明日の健康を司る!温活*腸活*菌活*薬膳&ハーブ

明日の健康を司る

日本には美しい四季があります。

その美しさは日本独特の「四季」から生み出されている自然の摂理なのですが、その季節の変わり目で体調不良・不調になることが多いのです。

季節の変わり目に体調を崩す原因は「寒暖差」にあり、その季節の変わり目に上手に体調不良と付き合って、改善してくことが健康への近道でもあります。

その改善とはもちろん「病気になりにくい体づくり」です。

温活-健康茶

睡眠や運動などを取り入れる生活習慣が大切であることは勿論のこと、何よりも抵抗力がある従来の人間の体温である36.5℃にして、ガンなどが体に住みにくい環境をつくること。

そして、食べ物は人間が生きていくための最低限必要であり、その栄養を取り入れる「腸」を、いつも健康的な腸にしておく必要があります。

腸に必要な善玉菌を増やすためにも、食事に気をつけましょう。

薬膳やハーブのような薬草や実などを生活に取り入れることは、決して特別なことではなく、先人が見つけ出した知恵です。

自然に生み出された効能を、当たり前のように生活にも取り入れることで、強い体を保つことができます。
TOMOIKUでは「食」の観点から、健康のために上手に食物と関わっていくための「温活」「腸活」「菌活」にこだわっているサイトです。
そして、先人が残した自然の摂理から学ぶ、「食」について、四季折々の食材を薬膳の角度から、当たり前に取り入れられるようにして参りたいと思ってます。

温活

温活で健康になろう!

「体温が1度上昇すると免疫力は3~6倍になる」と免疫学で言われています。

癌(ガン)細胞が増殖するのは35℃台で、癌(ガン)細胞が死滅するのは39℃台とされていて、高熱を出したことがない人や低体温の人は、がん細胞の温床になりやすいということになります。

高熱の作用によって、白血球の働きが非常に活発になり、ウイルスやガン細胞などを殺しているのです。

現代のようにすぐ薬に頼ってしまうことで「自然治癒力」が低下しているという現実があります。「温活」で36.5℃を保てるようにしましょう。

腸活

腸活で健康!

あなたが食べたものを「腸」は正直に受け入れます。その食べる物であなたの腸の働きがよくなり、身体全体のコンディションを上げることができます。

腸内環境は身体の中でも最も大切なことで、腸内環境が整うと健康的な体がつくられ、腸内環境が乱れると病気はもちろん体型や肌などに謙虚にあらわれます。

脳は自分の都合のように情報を書き換えますが、腸はあなたの食べたものが全てで正直です。

身体全体の健康に大きくかかわる部分となるので、「腸活」と意識をしなくても、自然に食事の管理ができるような習慣をつけましょう。

菌活

菌活で健康

食べ物は人間が生きていくために最低限必要であり、その栄養を取り入れる「腸」を、いつも健康的な腸にしておく必要があります。

その腸に必要な善玉菌を増やすためにも、食事に気をつけなければなりませんが、一般的にヨーグルトだけではなく、日本独特の食文化でも「善玉菌」を取り入れる方法があるのです。

菌活をしていくことで、最低限知っておいてほしいと思う基本的情報を紹介させていただき、日常で自然に取り入れられるような習慣をつけていきましょう。

食事に薬膳の生薬やハーブを取り入れることは、難しくありません。

無理をしないで、習慣化できるようにしましょう。

SPONSORED LINK



食べ物の工夫で健康家族

食べ物の工夫には「食べやすさ」が一番大切ですが、体調に合わせて硬さや味の工夫をする方は、多いと思います。

健康のための「工夫」は、目的の効能がある食材をひとつはプラスする…そんな工夫の積み重ねで体調に変化が見えてくるものです。

薬膳

薬膳講座は簡単

薬膳は東洋医学の考え方をもとに、ひとりひとりの体質に合わせて栄養価の高い食材に加えて作る料理ですが、身近な多くの野菜や実・根などを積極的に取り入れていきます。

薬膳に使われる食材は、私たちが日常的に食べているものも多くあり、普段の食事で食材の組み合わせや食べる時のタイミングなどの知識をちょっと知っているだけでも、不調やバランスの崩れが早く整うのでとても魅力的な食事になります。

身近な食材からはじめてみましょう。

ハーブ

ハーブのある暮らし

ハーブは自宅の庭やベランダで簡単に育てることができ、世界の様々なおしゃれな料理に食がすすむ香りや風味で知られています。

古代から世界中で食用や薬用として人間の健康を支え、衣類の染め物など生活に彩りを与えてきました。

最も健康茶として利用される方が多いのは簡単に取り入れられる上、薬理効果も期待できることから、生活のさまざまなシーンでハーブは大切にされてきました。

 

