不快な症状や変調を改善“陰陽五行”【漢方養生法と薬膳食養…

  6. 2019.08.18

    不調の原因-気・血・水の3要素バランス【漢方養生法と薬膳…

  7. 2019.08.17

    体質診断「気虚(ききょ)タイプ」エネルギー不足で免疫力低…

  8. 2019.08.16

    体質診断「血虚(けっきょ)」顔色が悪くめまいを起こし栄養…

  9. 2019.08.15

    体質診断「気滞(きたい)」気の流れが停滞し自律神経バラン…

  10. 2019.08.14

    体質診断「陰虚(いんきょ)タイプ」便秘気味で潤い不足・乾…

  1. 2018.10.10

    【温活】現代文化の便利な生活が体を冷やす原因|“3つの冷…

  2. 2018.10.08

    【温活】冷えとり食べ物5つのルールと常備食5つ|体を温め…

  3. 2018.10.04

    頭・ひざ腰・肩が痛い!ダルイ!代表的な10の“未病”状態…

  4. 2018.10.03

    体の不調は「冷え」が原因|チェックシートでタイプ別の冷え…

  5. 2018.09.04

    菌活で整える!乳酸菌の効果“腸年齢チェックテスト”腸内細…

  6. 2017.02.26

    【菌活】甘酒-飲む点滴・飲む美容液の効果はスゴイ!海外で…

  7. 2017.02.25

    【菌活】え!?あれも?私達の食生活は発酵食品で成り立って…

  8. 2017.02.05

    【乳酸菌-ヨーグルト】それぞれ違う効能がある!目的別乳酸…

  9. 2016.12.29

    腸活-老けない体は「腸」で決まる!腸内フローラを整えよう…

  10. 2016.12.28

    「ハーブ」手軽に取り入れて健康でオシャレな暮らしを楽しむ…

  1. 2019.09.08

    秋の養生法|注意すべき生活と食養生~食べたい食材と秋の薬…

  2. 2019.08.25

    薬膳のチェックシートで健康確認!漢方の養生法“食養生”を…

  3. 2019.08.23

    薬膳食養生“五味と五性”は食材のもつ働きを健康に生かす漢…

  4. 2019.08.18

    不快な症状や変調を改善“陰陽五行”【漢方養生法と薬膳食養…

  5. 2019.08.18

    不調の原因-気・血・水の3要素バランス【漢方養生法と薬膳…

  6. 2019.08.17

    体質診断「気虚(ききょ)タイプ」エネルギー不足で免疫力低…

  7. 2019.08.16

    体質診断「血虚(けっきょ)」顔色が悪くめまいを起こし栄養…

  8. 2019.08.15

    体質診断「気滞(きたい)」気の流れが停滞し自律神経バラン…

  9. 2019.08.14

    体質診断「陰虚(いんきょ)タイプ」便秘気味で潤い不足・乾…

  10. 2019.08.13

    体質診断「瘀血(おけつ)」血の巡りが悪い状態で新陳代謝が…

ベルメゾンネット