水溶性食物繊維が多い食品ランキング!総合評価「大麦」効果は腸の救世主

「木を見て森を見ず」健康法をしている人が多い現実

便秘に悩んだり、メタボ体型が気になるために、腸を整える目的で、ヨーグルトを多めに食べたり、様々な食品を食べ続けてみたけれど、なかなか良い結果が出ない…。

成人大学講座「健康を目的とした料理講座」開催したときに、そのような方があまりにも多いことに正直びっくりしました。

そのような悩みを抱えている方が、講座に出席されているので当たり前なのかもしれませんが、多くの情報から様々な努力をしている方がとても多いのです。

それなのに、便秘やメタボ改善ができない…健康であることに不安を感じる。

それは、「木を見て森を見ず」で、便秘を改善したい!メタボ改善!血糖値の急上昇を抑えたい!という、枝葉の目的を最優先し、短期的な結果を求めているのでなかなか改善されません。

痩せるためにひとつの食品を試して、それで2~3か月で結果が出ても、リバウンド…若しくは副作用が出る…。

健康補助食品を飲み続け、結果が出ても金銭的な負担があるために、継続不可…その健康補助食品を止めた途端に以前よりも悪化する…。

そのひとつの食品や健康補助食品がなければ、美容・健康を保てない体に育ててしまっているのです。

副作用がないと言われていても、継続することで「それがないと調整できない体」になっている…このことは「副作用」ではないのでしょうか?

そんな総合的な問題から、「食」に関しては「バランス」というキーワードがとても重要なのです。

腸を整えることが元気の源!

私たちの体は食べ物からできています。

「木を見て森を見ず」…体で気になるある部分だけを悩み改善しようとしても、基本となる食べ物のバランスが悪く、腸が整っていなければ、栄養が隅々まで行き渡りません。

生きている限り「食べる…出す」という行為は死ぬまで続けていきます。

腸が栄養を吸収し、元気に動けるように体にエネルギーを与える…不要な老廃物は体から出す!

…という、当たり前のことを心がけるだけです。

そして、長い人生の中で、長年蓄積されてきた悪循環体質を、数日や1か月で結果を得ようと考えることに無理があります。

でも、ちょっとの改善で1年後の自分が変化したと感じられるような、そんな無理なのない健康法は、未病状態の人におすすめしたいと思います。

現在、どこか患っている方は医師の指導のもとで食事相談をすることをおすすめしますが、当サイトでは昔ながらの食事をおすすめしているので、特別な食品のアレルギーや疾患がなければ大きな問題はないと思います。

まず、自分の腸の体質などを知ることも大切な健康管理です。

腸の状態を確認できる関連記事

腸年齢チェックテスト
腸タイプチェックシート
便秘の原因を探るチェックシート
便のセルフチェック

「腸を整える」ことは、すべての健康に繋がります。

薬の乱用や、添加物が多い食品を食べ続けることは、腸にとってデメリットしかありません。

腸を育てるために、何が必要か?

大きなポイントである「水溶性食物繊維」を意識する腸活や、腸内細菌を整える食べ物のこと…と、腸活と菌活は一体になって「腸を整える」ことで、健康的な体への道になります。

なぜ「水溶性食物繊維が多い食品」を知る必要があるのか?

便秘の解消のために…腸を整えるために乳酸菌を食べなくちゃ!…と多くの努力をしても改善されない方は、食物繊維の食べ方が違う方向に行ってしまっていたり、自分の体のDNAに合わない乳酸菌を摂っている場合があります。

たとえば、日本人にとってワカメは重要な栄養源ですし、便秘解消にもおすすめの食材ですが、それは海に囲まれた日本人だからこそで、欧米人はワカメの栄養を吸収することができないのです。

豆乳も同様、日本人と欧米人では吸収率は違いますし、日本人のように外国人がワカメや豆乳などを摂りすぎると下痢などの副作用を生み出します。

大豆イソフラボンを乳酸菌で発酵させた「エクオール」の効果の違いでお判りいただけると思います。

なかなか改善されない方への記事を用意しています。

美腸になるための関連記事

腸を整える上で、水溶性食物繊維が必要であるという記事
ペラペラ腸から美腸へ意識する記事
日本人の腸に合う植物性乳酸菌「ラブレ菌」京漬物の菌がヨーグルトに!
オリゴ糖の種類と効果!腸内環境を整え善玉菌を増やす食品で菌活
水溶性食物繊維が多い食品ランキング!総合評価「大麦」効果は腸の救世主



水溶性食物繊維が多い食品ランキング!

