梅干しは効果効能栄養が夏の体を整えインフルエンザ予防と良いことづくし!35年間取り寄せ・子供も食べる梅干し紹介!

紀州梅干しの老舗【中田食品】

梅干しはおにぎりにの具のイメージがありますが、他にもいろいろな用途があります。
おにぎりの具になりやすい理由は、食中毒の予防と作業している場合などで疲労回復するので、お昼ごはんやお弁当に食べる場合が多いのです。

良質な塩分不足で酸性体質になってしまう夏!

暑くなる季節の体には一定の塩分が必要なのですが、ついつい塩分が不足しがちになります。
食欲不振の時手軽に食べられるスナックに含まれる塩分や、ジャンクフードに含まれる塩分は、良質な塩分ではないので体を酸性体質にしてしまい、暑さに耐えられない体質になってしまいます。
スナック菓子は塩分だけではなく、砂糖や脂肪分も多く含まれているので酸性体質にさせているのです。
酸性体質だと、体が疲れやすくなり、血液の循環が悪く、体内に十分な酸素が行き渡らないため、体内循環が悪くなり、体に悪いものばかりが溜まってしまうのです。
老廃物も排泄されず、そのことで免疫低下につながり、夏風邪が重症化してしまうことがあるのです。

SPONSORED LINK



梅干しでアルカリ体質に戻そう!

酸性化された体でも、日々の食事で血液に近い性質のアルカリ体質になることで、体調が良くなってくるので「梅干しやお酢料理」をオススメします。
人間の体は酸性体質になると、アルカリ体質に戻ろうと自然に体が要求するものです。
その体の要求を無視するとセンサーが働かなくなって、アルカリ体質に戻すことができなくなります。

梅干し効果で元気!

「1日梅干し1個は健康の秘訣」などと言われるように、健康や美容に良いことは多く知られていますね。
梅干しはアルカリ性の食品ですが、塩分が多いと敬遠する人もいます。
しかし梅干しの塩分はとっても良質で、スナック菓子などに含まれている塩分とは別物です。
梅干しのような良質の塩分と、すっぱいクエン酸で、取っていれば、体にしっかりと十分なミネラルを与えることができて、酸性体質の血液のドロドロをサラサラにしていき解毒作用で体から老廃物を尿として排出し、体の疲労を回復・内臓機能を向上し、体にエネルギーを行き渡らせ元気にしてくれる、すばらしい食品です。
野菜の倍以上のミネラル成分があるので、疲れた酸性の体を中和させてアルカリ体質に近づける効果があるので、「1日梅干し1個は健康の秘訣」と言われているのです。
暑い夏こそ、梅干しをすすんで食べるようにしましょう!

子どもたちに嬉しいインフルエンザ予防

梅干しが体に必要な夏に好きになっておくことで、インフルエンザ対策ができます。

梅干しを塩漬けした際に出る、梅酢に含まれる「梅酢ポリフェノール」に、インフルエンザウイルスの増殖を抑え、感染力を弱める効果があることが分かった。
梅酢ポリフェノールには、インフルエンザウイルスに強い抗ウイルス作用とウイルス不活性化作用の二つの作用があるそうです。
今後はうがい薬や消毒薬、サプリメントなどが製品化される見通しだそうですが、梅酢を飲む、梅干しを食べるなど、早速食生活に摂り入れて、インフルエンザ予防しておきたいものです。

「紀州田辺うめ振興協議会」が公表

たとえインフルエンザになっても、ウイルスと闘える体にしておきましょう。

様々な梅干し効果

今回の記事は、夏の体力改善とインフルエンザについて書きましたが、梅干しは多くの効果があるのです。

  • 整腸作用
  • 疲労回復
  • 抗酸化作用
  • 貧血予防
  • 動脈硬化の予防
  • 頭痛や歯痛を抑える
  • 肩こりの対策
  • アンチエイジング
  • ピロリ菌を抑制
  • 生活習慣病を予防
  • 脂肪燃焼効果
  • 虫歯予防
  • 冷え性や二日酔いの解消

 

梅干しが苦手な方やお子さんにおすすめ 

梅干しが酸っぱくて食べられないというお子様には「はちみつ梅干し」など、マイルドなタイプにしてみではいかがでしょう。
私は、2歳と5歳の孫にはフルーツのように食べたがる梅干しを取り寄せしています。
ビタミンが豊富な豚肉に塗って大葉をのせ、クルクル巻いて焼くお肉料理も大好き!
お昼に食べる、梅干しと枝豆のおにぎりが特に好きです。
「枝豆」などの豆も加えても体にいいですよ♪
おにぎりは是非おすすめ!

子供が食べる野菜のキュウリやキャベツなどの和え物にしたり、種をとり梅干しを練状にしてマヨネーズに混ぜるなど、子どもでも食べやすいように工夫してあげます。
塩分が気になる場合は、味噌汁は塩分少なめの味噌を用意して、子供には塩抜きをした焼き魚などにして塩分少なめにしています。
私が取り寄せている梅干しは「つぶれ梅」と言って、皮切れやつぶれていると見た目は少々難ありと書かれていますが、写真のようにきれいな梅が多いです。
大粒なので、ごはんの上に梅干しをのせて食べる時、おいしくて…幸せな気分になります♪
私は好きでたまらない35年間取り寄せている中田食品さんの【紀州産南高梅】梅ぼし田舎漬と、楽天で最近見つけたフルーツのような梅干し【紀州産南高梅】みかん蜂蜜はねだし梅を孫のために購入しています。

35年間お中元で利用させてもらっている「梅ぼし田舎漬」は多くの人に喜ばれていて、お中元で贈ったのに…に取り寄せ方法を教えてほしいと良く聞かれます…苦笑
 

SPONSORED LINK








 

関連記事

  1. 梅雨の薬膳!体調不良は薬膳の食材をプラスして乗り切りる!

