不調の原因-気・血・水の3要素バランス【漢方養生法と薬膳食養生】

身近になる食材には、栄養素があるというだけではなく、味や性質に基づいて病気を予防したり治す効能があります。

その効能を上手に利用することで、体のバランスを調整して、健康な体を維持することができます。

体質チェックシートで自分の体質を知る上で、「」「けつ」「すい」の「3要素バランス」を理解しておきましょう。

体調不良は漢方養生法“3要素バランス”で整える!

体は食べ物でできていることから、その食べ物が害にも薬にもなるのです。

健康な体を支えるのが、「」「けつ」「すい」の3要素です。

そのバランスがとれることで、巡りがよい体になります。

自分の体質・体調を把握して、それに似合った食材を選ぶことが大切です。

生きる力“気”3要素バランス漢方養生法と薬膳食養生

元気・やる気・勇気など、「〇気」という言葉は多くありますね。

「気」は生きる力のもとになる“エネルギー”のことです。

「気」は体を巡って身体を守って、夜は体内の不都合の部分を修復しています。

風邪をひきやすいとか、胃腸が弱い、何となく体力がないなど、「気」の不足から体調不良になっていきます。

【気のトラブル】

  • 気虚ききょ…気が足りなくなること
    疲労感・倦怠感や無気力になるのは、エネルギー不足が原因で、胃腸障害や風邪をひきやすい体調不良を起こします。
  • 気滞きたい…気の巡りが悪くなること
    自律神経の乱れは、精神的なストレスや不規則な生活が原因で、不安感やイライラしたり、不眠症トラブルがみられます。

 

「気」は生きる力のもとになるものです。

太陽の光を浴びて深呼吸をして、軽度な運動でもいいので有酸素運動をするように意識しましょう。

そして、薬膳食養生として、エネルギーのもとになる肉や魚や雑穀・豆などの芽吹くような食材を取り入れるようにします。

薬膳食養生は「体質チェックシート」で体質を把握してから、体質に合った食材をとるようにしましょう。

生命活動“血”3要素バランス漢方養生法と薬膳食養生

「血」は血液で、全身に酸素や栄養を巡らせています。

血が足りていないと記憶力と思考力が低下し精神不安になりやすいため、血は思考の要とされています。

貧血状態の女性がダイエットをすることで血が不足し、思考能力が低下するともいわれるようになりました。

「血」は生命活動を活性化させるために、重要な働きをしています。

【血のトラブル】

  • 血虚けっきょ…血が足りなくなること
    めまいや貧血などのふらつきは、血が不足しているのが原因で、物忘れがひどくなり肌の乾燥や目のかすみなどを起こします。
  • 瘀血おけつ…血の巡りが悪く、血がドロドロになること
    吹き出物や目の下のクマなどは、血液の循環が悪いことが原因で、生理痛や腰痛・肩こりのトラブルが多くみられます。

 

「血」は思考の要です。

血の巡りと思考力は切り離すことができないため、血を補う食材である赤い食べ物(赤身の肉や赤身魚・にんじんなどの赤い野菜など)を効率よく食べるように心がけましょう。

黒い食べ物として、黒豆やレーズン・黒きくらげなどもおすすめです。

薬膳食養生は「体質チェックシート」で体質を把握してから、体質に合った食材をとるようにしましょう。

潤いを与える“水”3要素バランス漢方養生法と薬膳食養生

 

人の体はリンパ液や唾液・尿・汗・涙など、多くの液体があり、血液以外の水分を欲します。

そして内蔵や筋肉の動きを滑らかにする「水」が必要です。

その「水」が不足することで潤いを失い、体はギスギスになっていきます。

「水」は「津液」とも言います。

【水のトラブル】

  • 津虚しんきょ…水が足りなくなること
    口や目が渇くのは、水が不足しているのが原因で、便秘や粘膜が乾くことで免疫力低下し感染症にかかりやすくなります。
  • 水滞すいたい…水の巡りが悪くなること
    体がむくみやすくなるのは、体内に水がたまることが原因で、めまいや耳鳴り、湿疹や関節痛などのトラブルがあります。

 

体内の水の代謝をよくするためには、ゆっくりと湯舟につかったり半身浴を生活に取り入れ、適度な汗をかく有酸素運動を行って、代謝をよくすることが大切です。

薬膳食養生でコツコツ改善

健康診断では特に問題があるような病気が見つからなくても、漢方では「未病状態」という病気の手前の状態の症状を見逃しません。

現代は、疲労や食生活の乱れ・ストレスと、何らかの不調をもっている人が多く、何となく体調が優れないと感じている方は、本格的な病気になる前に、自分で体を整えるようにしましょう。

毎日食べる食事を、自分の体にあった効能を取り入れるように気を付けるだけ、少しづつ体は改善されていきます。

体のバランスを調整して、不調が出始めたら早めに対処して改善していく習慣が大切です。

薬膳の食養生は、コツコツ継続することで効果があるので、決して無理をしないようにしましょう。

あなたの体質をチェックシートで確認して、改善策を見つけましょう。

 

SPONSORED LINK




ベルメゾンネット



DNAによる体質をいかした食事を心がけて…♪

 

The following two tabs change content below.
【「和漢膳料理研究家」女子栄養大学にて食生活指導士・漢方養生士・中医薬膳士・防災士・ペット食育士】 生涯学習コーディネーターとして、学校支援地域本部事業や成人の学習支援に参加し、生涯学習の振興発展に寄与することを目的とする自治体に登録し、公共地域の活動に参加しています。講演内容は、子どもの食育・成人の療養食・防災食・動物の「食」について、企業相談や地方講演を行っています。

