【イカ】肝機能向上・血圧・コレステロール値を抑え貧血予防の薬膳

肝機能を活性化して血圧・コレステロール値の上昇を抑え、月経異常を改善

イカは日本と地中海周辺以外では食用にされることが少ないイカですが、高たんぱく低カロリーの良質な魚です。

二千年以上前に発見され、16世紀の薬物書「本草綱目」でも「人に益あり、月経を通ず」と記されていて、食べられていたことがわかります。

イカが脾・胃を補うと同時に、肝の働きを助ける作用があります。

肝は「血の蔵」とも言われていて、血液を貯蔵して血中の毒を解毒する器官のため、イカが肝を活性化することで血液が浄化され、月経痛や月経不順などを改善するのです。

カロリーも低くて、ビタミン・ミネラルなどは栄養が豊富ですが、脂質や炭水化物が少なく栄養バランスが良いとは言えないですが、タウリンやビタミンB12など飛び抜けた栄養を食材として利用できますね。

イカの品種や産地によって旬は異なり、ポピュラーなホタルイカは1~5月・スルメイカは5~9月・コウイカは10~4月ごろに旬を迎え、品種は違っても1年中流通されています。

イカの薬膳的な効果効能

イカには、タウリンが多く含まれているのでアミノ酸に似た成分のため、たんぱく質を分解する過程で生成されて、コレステロールを減らしコレステロール値を低下させる作用が期待できます。

イカの薬膳的な効果効能

タウリンが豊富はイカは、肝機能の向上や血圧の上昇を抑え、コレステロール値の上昇を抑える効能があります。

タンパク質が含まれ、低脂肪のためダイエットにおすすめの食材です。

イカに含まれているタンパク質は臓器や筋肉・皮膚・爪などの体を作る主成分となる栄養の上、造血作用があり貧血を予防する効能もあります。

特にホタルイカはビタミンB12が豊富で、赤血球を作り血液を増やす栄養のため、集中力の低下やうつ病気味の方などの神経機能を正常に保つ働きがあり、更に貧血を予防する効能が強化されます。

そして、最近注目されているのは「イカスミ」です。

イカスミには糖質の一種であるムコ多糖類が含まれていて、酸化を防ぎ血行を良くしガン予防にも効果があります。

そして、ビタミンEが含まれ、新陳代謝を高める効能があります。

薬膳的解釈

[五味-鹹味・五性-平性・帰経-肝・腎

  • 五味-鹹味
    腎臓や膀胱の働きを助け、尿がよく出るようにする役割
  • 五性-平性
    温めも冷やしもしない食材
  • 帰経-肝・腎
    :気機を調節し蔵血する
    :蔵精・主水・納気を司る

 

貧血にレバー肉が定番ですが、レバーが苦手な方は「イカ」をすすんで食べるようにするといいですよ!

イカの食材効果

詳細:いかそーめん

  • 肝臓機能強化
  • 心臓機能強化
  • 動脈硬化予防
  • がん予防
  • 高血圧予防
  • 血糖値上昇の抑制
  • 眼精疲労緩和
  • 血行を良くする
  • 酸化を防ぐ
  • 抗菌作用
  • 造血作用
  • 貧血を予防
  • 月経不順
  • 更年期障害予防
  • ダイエット
  • 中性脂肪を取り除く
  • 神経機能を正常に保つ
  • コレステロールの代謝を促える など

 

超おすすめ「イカそうめん納豆」を夜に食べましょう!

ya086

心身ともに、疲労回復できる「イカ+納豆+ネギ」のトリプル効果は、胃腸・消化管への作用・血圧に関する成績・血栓溶解作用・抗酸化作用・風邪がひきにくくなり神経痛や老化防止…など、もう…語り尽くせません。

旅先で朝食に出ることが多い納豆ですが、良い効果を引き出すのは夜に納豆を食べることです。

そして、イカと納豆の効能がプラスされて、朝には体が血栓溶解作用・排尿や便通が良くなり美肌や疲労回復に繋がっています。

血栓が気になる方や貧血気味や更年期障害・肥満・荒れた肌など、多くの悩みに効果があるのが、夜に「イカそうめんねぎ納豆」を食べることで、心身の疲労回復に効果が得られると思います。

 

 
 

明日の健康を司る!
温活*腸活*菌活*薬膳&ハーブ

体は自然の摂理に従っています。難しいことをするのではなく、身近で簡単なことが当たり前のように生活していくことが、健康維持への近道です。