二十四節気の冬【大雪-たいせつ】12/7~21頃:冷え性や風邪に注意

二十四節気の冬【大雪-たいせつ】12/7~21頃

日本ではまだ雪が深くなる季節ではありませんが、これは中国華来た地方から名づけられたものです。

太平洋側では晴天が続く季節ですが、冷たい風が体に強く感じる季節です。

クリスマスと新年を迎えるイベントが多く、忙しい時期です。

大掃除をはじめる方も多く、すす払いから始まって、松飾りの松を、年男が新年の恵方から取ってくるという習わしもありますね。

自然界では熊が冬眠をしますね。

冬の魚「ブリ」なども大漁で盛んになり、代表的な出世魚です。

ブリでも大きさで名が変わり、大きさが35~60cmは関東では「イナダ」関西では「ハマチ」

60~80cmの大きさのものは関東では「ワラサ」関西では「メジロ」といい、80cm以上のものを関東・関西とも「ブリ」と言われています。

大雪でこころがけること-冷え性に注意

寒くなってくるので、薄着には注意が必要です。

そして、寒いと姿勢も悪くなるので、骨盤のゆがみが激しくなるので、足を肩幅ほど開いて立って、腰に手を当てて、八の字を書くように腰を滑らかに回して、軽いストレッチをしましょう。

骨盤は満月にゆるみやすいので、この時期の満月の日には意識して骨盤のゆがみを治しましょう。

そうすることで、血行もよくなり、体があたたまります。

年末の大掃除があることで、足腰が疲れることが多く、冷えと水毒が深く関わってしまうことから、体がだるくなるので、入浴して体を温め、体内毒素を排出するようにしましょう。

お風呂で足は体の末端なので、血行を良くするように心がけ、リラックスしていると巡りもよくなります。

大雪での食事-空気の乾燥と風邪

空気が徐々に乾燥し始める季節なので、風邪をひきやすい時期になります。

風邪のウイルスは皮膚の表面から入って粘膜に入り込むのですが、この段階でウイルスに勝つために、免疫力を高めておきましょう。

まずは“肺”

肺を丈夫にすることで、皮膚粘膜は抵抗力をつけられます。

そして胃腸が元気であることで、肌が元気になるのです。

うがいやて洗うをすることで、粘膜に侵入する“菌”を少量で済ますことができるので、自宅に菌を蔓延させないためにも、心がけるように心がけましょう。

季節の野菜と、魚介類が美味しい季節。

牡蠣は海のミルクと呼ばれていて、亜鉛が多く栄養満点で、解毒や神経強化にも効果的です。

現代人は亜鉛不足が問題になっているので、新鮮でおいしい季節の牡蠣はこの時期に食べるようにしましょう。

日本は海に囲まれて、魚は大切な栄養源となっています。

肉に比べて、魚だけを食べても浮腫まず炎症もおきません。

日本人の体には“魚”がおすすめです。

東洋人である日本人のDNAによる体質をいかした食事を心がけて…♪

The following two tabs change content below.
【「和漢膳料理研究家」女子栄養大学にて食生活指導士・漢方養生士・中医薬膳士・防災士・ペット食育士】 生涯学習コーディネーターとして、学校支援地域本部事業や成人の学習支援に参加し、生涯学習の振興発展に寄与することを目的とする自治体に登録し、公共地域の活動に参加しています。講演内容は、子どもの食育・成人の療養食・防災食・動物の「食」について、企業相談や地方講演を行っています。

関連記事

  1. 二十四節気の冬【大寒-だいかん】1/20~2/3頃:スタート…

  2. 二十四節気の秋【白露-はくろ】9/8~9/22頃:センチメン…

  3. 二十四節気の夏【夏至-げし】6/21~7/6頃:薬膳のあずき…

  4. 二十四節気の秋【寒露-かんろ】10/8~10/22頃:体と心…

  5. 二十四節気の夏【大暑-たいしょ】7/23~8/7頃の猛暑に耐…

  6. 二十四節気【春分】3/21~4/4日頃|春の摂理を利用したデ…

TOMOIKU総合サイト

「TOMOIKU総合サイト」は、自分らしい生き方や働き方、居心地のいいものに触れ、人生をプラスに変えて暮らしをデザインする生活情報サイトです。

子ども目線ではありませんが、同じ内容を社会の問題点として注目し、子どもの未来に関わるあらゆる情報をお届けしています。

http://tomoiku.com/

 

