春の養生法|注意すべき生活と食養生~食べたい食材と春の薬膳

「養生」というと、とても古めかしくて決まりごとが多く、めんどうなイメージがあります。

しかし難しいこともなく、早寝早起き・寒い時は体を温め、暑い時は体を冷まし、イライラしたらリラックスができるようにする…という、あなたが自然に行っていることもあると思います。

「養生」は病気を治すというよりも、健康的な体を作ろうと考え、本来もっている生命力を最大限に引き出すように過ごす手段です。

日本には四季があり、それぞれの季節の気候は大きく変化していきますが、私たちはそれに適応しながら健康を維持しています。

季節の合わせて病気にならないようにするには、それぞれの季節に合った「養生」が必要です。

バランスのとれた食事・適度な運動と休養・心のケアと、無理をしないで自然と調和して暮らせるように、四季別により気を付けると良い特徴を綴っています。

春の養生法:注意すべき生活と食養生

寒さが激しい2月でも、自然界では植物が根吹き、動物や昆虫たちが元気に動き出します。

そんな生命力に満ち溢れている季節が“春”です。

寒い冬から春の訪れを感じるこの季節は、デトックスを始めるのにいい季節です。

寒い冬は体内に熱を閉じ込めて逃がさないように、筋肉が自然と収縮しているので、体は常に緊張状態で縮こまっています。

春が来て寒さが緩んでくると、体の熱を逃がそうと緊張して縮んでいた体は緩み始めるので、1年の中で1番リセットしやすい状態になります。

春の食養生を心がけましょう。

冬は“腎”に注意する季節でした。

春は“肝”に注意する季節になります。

ウイルスの活動も旺盛になるために、解毒作用を担う“肝”の働きが盛んになりますが、“肝”が働きすぎると、自律神経が乱れてしまいます。

自律神経が乱れると、不眠やのぼせ、気持ちもイライラして、精神的なダメージが大きくなります。

春の養生のポイントは、“肝”の働きが活発になるため、それに伴う養生をし、老廃物を出し切り、ストレスをためないようにして、「気」を高めることです。

“肝”の働きについては、薬膳食養生“五臓六腑とは”食事を健康に生かす漢方養生法とチェックシートにて説明していますので、合わせてご参照ください。

春の養生ポイント:老廃物を出し切ること

春になると心や体に溜まった老廃物を外に出して生まれ変わろうと、体は新陳代謝が活性化します。

デトックスがしやすい季節になので、体の大掃除をしましょう。

春が旬の苦味のある食材が食養生に使われ、緑黄色野菜もおすすめです。

“肝”が正常に機能することによって、気や血がスムーズに全身を巡るので情緒が安定するので、弱らないように注意するためにも、余分な毒素は排出しましょう。

レシピも紹介していきます。

春の養生ポイント:ストレス解消を心がけること

春は季節柄もありますが、就職や部署移動・転勤や入学・卒業などの社会環境の変化も重なり、本人だけではなくそれに携わる周りの人も、ストレスがたまります。

気持ちが不安定になりやすい季節なので、イライラしたり落ち込んだりするような自律神経に影響がでます。

ストレスをためないためにも、軽い運動をして、体の気を停滞させないようにします。

春の養生ポイント:「気」を高めるようにすること

春に不調を感じるるのは、体のエネルギーが不足です。

春の風は強く、体の顔や首の上や表皮ぶ不調がでやすく、目の充血や鼻水・頭痛・花粉症・湿疹・じんま疹などの粘膜や皮膚のトラブルを悪化させてしまいます。

気を高めるためにも、旬の物を食べたり、深呼吸をしてエネルギーを取り入れるようにしましょう。

体が活動を開始する春のトラブル養生法

気を高めるためにも、朝日をあびて新鮮な気を体に取り入れます。

特に春の朝日は一年中で一番良いとされています。

そして、心の落ち着かせるためにも、鼻から深く息を吸い込んで、口から息を完全に吐き出す深呼吸を10回ぐらいして、呼吸を整える「呼吸法」を取り入れましょう。

春の気候は寒暖差があるため、気温の変化で体調をくずしやすく、体が冷えてしまうので「温活」は常に意識して、衣類の調整も気をつけてください。

エネルギーが溢れている春に、体を動かさないでいると、体内に気が停滞するので、激しい運動ではなく、軽いエクササイズを取り入れます。

意識してマッサージをしたり、ラジオ体操をして、伸びやかに体を動かして、冬に溜まった老廃物の排出を助けてあげましょう。

運動はどの季節も大切ですが、春の運動はエンジンをかける感じで、スタート地点にいます。

養生法は食べることだけではなく、生活習慣と共に行うことを言います。



春の活動のための食事を意識:食べたい食材と春の薬膳

旬のモノは、その季節に必要なエネルギーが詰まっています。

冬の間にビタミンやミネラル不足から、春は皮膚や粘膜のトラブルが増えるので、旬の野菜は積極的に取り入れましょう。

そして、やる気が出なくて、落ち込むなどの体にエネルギーを補うためには、豆類・雑穀・きのこを食べて体のパワーをアップできます。

そして、気のめぐりを促して精神を安定させるためには、体のエネルギーが停滞しているので、ミントやシソなどの爽やかな香りを使って体の巡りをよくします。

陰と陽の関係で、春は陽の気をたっぷり取り入れたい季節です。

ニラやにんにく・長ネギなど補陽に適している食材で、抵抗力や風邪などの予防におすすめしたい食材です。

先人たちは様々な「気持ちよく病気をしないで生きていく方法」を旬の野菜で体調を調整して生きてきました。

その自然の恵みを、感謝していただきましょう。

 

