二十四節気の夏【立夏-りっか】5/5~5/20頃:夏に向けて体を整える

二十四節気の夏「立夏-りっか」5/5~5/20頃

次第に夏が近づいてきて、新緑がまぶしく爽やかな風が吹いてとても気持ちがいいですし、立夏の初日は5月5日のこどもの日です。

ゴールデンウィークの時期から、暦の上では立秋の前日までが夏になります。

江戸時代から5月5日の端午の節句では、鯉のぼりを上げる風習があり、菖蒲湯に入って柏餅を食べています。

緑も濃くて心地よい陽気でとても過ごしやすい季節で梅雨入り前に、全国各地でお田植え神事が行われます。

田植えの神様は男性で、女性が主役の祭りが多いのが特徴です。

田んぼに水が入りカエルが鳴き始めます。

夏に向けて体を整えるまとめ

この季節はまだ夏になりきれていないので、体も肌にも気をつけなければなりません。

最も紫外線の強い季節なので、肌の弱い人は対策が必要です。

夏に体調を整えるのは、まず日の出とともに起きるのが理想で、成長ホルモンは就寝から2時間後で、夜中の3時前に分泌されるので、遅くても12時には寝るようにすることをおすすめします。

そして、心臓の働きが活発になることで動悸が起きやすく、体の栄養を高めて潤いが必要になり、動悸・不整脈がある場合は検査をしてください。

頭のふらつき・物忘れも多くなり、脳にも栄養が届くような栄養が必要です。

この季節は「赤い食べ物」がおすすめ!

不老長寿の実と呼ばれる「クコの実」は畑のルビーとも言われ、栄養価も高く、誰が食べても元気ができる食材なので、5月こそ食べてほしいです。

そして、暑く感じる日には、「トマト」

体を冷やす食材ですが、涼血作用・清熱作用があり、血をきれいにして夏にぴったりの食材です。

熱を加えた料理にすると寒性が減るので、冷え性や美肌に効果が期待できます。

赤い色素成分リコピンの抗酸化力は、βカロチンの2倍の効果があり、シミ・ダイエット・若返りなどに期待できます。

5月の過ごし方について関連記事として分散されていますので、合わせてお読みいただくとお役に立てると思います。

東洋人である日本人のDNAによる体質をいかした食事を心がけて…♪

↓当ブログ:新型コロナウイルスのページ


↓今月の健康プログラム 目次ページ↓




ベルメゾンネット


東洋人である日本人のDNAによる体質をいかした食事を心がけて…♪

 

 

The following two tabs change content below.
【「和漢膳料理研究家」女子栄養大学にて食生活指導士・漢方養生士・中医薬膳士・防災士・ペット食育士】 生涯学習コーディネーターとして、学校支援地域本部事業や成人の学習支援に参加し、生涯学習の振興発展に寄与することを目的とする自治体に登録し、公共地域の活動に参加しています。講演内容は、子どもの食育・成人の療養食・防災食・動物の「食」について、企業相談や地方講演を行っています。

関連記事

  1. 二十四節気の春【清明-せいめい】4/5~4/19日頃天地が清…

  2. 二十四節気の秋【霜降-そうこう】10/23~11/6頃:実り…

  3. 二十四節気【立春】2/4~18日頃に気をつける体を整える生活…

  4. 二十四節気の夏【芒種-ぼうしゅ】6/6~6/20頃:体の湿気…

  5. 二十四節気の秋【寒露-かんろ】10/8~10/22頃:体と心…

  6. 二十四節気の春【穀雨-こくう】4/20~5/4頃:山が笑う!…