「菌活」で健康な腸に育てよう!食材で善玉菌を増やそう!




善玉菌と悪玉菌は腸内で陣地取りをしている!

私たちの腸内では善玉菌と悪玉菌が一緒に暮らして、機会があればすぐに勢力を大きくしようと勢力争いをしています。

腸内細菌が生息できる場所には限りがあるので、腸内には既に空き場所が存在しないため、善玉菌と悪玉菌は同じ仲間同士で密集して、腸内フローラーという縄張りで隙間なく並んでいます。

こうして善玉菌が増えると悪玉菌は減り、悪玉菌が増えると善玉菌は減っていくという状態ができ上がります。

善玉菌・悪玉菌・日和見菌のバランスが大切

善玉菌と悪玉菌の腸内フローラのバランスが不安定になった時、日和見菌がとたんに勢力を伸ばします。

日和見菌は強い菌が好きで、善玉菌と悪玉菌の優勢なほうと同じような働きをする性質を持っている厄介な菌です。

腸内フローラのバランスが崩れて、悪玉菌が優勢になると悪玉菌として働くので、善玉菌が優勢になるように腸内バランスを整えておくことが大切なことになります。

善玉菌・悪玉菌・日和見菌のバランス

善玉菌はビフィズス菌・乳酸菌・納豆菌・酵母菌・麹菌です。

生命活動に必要な物質を作っていて、消化吸収、脂質代謝、免疫の活性化、感染防御、腸の蠕動運動、ビタミンやホルモンの産生などを担っています。

悪玉菌は腸内で有害物質を作って、腸壁細胞を年月をかけて傷つけていき、それがやがて病気を引き起こし、ガンになったり肝臓を弱らせたりするのです。

生活習慣病や老化現象が早まってしまうのは、肝臓機能の低下によって解毒が間に合わなくなり、有害物質は身体中に回ってしまうことが原因です。

悪玉菌は免疫機能を下げる事態も招くため、悪玉菌が優位に立つと、便秘を引き起こしおならもくさくなるようなことが起こるため、長期間悪玉菌が優勢な腸内だと、身体に悪影響が及ぼされるようになるのです。

悪玉菌も身体に必要である意外性

善玉菌は悪玉菌と戦うことで効果を発揮するために、悪玉菌は不要な菌ではなくバランスが大切なのです。

身体全体を健康に保つために大切なことは、悪玉菌はいても、それ以上に善玉菌が多い状態になり、善玉菌が優位に立つように腸内のバランスを整えるということです。

乳酸菌や食物繊維を多く含んだ食事の摂取・睡眠不足を防ぐ・適度な運動・ストレスのかからないような生活スタイルなど、健康的な毎日を送ることがまずは気をつけることです。

そして、「食」は生きていく基本です。

ビフィズス菌・乳酸菌・納豆菌・酵母菌・麹菌の食材を意識して食べるようにすることで、善玉菌を多く取り入れることができるので、食材に気をつけましょう。
<

↓当ブログ:新型コロナウイルスのページ


↓今月の健康プログラム 目次ページ↓




ベルメゾンネット


東洋人である日本人のDNAによる体質をいかした食事を心がけて…♪

The following two tabs change content below.
【「和漢膳料理研究家」女子栄養大学にて食生活指導士・漢方養生士・中医薬膳士・防災士・ペット食育士】 生涯学習コーディネーターとして、学校支援地域本部事業や成人の学習支援に参加し、生涯学習の振興発展に寄与することを目的とする自治体に登録し、公共地域の活動に参加しています。講演内容は、子どもの食育・成人の療養食・防災食・動物の「食」について、企業相談や地方講演を行っています。

関連記事

  1. 菌活習慣は一過性ブームではなく毎日の食卓に!発酵食品の効果

  2. 菌活乳酸菌効果「腸年齢チェックテスト」腸内細菌は出産時に受け…

  3. オリゴ糖の種類と効果!腸内環境を整え善玉菌を増やす食品で菌活…

  4. 日本人の腸に合う植物性乳酸菌「ラブレ菌」京漬物の菌がヨーグル…

  5. 5つの美腸習慣でペラペラ腸の便秘やメタボを改善!腸活は育菌の…

  6. 美腸ルール10とおすすめ食材10!免疫力UP腸活・菌活ダブル…