秋の養生法|注意すべき生活と食養生~食べたい食材と秋の薬膳とは

「養生」というと、とても古めかしくて決まりごとが多く、めんどうなイメージがあります。

しかし難しいこともなく、早寝早起き・寒い時は体を温め、暑い時は体を冷まし、イライラしたらリラックスができるようにする…という、あなたが自然に行っていることもあると思います。

「養生」は病気を治すというよりも、健康的な体を作ろうと考え、本来もっている生命力を最大限に引き出すように過ごす手段です。

日本には四季があり、それぞれの季節の気候は大きく変化していきますが、私たちはそれに適応しながら健康を維持しています。

季節の合わせて病気にならないようにするには、それぞれの季節に合った「養生」が必要です。

バランスのとれた食事・適度な運動と休養・心のケアと、無理をしないで自然と調和して暮らせるように、四季別により気を付けると良い特徴を綴っています。

秋の養生ポイント:心身を充実させ冬に備え、乾燥に注意

夏に茂った植物が実を結ぶ秋。

高ぶっていた夏のエネルギーが落ち着いてきて、さまざまなものが成熟する実りの秋は、心も体も自然と共に落ち着いてきます。

気候も穏やかで、何をするにも適切な季節。

溢れるような“陽の気”は少なくなり、“陰の気”が溢れているので、それに合わせて、心静かに過ごす冬に備える「秋の養生」についてです。

夏の疲れが残っていませんか?

秋の養生は、夏の疲れを癒すこと。

ゆったりと過ごし体調を整えておかないと、免疫力が低下する冬になって不調を起こしやすくなります。

秋になるとムシムシとした湿気を含んだ空気が変わって、「乾燥」が始まります。

乾燥の影響を受けやすいのが、五臓の「肺」です。

「肺」は呼吸運動を司り、体の表面に潤いや艶を与える働きをしています。

しかし、乾燥によって、この働きが弱ってしまうと、皮膚の潤いがなくなり肌トラブル、鼻が乾き、ノドが痛くなって咳が出たりと、呼吸器官にトラブルが起こり、風邪をひきやすくなります。

秋の空気は乾燥といっしょに冷気も運んできます。

日中は暖かくても朝晩は冷え込んでくるので、夏のように窓を開けたまま寝てしまうと、体が冷えてしまいます。

夏に汗をたくさんかいた体は水分不足。

体のバリア機能が弱まっています。

その体に秋の“冷気”が入り込むと肺の働きが弱ってしまい、関節や胃腸トラブル・ぜんそくなど、慢性の病気も悪化しやすいのでまず、乾燥予防をしましょう。

温度差に注意して、室内の乾燥予防

秋はおしゃれも楽しい季節ですが、外出時は夏のような薄着で無理なおしゃれや、急にたくさん着込むようなことは避け、徐々に厚着にして、寒さに慣れていくようにします。

秋から冬に向かう10月後半は、気候の変化が激しく急に冷え込みます。

薄手の上着やストール・マフラーなどを用意して冷え予防をしましょう。

室内での注意は、部屋の空気を乾燥させないことです。

室内湿度の目安は40~60%を保つことです。

加湿器は大きなものからペットボトルを利用した小さなモノまでありますが、手入れを怠るとカビなどを舞い散らしてしまうので気をつけてください。

姉妹サイト紹介
風邪や花粉予防の空気清浄機と加湿器の選び方!危険なオゾン・イオン・細菌・カビを撒く?「加湿器病」が潜む!

部屋の空気を乾燥させない簡単な方法は、洗濯済みの濡れたタオルなどを部屋につっておくのが、見栄えはよくないですが衛生的です。

日中と朝晩の温度差に注意して、衣類や寝具を整えましょう。

運動は適度に行い夏の疲れをとる

気持ちの良い気候から「スポーツの秋」とも言われますが、激しい運動は秋には向きません。

冬を迎える準備をする体なので、秋の間に夏の疲れをとっておくことが必要なのです。

秋は夏に消費したエネルギーの回復のために“養う”ことを意識してください。

胃腸を労わるためにも、バランスよく食事をとって栄養を補充し、夏に弱った消化吸収の回復に努めます。

秋になると食事がおいしく感じられるようになるので、よく噛んで食べすぎないように心がけ、養生していきましょう。

冬の備えのための食事を意識

秋の乾燥の影響を受けやすいのが、五臓の「肺」。

その「肺」を助ける辛味には、乾燥しがちな体の水分まで飛ばしてしまい「肝」を傷めて気持ちも不安定になることがあります。

秋は刺激物である唐辛子などは控えるようにして、体を潤すモノを補うようにします。

それには、酸っぱいモノと甘いモノを組み合わせるようにします。

旬のモノを取り入れながら、「レモンと蜂蜜」・「梅干しとご飯」…という「酸味+甘味」の組み合わせがおすすめです。

保湿のために、くるみやアーモンドのナッツ類・ゴマ・ごま油などの油類を取り入れたりしましょう。

>>具体的なおすすめ秋の食材の話

秋の養生法|おいしい旬の食材と薬膳のポイント3つ

↓当ブログ:新型コロナウイルスのページ


↓今月の健康プログラム 目次ページ↓




ベルメゾンネット


東洋人である日本人のDNAによる体質をいかした食事を心がけて…♪

The following two tabs change content below.
【「和漢膳料理研究家」女子栄養大学にて食生活指導士・漢方養生士・中医薬膳士・防災士・ペット食育士】 生涯学習コーディネーターとして、学校支援地域本部事業や成人の学習支援に参加し、生涯学習の振興発展に寄与することを目的とする自治体に登録し、公共地域の活動に参加しています。講演内容は、子どもの食育・成人の療養食・防災食・動物の「食」について、企業相談や地方講演を行っています。

