「薬膳」日常食材で簡単!意識して健康維持をしていこう!

人は外界であらゆる気を使って生きています。

元気が失われないように、元気をおぎなう食事をいただき、呼吸を深くして、質のよい睡眠をとる…これは健康を維持していく基本でもあります。

大切な人のために…自分の健康管理のために、旬の食べ物・食べ合わせなど、わざわざ薬膳のために食材を購入しなくても、食べ方や料理方法で「薬膳」になります。

体の不調はいつ感じるのか?…薬膳の目的は?

薬膳の目的は、病気を予防することと、不調が現れた時にどう食べて改善していくかの2つです。

日常の出来事によって体調不良になる場合もありますが、東洋医学では「自然界が体にも影響する」と考えられています。

旬の食べ物を積極的に取り入れることで、十分な効能が期待されます。

四季の気候と起こりがちな不調は?

0002

春は吹く風によって不調が起こりやすく、風邪・花粉症・イライラ・めまい・気が撹乱しやすい。

夏

夏は暑さによって、血流に問題・気力が消耗しやすく、多汗・貧血・炎症・不眠・イライラなどの症状がある。

秋

秋は空気の乾燥によって、肺や皮膚に不調が出やすく、咳・鼻炎・湿疹・皮膚のかゆみ・アレルギーなどに注意。

冬

冬は寒さによって排尿・血流に不調がでやすく、冷え性・頻尿・耳鳴り・腰痛・膀胱炎などの症状がでやすい。

このように四季特有の不調を予め予防して、心地よく生活ができるようにする食事が「薬膳」です。

食べ方を見直そう!-基本の食べ方

お腹を元気にする食べ方は、薬膳に限ったことではありません。

基本的な食べ方を心がけましょう!

  1. よく噛む
    一口30回が健康的な食べ方ですが、早食いの方は難しいことですが、1ヶ月を目標に徐々に噛むことに気をつけていきましょう。
  2. 腹八分目を心がける
    満腹は風船のように胃が膨らんでしまう状態なので、粘膜が薄くなって消化が落ちてしまうので、意識しながら食べるようにしましょう。
  3. 冷飲冷食を避ける
    冷たいものが胃の中の入ることで、消化と体温を上げようとするエネルギーが必要になり、疲労感に悩まされることになります。
  4. 甘いものを食べすぎない
    疲れた時に甘いものを欲するのは体が疲れているからですが、ダラダラ食べるのは肝臓の負担・排尿の妨げ・むくみの原因になります。
  5. 揚げ物は控えめにする
    高カロリーの食べ物は消化するのに時間がかかり、胃腸が弱っている人は消化不良になって、エネルギーが蓄積されるのことで、肥満・血行不良の原因となります。

病気を予防するためにも、食べ方は基本中の基本として注意するようにしましょう。

そして、薬膳は体に優しい食事を摂ることが基本ですし、日常で食べている野菜類なども十分な薬膳の食材です。

煮たり蒸したりするのが、体にやさしい調理方法です。

身近な食材で、薬膳を意識した料理を紹介して参ります。

SPONSORED LINK






日本人のDNAによる体質をいかした食事を心がけて…♪

tomoiku21
サイトマップで情報を探せます!


TOPはこちらからどうぞ♪

TOMOIKU総合サイト

tomoiku

「TOMOIKU総合サイト」は、自分らしい生き方や働き方、居心地のいいものに触れ、人生をプラスに変えて暮らしをデザインする生活情報サイトです。

子ども目線ではありませんが、同じ内容を社会の問題点として注目し、子どもの未来に関わるあらゆる情報をお届けしています。

http://tomoiku.com/



“漢方養生士・中医薬膳師”として「薬膳・ローフード・スローフードの健康的な食事」
“LOHASライフスタイリスト”として「ロハスな生活」
“愛玩動物飼養管理士&ペット食育士”
として「犬・猫・うさぎの食事」
“保育士”
として「子供の悩み相談」
“AFP(アフィリエイテッド・ファイナンシャル・プランナー)”として、企業コンプライアンス・ライフプラン・金融、保険など6つの専門分野など、講座を各地で行っています。


ご質問の返答は管理人“TOMOIKU京子”個人の考えが含まれます。TOMOIKU記事にまとめてお答えしています。お問い合わせから気軽に質問してください♪

tomoiku21century-01