【くるみごま味噌】不老長寿でブレインフード(健脳食)!作り置き薬膳で食に丁寧な暮らし

くるみごま味噌は不老長寿でブレインフード(健脳食)作り置き使い勝手がいい!

胡桃(くるみ)・胡麻(ごま)・味噌(みそ)の栄養のかたまりみたいな食材3品が合わさって、おいしい調味料になるくるみごま味噌。

郷土料理の五平餅ってご存知ありませんか?

その五平餅のお味噌は、焼きおにぎりや、湯豆腐、冷奴、野菜のふろふき大根・炒めたピーマン・焼きナス・里芋の田楽や、青野菜のほうれん草・小松菜と和えてもすごく美味しいお味噌です。

胡桃(くるみ)には、体内に吸収された後肝臓でEPAやDHAに変換される「α-リノレン酸」が多く含まれて、脳を若々しくしてくれます。

胡麻(ごま)は、不老長寿・滋養強壮によく老化防止や生活習慣病など、幅広い効果があります。

味噌(みそ)は、発酵食品で腸内を整え、「畑の肉」と言われる良質のたんぱく質を豊富に含む食品です。
<TOMOIKU総合サイト>
みそ汁の無添加味噌やダシで「抗がん療法」「生活習慣病予防」に繋がる驚き!減塩方法
【胃がん・大腸がん・乳がん】一日3杯の味噌汁でガンを予防できる!がんを消せる真実

 

くるみ味噌団子甘味料は、白砂糖よりも、てんさい糖をおすすめします。

胡麻と蜂蜜を混ぜて作ったものを「静神丸-せいしんがん」と言って、不老長寿の秘薬になるので、甘味料を蜂蜜にすることによって、抗菌作用も期待できます。

子供も好きな味であることが多く、みたらし団子を自宅で作る場合は、「くるみごま味噌」にすることで、脳の発達や腸内を整えるなど、理想のおやつにもなります。

くるみごま味噌は食事のお供・お弁当・おやつにも、万能なお味噌

ya019<材料>

  • くるみ 30~50g
  • ごま 10g
  • 味噌 100g
  • 砂糖(てんさい糖や蜂蜜が理想)大さじ2~お好みで!
  • みりんや酒  50cc

味噌はお好みなのですが、八丁味噌(赤みそ)を加えることでコクがでます。

私はこうじ味噌・赤味噌の半々で作っています。

ya024<作り方>

  1. くるみとごまはスリコギなどで砕きますが、私はミルで一気に砕きます。
  2. 砕いたくるみとごまをから炒りします。
  3. 一度火を止めて、調味料を全部入れ混ぜます。味見をしながら調整してください。
  4. 弱火で練るように加熱します。とろんとしてきて、少々ゆるく感じるぐらいで完成!冷めると固くなります。

 

くるみごま味噌は、シソの葉がとても良く合います。

おにぎり(最上段写真)には、シソの葉と、チーズなどを添えるのですが、美味しいですよ!

TOMOIKU総合サイト
【鉄火味噌-日本伝統の保存食】おうち薬膳で体に活力を与える陽性食品は常備食にしよう!

薬膳の王様「鉄火味噌」とは違った、甘くておやつにも利用できる「くるみごま味噌」は冷蔵庫で2~3週間保存できますし、冷凍庫に入れておくと、急なお弁当の時にとても便利です。

 

 
 

明日の健康を司る!
温活*腸活*菌活*薬膳&ハーブ

体は自然の摂理に従っています。難しいことをするのではなく、身近で簡単なことが当たり前のように生活していくことが、健康維持への近道です。