関連記事

  1. 秋の養生法|食べておきたい旬のおいしい食材と薬膳ポイント3つ…

TOMOIKU総合サイト

「TOMOIKU総合サイト」は、自分らしい生き方や働き方、居心地のいいものに触れ、人生をプラスに変えて暮らしをデザインする生活情報サイトです。

子ども目線ではありませんが、同じ内容を社会の問題点として注目し、子どもの未来に関わるあらゆる情報をお届けしています。

http://tomoiku.com/

 

“漢方養生士・中医薬膳師・女子栄養大学食生活指導士”として「薬膳・ローフード・スローフードの健康的な食事」
“LOHASライフスタイリスト”として「ロハスな生活」
“愛玩動物飼養管理士&ペット食育士”
として「犬・猫・うさぎの食事」
“保育士”
として「子供の悩み相談」
“AFP(アフィリエイテッド・ファイナンシャル・プランナー)”として、企業コンプライアンス・ライフプラン・金融、保険など6つの専門分野など、企業相談や地方講演と地域の活動を行っています。

ご質問の返答は管理人“TOMOIKU京子”個人の考えが含まれます。TOMOIKU記事にまとめてお答えしています。お問い合わせから気軽に質問してください♪

tomoiku21century-01

一般社団法人 日本共育ライフ協会内
(合)共育生活研究所

tomoiku21
サイトマップで情報を探せます!

  1. 2020.07.19

    納豆の栄養はスゴイ!夜食べるとパワーUP!+αで食材で効…

  2. 2020.07.18

    ホールフードWholeFoodの一物全体食は丁寧な暮らし…

  3. 2020.07.17

    雑穀は昔からの健康法!1食で30品目の栄養を手に入れる方…

  4. 2020.07.16

    「厚揚げ」大豆加工品でおすすめ!厚揚げ・木綿豆腐・絹豆腐…

  5. 2020.07.15

    小豆(あずき)効果は?薬膳「解毒のお薬」10日に1食は小…

  6. 2020.07.14

    大豆・黒豆・枝豆の違い「畑の肉」の栄養効能を適度に取り入…

  7. 2020.07.13

    枝豆のスゴイ効果「栄養成分を凝縮させる下ごしらえ」ダイエ…

  8. 2020.07.12

    アーモンド・ナッツ類のメリットとコツ!1日食べる量は何粒…

  9. 2020.07.11

    蕎麦(そば)ヘルシー!体に良い栄養のメリットとデメリット…

  10. 2020.07.10

    発芽玄米は栄養満点!簡単な自家製レシピ!加工商品は保存・…

  1. 2020.07.19

    納豆の栄養はスゴイ!夜食べるとパワーUP!+αで食材で効…

  2. 2020.07.18

    ホールフードWholeFoodの一物全体食は丁寧な暮らし…

  3. 2020.07.17

    雑穀は昔からの健康法!1食で30品目の栄養を手に入れる方…

  4. 2020.07.16

    「厚揚げ」大豆加工品でおすすめ!厚揚げ・木綿豆腐・絹豆腐…

  5. 2020.07.15

    小豆(あずき)効果は?薬膳「解毒のお薬」10日に1食は小…

  6. 2020.07.14

    大豆・黒豆・枝豆の違い「畑の肉」の栄養効能を適度に取り入…

  7. 2020.07.13

    枝豆のスゴイ効果「栄養成分を凝縮させる下ごしらえ」ダイエ…

  8. 2020.07.12

    アーモンド・ナッツ類のメリットとコツ!1日食べる量は何粒…

  9. 2020.07.11

    蕎麦(そば)ヘルシー!体に良い栄養のメリットとデメリット…

  10. 2020.07.10

    発芽玄米は栄養満点!簡単な自家製レシピ!加工商品は保存・…

  1. 2020.06.06

    【梅の効果】食中毒やピロリ菌の予防!2週間後に飲む梅酒と…

  2. 2020.06.05

    生活習慣病予防薬膳レシピ【ホタテの炊き込みごはん】帆立効…

  3. 2020.05.29

    腸内環境を改善して免疫力アップダイエットのポイント3つ【…

  4. 2020.05.17

    トウモロコシの皮・ヒゲは捨てない!利水作用「とうもろこし…

  5. 2020.05.17

    デトックス・免疫力UP・腸内環境を整えるメニューづくり3…

  6. 2020.05.13

    たんぱく質食材をマリネにする効果「豆と魚介マリネ料理」薬…

  7. 2020.05.12

    夏の養生法|注意すべき生活と食養生~食べたい食材と夏の薬…

  8. 2020.05.11

    ぬかづけの19倍の乳酸菌「水キムチ」効果!とぎ汁不要の安…

  9. 2020.05.10

    酵素が豊富なラディッシュ(二十日大根)効果!顆粒だしを使…

  10. 2020.05.07

    香辛料の山椒(サンショウ)と花椒(ホアジャオ)の違い・効…

ベルメゾンネット