日本では身近な食材ではありませんが「エシャロット」などは、とても水溶性食物繊維が高いのですが、家庭の食卓にあがることは少ないと思います。

今回のランキングは、一般家庭でよく使われる食材を中心に、水溶性食物繊維を多く食べることができる食材を基準に考えています。

水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の摂るべき理想の比率は[2:1]です。

その基準を満たす食事は難しいですし、良質な食用油の摂り方や腸内細菌の状態で状況は変わります。

そのような様々な腸内を考えても、水溶性食物繊維がとても少ない食生活になっているのです。

私たちのDNAは、玄米や麦ごはん…お味噌汁に漬物…という、昔ながらの食事で体が整うようになっていることが、本当によくわかります。

総合評価「大麦」効果は腸の救世主

不溶性食物繊維のグラフの長さをカットしているので、見づらいかもしれませんが、水溶性食物繊維が不溶性食物繊維より多いのは、上記グラフによると大麦とにんにくだけです。

そして、100gあたりの含有量は多いけれど、一度の食事で大量に食べることができない「ニンニク」は多くても1日1片なので、大量に食べることができません。

ですから、食材に「ネバネバ食品」が必要になるのです。

「麦ごはんにとろろ」と、昔から整腸作用があるごはんとして代表されている食事が、現代の私たちの食生活の救世主になります。

誰もが手ごろに食べられる救世主は、総合評価「大麦」になります。

大麦効果は腸を整え、血糖値の上昇を抑制し、高コレステロール・メタボの改善をする食材です。

次のページは、腸の救世主の「大麦・もち麦の効果!腸を整え便秘・メタボ・生活習慣病改善と活用法」を紹介します。

↓当ブログ:新型コロナウイルスのページ


↓今月の健康プログラム 目次ページ↓




ベルメゾンネット


東洋人である日本人のDNAによる体質をいかした食事を心がけて…♪

The following two tabs change content below.
【「和漢膳料理研究家」女子栄養大学にて食生活指導士・漢方養生士・中医薬膳士・防災士・ペット食育士】 生涯学習コーディネーターとして、学校支援地域本部事業や成人の学習支援に参加し、生涯学習の振興発展に寄与することを目的とする自治体に登録し、公共地域の活動に参加しています。講演内容は、子どもの食育・成人の療養食・防災食・動物の「食」について、企業相談や地方講演を行っています。

関連記事

  1. 元気になる通年の注意!腸が明日の自分を司る「整腸食品」と「乱…

  2. 大麦・もち麦の効果!腸を整え便秘・メタボ・生活習慣病改善と活…

  3. 「腸活」腸刺激エクササイズと“腸もみ”で整える!腸の働きが体…

  4. 「腸は第二の脳」脳の司令なしに働ける腸が心と体の健康を左右す…

  5. 自分の体に合う腸活【食物繊維のとり方】水溶性と不溶性のバラン…

  6. 腸活-老けない体は「腸」で決まる!腸内フローラを整えよう!