「食」は生きていくために必ず毎日必要なことで、人生は健康であることで彩られます。

食事は楽しんでいただくことで、栄養効果が違うとされていて、ストイックになってイヤイヤ食べることよりも、ちょっとの工夫や知識を取り入れて、日常的にに摂っていくようにしましょう。

SPONSORED LINK






東洋人である日本人のDNAによる体質をいかした食事を心がけて…♪

TOMOIKU総合サイト

tomoiku

「TOMOIKU総合サイト」は、自分らしい生き方や働き方、居心地のいいものに触れ、人生をプラスに変えて暮らしをデザインする生活情報サイトです。
 

http://tomoiku.com/


 
“漢方養生士・中医薬膳師”として「薬膳・ローフード・スローフードの健康的な食事」
“LOHASライフスタイリスト”として「ロハスな生活」
“愛玩動物飼養管理士&ペット食育士”
として「犬・猫・うさぎの食事」
“保育士”
として「子供の悩み相談」
“AFP(アフィリエイテッド・ファイナンシャル・プランナー)”として、企業コンプライアンス・ライフプラン・金融、保険など6つの専門分野など、講座を各地で行っています。

ご質問の返答は管理人“TOMOIKU京子”個人の考えが含まれます。TOMOIKU記事にまとめてお答えしています。お問い合わせから気軽に質問してください♪

tomoiku21century-01
 
お問い合わせ >>

tomoiku21
サイトマップで情報を探せます!


TOPはこちらからどうぞ♪

  1. 菌活で整える!乳酸菌の効果“腸年齢チェックテスト”腸内細…

  2. 【豆のマリネ】海鮮やきのこをプラスして薬膳作り置き

  3. 【豆類】「畑の肉」の栄養効能!解毒のお薬とされる薬効

  4. 【タコ】コレストロールを分解!薬膳では体を温める食材と食…

  5. 【わかめ】ミネラルの効果!血液を浄化させ体をキレイに!わ…

  6. 【イカ】肝機能向上・血圧・コレステロール値を抑え貧血予防…

  7. 【たけのこ・きのこ炒め】薬膳作り置きの2日目はアレンジ!…

  8. 【筍-たけのこ】デトックス効果はピカイチ!薬膳的効果で下…

  9. 【ふきと豚肉のきんぴら】基本の「ふきの炒り煮」の作り置き…

  10. 【蕗-ふき】蕗は茎ではない!薬膳的な効果効能

  1. 【豆類】「畑の肉」の栄養効能!解毒のお薬とされる薬効

  2. 【タコ】コレストロールを分解!薬膳では体を温める食材と食…

  3. 【わかめ】ミネラルの効果!血液を浄化させ体をキレイに!わ…

  4. 【イカ】肝機能向上・血圧・コレステロール値を抑え貧血予防…

  5. 【ふきと豚肉のきんぴら】基本の「ふきの炒り煮」の作り置き…

  6. にんじん作り置き薬膳の定番【キャロットラペ】胃を丈夫にし…

  7. 【きのこの塩麴ごま炒め】作り置きキノコで体のサビを防ぎ免…

  8. 【ウドと豚肉のゴマみそ炒め】冬に溜まった体内湿気を除き疲…

  9. 【ラディッシュときゅうりのお漬物】酵素が豊富な生で食べる…

  10. 【くるみごま味噌】不老長寿でブレインフード(健脳食)!作…

  1. 【豆のマリネ】海鮮やきのこをプラスして薬膳作り置き

  2. 【豆類】「畑の肉」の栄養効能!解毒のお薬とされる薬効

  3. 【わかめ】ミネラルの効果!血液を浄化させ体をキレイに!わ…

  4. 【たけのこ・きのこ炒め】薬膳作り置きの2日目はアレンジ!…

  5. 【筍-たけのこ】デトックス効果はピカイチ!薬膳的効果で下…

  6. 【ふきと豚肉のきんぴら】基本の「ふきの炒り煮」の作り置き…

  7. 【蕗-ふき】蕗は茎ではない!薬膳的な効果効能

  8. にんじん作り置き薬膳の定番【キャロットラペ】胃を丈夫にし…

  9. 春にんじんは生が美味しい!ジュースにすると酵素倍増!カラ…

  10. 【きのこの塩麴ごま炒め】作り置きキノコで体のサビを防ぎ免…