関連記事

  1. 体質診断「瘀血(おけつ)」血の巡りが悪い状態で新陳代謝が低下…

  2. 体質診断「気滞(きたい)」気の流れが停滞し自律神経バランスが…

  3. 薬膳のチェックシートで健康確認!漢方の養生法“食養生”を学ぼ…

  4. 体質診断「陰虚(いんきょ)タイプ」便秘気味で潤い不足・乾燥肌…

  5. 不快な症状や変調を改善“陰陽五行”【漢方養生法と薬膳食養生】…

  6. 体質診断「気虚(ききょ)タイプ」エネルギー不足で免疫力低下の…

TOMOIKU総合サイト

「TOMOIKU総合サイト」は、自分らしい生き方や働き方、居心地のいいものに触れ、人生をプラスに変えて暮らしをデザインする生活情報サイトです。

子ども目線ではありませんが、同じ内容を社会の問題点として注目し、子どもの未来に関わるあらゆる情報をお届けしています。

http://tomoiku.com/

 

“漢方養生士・中医薬膳師・女子栄養大学食生活指導士”として「薬膳・ローフード・スローフードの健康的な食事」
“LOHASライフスタイリスト”として「ロハスな生活」
“愛玩動物飼養管理士&ペット食育士”
として「犬・猫・うさぎの食事」
“保育士”
として「子供の悩み相談」
“AFP(アフィリエイテッド・ファイナンシャル・プランナー)”として、企業コンプライアンス・ライフプラン・金融、保険など6つの専門分野など、企業相談や地方講演と地域の活動を行っています。

ご質問の返答は管理人“TOMOIKU京子”個人の考えが含まれます。TOMOIKU記事にまとめてお答えしています。お問い合わせから気軽に質問してください♪

tomoiku21century-01

一般社団法人 日本共育ライフ協会内
(合)共育生活研究所

tomoiku21
サイトマップで情報を探せます!

  1. 2020.07.01

    【7月・文月】梅雨と初夏を乗り切る食材「夏バテ対策」を考…

  2. 2020.06.29

    7月文月「暮らしの歳時記365日」四季の流れで心と体を整…

  3. 2020.06.28

    細胞の力を強くする黒い食品パワーとは?色と食材の七色健康…

  4. 2020.06.27

    細胞の力を強くする紫の食品パワーとは?色と食材の七色健康…

  5. 2020.06.26

    細胞の力を強くする白の食品パワーとは?色と食材の七色健康…

  6. 2020.06.26

    細胞の力を強くする茶の食品パワーとは?色と食材の七色健康…

  7. 2020.06.25

    細胞の力を強くする緑の食品パワーとは?色と食材の七色健康…

  8. 2020.06.25

    細胞の力を強くする黄の食品パワーとは?色と食材の七色健康…

  9. 2020.06.25

    細胞の力を強くする赤の食品パワーとは?色と食材の七色健康…

  10. 2020.06.25

    【七色健康食事法】色で簡単にバランスよい細胞の力を高める…

  1. 2020.06.25

    【七色健康食事法】色で簡単にバランスよい細胞の力を高める…

  2. 2020.06.24

    中年太りを健康でスリムに改善!体質転換期のための食品30…

  3. 2020.06.21

    体がミトコンドリア系になるための食事改善法!食品30品目…

  4. 2020.06.19

    「菌活」で健康な腸に育てよう!食材で善玉菌を増やそう!

  5. 2020.06.17

    体も心もキレイになる最短方法「腸活」健康生活の基本

  6. 2020.06.11

    野菜に含まれる「食物繊維」効果と効率的に摂る調理法

  7. 2020.06.11

    野菜に含まれる「ミネラル」効果と効率的に摂る調理法

  8. 2020.06.11

    野菜に含まれる「ビタミン」効果と効率的に摂る調理法

  9. 2020.06.11

    野菜に含まれる代表的栄養素3つを効率的に摂る調理

  10. 2020.06.10

    野菜のファイトケミカル8つの効果(2)生活習慣病予防と改…

  1. 2020.06.06

    【梅の効果】食中毒やピロリ菌の予防!2週間後に飲む梅酒と…

  2. 2020.06.05

    生活習慣病予防薬膳レシピ【ホタテの炊き込みごはん】帆立効…

  3. 2020.05.29

    腸内環境を改善して免疫力アップダイエットのポイント3つ【…

  4. 2020.05.17

    トウモロコシの皮・ヒゲは捨てない!利水作用「とうもろこし…

  5. 2020.05.17

    デトックス・免疫力UP・腸内環境を整えるメニューづくり3…

  6. 2020.05.13

    たんぱく質食材をマリネにする効果「豆と魚介マリネ料理」薬…

  7. 2020.05.12

    夏の養生法|注意すべき生活と食養生~食べたい食材と夏の薬…

  8. 2020.05.11

    ぬかづけの19倍の乳酸菌「水キムチ」効果!とぎ汁不要の安…

  9. 2020.05.10

    酵素が豊富なラディッシュ(二十日大根)効果!顆粒だしを使…

  10. 2020.05.07

    香辛料の山椒(サンショウ)と花椒(ホアジャオ)の違い・効…

ベルメゾンネット