TOMOIKU総合サイト

「TOMOIKU総合サイト」は、自分らしい生き方や働き方、居心地のいいものに触れ、人生をプラスに変えて暮らしをデザインする生活情報サイトです。

子ども目線ではありませんが、同じ内容を社会の問題点として注目し、子どもの未来に関わるあらゆる情報をお届けしています。

http://tomoiku.com/

 

“漢方養生士・中医薬膳師・女子栄養大学食生活指導士”として「薬膳・ローフード・スローフードの健康的な食事」
“LOHASライフスタイリスト”として「ロハスな生活」
“愛玩動物飼養管理士&ペット食育士”
として「犬・猫・うさぎの食事」
“保育士”
として「子供の悩み相談」
“AFP(アフィリエイテッド・ファイナンシャル・プランナー)”として、企業コンプライアンス・ライフプラン・金融、保険など6つの専門分野など、企業相談や地方講演と地域の活動を行っています。

ご質問の返答は管理人“TOMOIKU京子”個人の考えが含まれます。TOMOIKU記事にまとめてお答えしています。お問い合わせから気軽に質問してください♪

tomoiku21century-01

一般社団法人 日本共育ライフ協会内
(合)共育生活研究所

tomoiku21
サイトマップで情報を探せます!

  1. 2020.07.06

    二十四節気の夏【小暑-しょうしょ】7/7~22頃:水毒の…

  2. 2020.07.06

    栄養素を逃さない!抗酸化を意識した食材の選び方と調理方法…

  3. 2020.07.05

    バランスのいい献立!1日に必要な栄養素を過不足なく食べる…

  4. 2020.07.04

    7大栄養素をバランスよく摂取するのが健康への早道!-暮ら…

  5. 2020.07.03

    栄養素と栄養の違い!栄養とカラダのしくみ-暮らしの栄養学…

  6. 2020.07.01

    【7月・文月】梅雨と初夏を乗り切る食材「夏バテ対策」を考…

  7. 2020.06.29

    7月文月「暮らしの歳時記365日」四季の流れで心と体を整…

  8. 2020.06.28

    細胞の力を強くする黒い食品パワーとは?色と食材の七色健康…

  9. 2020.06.27

    細胞の力を強くする紫の食品パワーとは?色と食材の七色健康…

  10. 2020.06.26

    細胞の力を強くする白の食品パワーとは?色と食材の七色健康…

  1. 2020.07.06

    栄養素を逃さない!抗酸化を意識した食材の選び方と調理方法…

  2. 2020.07.05

    バランスのいい献立!1日に必要な栄養素を過不足なく食べる…

  3. 2020.07.04

    7大栄養素をバランスよく摂取するのが健康への早道!-暮ら…

  4. 2020.07.03

    栄養素と栄養の違い!栄養とカラダのしくみ-暮らしの栄養学…

  5. 2020.06.25

    【七色健康食事法】色で簡単にバランスよい細胞の力を高める…

  6. 2020.06.24

    中年太りを健康でスリムに改善!体質転換期のための食品30…

  7. 2020.06.21

    体がミトコンドリア系になるための食事改善法!食品30品目…

  8. 2020.06.19

    「菌活」で健康な腸に育てよう!食材で善玉菌を増やそう!

  9. 2020.06.17

    体も心もキレイになる最短方法「腸活」健康生活の基本

  10. 2020.06.11

    野菜に含まれる「食物繊維」効果と効率的に摂る調理法

  1. 2020.06.06

    【梅の効果】食中毒やピロリ菌の予防!2週間後に飲む梅酒と…

  2. 2020.06.05

    生活習慣病予防薬膳レシピ【ホタテの炊き込みごはん】帆立効…

  3. 2020.05.29

    腸内環境を改善して免疫力アップダイエットのポイント3つ【…

  4. 2020.05.17

    トウモロコシの皮・ヒゲは捨てない!利水作用「とうもろこし…

  5. 2020.05.17

    デトックス・免疫力UP・腸内環境を整えるメニューづくり3…

  6. 2020.05.13

    たんぱく質食材をマリネにする効果「豆と魚介マリネ料理」薬…

  7. 2020.05.12

    夏の養生法|注意すべき生活と食養生~食べたい食材と夏の薬…

  8. 2020.05.11

    ぬかづけの19倍の乳酸菌「水キムチ」効果!とぎ汁不要の安…

  9. 2020.05.10

    酵素が豊富なラディッシュ(二十日大根)効果!顆粒だしを使…

  10. 2020.05.07

    香辛料の山椒(サンショウ)と花椒(ホアジャオ)の違い・効…

ベルメゾンネット