“漢方養生士・中医薬膳師・女子栄養大学食生活指導士”として「薬膳・ローフード・スローフードの健康的な食事」
“LOHASライフスタイリスト”として「ロハスな生活」
“愛玩動物飼養管理士&ペット食育士”
として「犬・猫・うさぎの食事」
“保育士”
として「子供の悩み相談」
“AFP(アフィリエイテッド・ファイナンシャル・プランナー)”として、企業コンプライアンス・ライフプラン・金融、保険など6つの専門分野など、企業相談や地方講演と地域の活動を行っています。

ご質問の返答は管理人“TOMOIKU京子”個人の考えが含まれます。TOMOIKU記事にまとめてお答えしています。お問い合わせから気軽に質問してください♪

tomoiku21century-01

一般社団法人 日本共育ライフ協会内
(合)共育生活研究所

tomoiku21
サイトマップで情報を探せます!

  1. 2020.07.19

    納豆の栄養はスゴイ!夜食べるとパワーUP!+αで食材で効…

  2. 2020.07.18

    ホールフードWholeFoodの一物全体食は丁寧な暮らし…

  3. 2020.07.17

    雑穀は昔からの健康法!1食で30品目の栄養を手に入れる方…

  4. 2020.07.16

    「厚揚げ」大豆加工品でおすすめ!厚揚げ・木綿豆腐・絹豆腐…

  5. 2020.07.15

    小豆(あずき)効果は?薬膳「解毒のお薬」10日に1食は小…

  6. 2020.07.14

    大豆・黒豆・枝豆の違い「畑の肉」の栄養効能を適度に取り入…

  7. 2020.07.13

    枝豆のスゴイ効果「栄養成分を凝縮させる下ごしらえ」ダイエ…

  8. 2020.07.12

    アーモンド・ナッツ類のメリットとコツ!1日食べる量は何粒…

  9. 2020.07.11

    蕎麦(そば)ヘルシー!体に良い栄養のメリットとデメリット…

  10. 2020.07.10

    発芽玄米は栄養満点!簡単な自家製レシピ!加工商品は保存・…

  1. 2020.07.19

    納豆の栄養はスゴイ!夜食べるとパワーUP!+αで食材で効…

  2. 2020.07.18

    ホールフードWholeFoodの一物全体食は丁寧な暮らし…

  3. 2020.07.17

    雑穀は昔からの健康法!1食で30品目の栄養を手に入れる方…

  4. 2020.07.16

    「厚揚げ」大豆加工品でおすすめ!厚揚げ・木綿豆腐・絹豆腐…

  5. 2020.07.15

    小豆(あずき)効果は?薬膳「解毒のお薬」10日に1食は小…

  6. 2020.07.14

    大豆・黒豆・枝豆の違い「畑の肉」の栄養効能を適度に取り入…

  7. 2020.07.13

    枝豆のスゴイ効果「栄養成分を凝縮させる下ごしらえ」ダイエ…

  8. 2020.07.12

    アーモンド・ナッツ類のメリットとコツ!1日食べる量は何粒…

  9. 2020.07.11

    蕎麦(そば)ヘルシー!体に良い栄養のメリットとデメリット…

  10. 2020.07.10

    発芽玄米は栄養満点!簡単な自家製レシピ!加工商品は保存・…

  1. 2020.06.06

    【梅の効果】食中毒やピロリ菌の予防!2週間後に飲む梅酒と…

  2. 2020.06.05

    生活習慣病予防薬膳レシピ【ホタテの炊き込みごはん】帆立効…

  3. 2020.05.29

    腸内環境を改善して免疫力アップダイエットのポイント3つ【…

  4. 2020.05.17

    トウモロコシの皮・ヒゲは捨てない!利水作用「とうもろこし…

  5. 2020.05.17

    デトックス・免疫力UP・腸内環境を整えるメニューづくり3…

  6. 2020.05.13

    たんぱく質食材をマリネにする効果「豆と魚介マリネ料理」薬…

  7. 2020.05.12

    夏の養生法|注意すべき生活と食養生~食べたい食材と夏の薬…

  8. 2020.05.11

    ぬかづけの19倍の乳酸菌「水キムチ」効果!とぎ汁不要の安…

  9. 2020.05.10

    酵素が豊富なラディッシュ(二十日大根)効果!顆粒だしを使…

  10. 2020.05.07

    香辛料の山椒(サンショウ)と花椒(ホアジャオ)の違い・効…

ベルメゾンネット