  2. 【イカ】肝機能向上・血圧・コレステロール値を抑え貧血予防の薬…

  3. 寝る前のお湯割り「梅酒」1杯!昔からの健康法を取り入れてポカ…

  4. らっきょう1日1回ガン予防!食物繊維摂取量がグ~ンとアップ!…

TOMOIKU総合サイト

「TOMOIKU総合サイト」は、自分らしい生き方や働き方、居心地のいいものに触れ、人生をプラスに変えて暮らしをデザインする生活情報サイトです。

子ども目線ではありませんが、同じ内容を社会の問題点として注目し、子どもの未来に関わるあらゆる情報をお届けしています。

http://tomoiku.com/

 

“漢方養生士・中医薬膳師”として「薬膳・ローフード・スローフードの健康的な食事」
“LOHASライフスタイリスト”として「ロハスな生活」
“愛玩動物飼養管理士&ペット食育士”
として「犬・猫・うさぎの食事」
“保育士”
として「子供の悩み相談」
“AFP(アフィリエイテッド・ファイナンシャル・プランナー)”として、企業コンプライアンス・ライフプラン・金融、保険など6つの専門分野など、講座を各地で行っています。

ご質問の返答は管理人“TOMOIKU京子”個人の考えが含まれます。TOMOIKU記事にまとめてお答えしています。お問い合わせから気軽に質問してください♪

tomoiku21century-01

tomoiku21
サイトマップで情報を探せます!

ベルメゾンネット

  1. 2018.10.10

    「桃の紅茶酒」温活女性の健康を意識した“紅茶酒”養命酒&…

  2. 2018.10.10

    【温活】現代文化の便利な生活が体を冷やす原因|“3つの冷…

  3. 2018.10.08

    【温活】冷えとり食べ物5つのルールと常備食5つ|体を温め…

  4. 2018.10.04

    頭・ひざ腰・肩が痛い!ダルイ!代表的な10の“未病”状態…

  5. 2018.10.03

    体の不調は「冷え」が原因|チェックシートでタイプ別の冷え…

  6. 2018.09.04

    菌活で整える!乳酸菌の効果“腸年齢チェックテスト”腸内細…

  7. 2018.03.08

    「高麗人参」効果効能と保存の方法!薬膳鍋「参鶏湯」からお…

  8. 2017.08.13

    とうもろこしの皮とヒゲは捨てないで!薬膳とうもろこし茶を…

  9. 2017.06.29

    らっきょう1日1回ガン予防!食物繊維摂取量がグ~ンとアッ…

  10. 2017.05.18

    【豆のマリネ】海鮮やきのこをプラスして薬膳作り置き

  1. 2018.10.10

    【温活】現代文化の便利な生活が体を冷やす原因|“3つの冷…

  2. 2018.10.08

    【温活】冷えとり食べ物5つのルールと常備食5つ|体を温め…

  3. 2018.10.04

    頭・ひざ腰・肩が痛い!ダルイ!代表的な10の“未病”状態…

  4. 2018.10.03

    体の不調は「冷え」が原因|チェックシートでタイプ別の冷え…

  5. 2018.09.04

    菌活で整える!乳酸菌の効果“腸年齢チェックテスト”腸内細…

  6. 2017.02.26

    【菌活】甘酒-飲む点滴・飲む美容液の効果はスゴイ!海外で…

  7. 2017.02.25

    【菌活】え!?あれも?私達の食生活は発酵食品で成り立って…

  8. 2017.02.05

    【乳酸菌-ヨーグルト】それぞれ違う効能がある!目的別乳酸…

  9. 2016.12.29

    腸活-老けない体は「腸」で決まる!腸内フローラを整えよう…

  10. 2016.12.28

    「ハーブ」手軽に取り入れて健康でオシャレな暮らしを楽しむ…

  1. 2018.10.10

    「桃の紅茶酒」温活女性の健康を意識した“紅茶酒”養命酒&…

  2. 2017.05.18

    【豆のマリネ】海鮮やきのこをプラスして薬膳作り置き

  3. 2017.05.17

    【豆類】「畑の肉」の栄養効能!解毒のお薬とされる薬効

  4. 2017.05.13

    【タコ】コレストロールを分解!薬膳では体を温める食材と食…

  5. 2017.05.02

    【わかめ】ミネラルの効果!血液を浄化させ体をキレイに!わ…

  6. 2017.05.01

    【イカ】肝機能向上・血圧・コレステロール値を抑え貧血予防…

  7. 2017.04.21

    【たけのこ・きのこ炒め】薬膳作り置きの2日目はアレンジ!…

  8. 2017.04.20

    【筍-たけのこ】デトックス効果はピカイチ!薬膳的効果で下…

  9. 2017.04.19

    【ふきと豚肉のきんぴら】基本の「ふきの炒り煮」の作り置き…

  10. 2017.04.18

    【蕗-ふき】蕗は茎ではない!薬膳的な効果効能