「春の養生法|おいしい旬の食材と薬膳のポイント」

↓当ブログ:新型コロナウイルスのページ


↓今月の健康プログラム 目次ページ↓




ベルメゾンネット


東洋人である日本人のDNAによる体質をいかした食事を心がけて…♪

The following two tabs change content below.
【「和漢膳料理研究家」女子栄養大学にて食生活指導士・漢方養生士・中医薬膳士・防災士・ペット食育士】 生涯学習コーディネーターとして、学校支援地域本部事業や成人の学習支援に参加し、生涯学習の振興発展に寄与することを目的とする自治体に登録し、公共地域の活動に参加しています。講演内容は、子どもの食育・成人の療養食・防災食・動物の「食」について、企業相談や地方講演を行っています。

関連記事

  1. 2月~春「ダルオモ症状」薬膳解釈と食材!血糖値の急上昇を防ぐ…

  2. 3月~春の季節の変わり目は体調不良になりやすい!新陳代謝と肝…

  3. 春の養生法|食べておきたい旬のおいしい食材と薬膳ポイント3つ…

  4. 季節の変わり目に注意!春の体調不良を食事で整える6つのポイン…

TOMOIKU総合サイト

「TOMOIKU総合サイト」は、自分らしい生き方や働き方、居心地のいいものに触れ、人生をプラスに変えて暮らしをデザインする生活情報サイトです。

子ども目線ではありませんが、同じ内容を社会の問題点として注目し、子どもの未来に関わるあらゆる情報をお届けしています。

http://tomoiku.com/

 

“漢方養生士・中医薬膳師・女子栄養大学食生活指導士”として「薬膳・ローフード・スローフードの健康的な食事」
“LOHASライフスタイリスト”として「ロハスな生活」
“愛玩動物飼養管理士&ペット食育士”
として「犬・猫・うさぎの食事」
“保育士”
として「子供の悩み相談」
“AFP(アフィリエイテッド・ファイナンシャル・プランナー)”として、企業コンプライアンス・ライフプラン・金融、保険など6つの専門分野など、企業相談や地方講演と地域の活動を行っています。

ご質問の返答は管理人“TOMOIKU京子”個人の考えが含まれます。TOMOIKU記事にまとめてお答えしています。お問い合わせから気軽に質問してください♪

tomoiku21century-01

一般社団法人 日本共育ライフ協会内
(合)共育生活研究所

tomoiku21
サイトマップで情報を探せます!

  1. 2020.07.19

    納豆の栄養はスゴイ!夜食べるとパワーUP!+αで食材で効…

  2. 2020.07.18

    ホールフードWholeFoodの一物全体食は丁寧な暮らし…

  3. 2020.07.17

    雑穀は昔からの健康法!1食で30品目の栄養を手に入れる方…

  4. 2020.07.16

    「厚揚げ」大豆加工品でおすすめ!厚揚げ・木綿豆腐・絹豆腐…

  5. 2020.07.15

    小豆(あずき)効果は?薬膳「解毒のお薬」10日に1食は小…

  6. 2020.07.14

    大豆・黒豆・枝豆の違い「畑の肉」の栄養効能を適度に取り入…

  7. 2020.07.13

    枝豆のスゴイ効果「栄養成分を凝縮させる下ごしらえ」ダイエ…

  8. 2020.07.12

    アーモンド・ナッツ類のメリットとコツ!1日食べる量は何粒…

  9. 2020.07.11

    蕎麦(そば)ヘルシー!体に良い栄養のメリットとデメリット…

  10. 2020.07.10

    発芽玄米は栄養満点!簡単な自家製レシピ!加工商品は保存・…

  1. 2020.07.19

    納豆の栄養はスゴイ!夜食べるとパワーUP!+αで食材で効…

  2. 2020.07.18

    ホールフードWholeFoodの一物全体食は丁寧な暮らし…

  3. 2020.07.17

    雑穀は昔からの健康法!1食で30品目の栄養を手に入れる方…

  4. 2020.07.16

    「厚揚げ」大豆加工品でおすすめ!厚揚げ・木綿豆腐・絹豆腐…

  5. 2020.07.15

    小豆(あずき)効果は?薬膳「解毒のお薬」10日に1食は小…

  6. 2020.07.14

    大豆・黒豆・枝豆の違い「畑の肉」の栄養効能を適度に取り入…

  7. 2020.07.13

    枝豆のスゴイ効果「栄養成分を凝縮させる下ごしらえ」ダイエ…

  8. 2020.07.12

    アーモンド・ナッツ類のメリットとコツ!1日食べる量は何粒…

  9. 2020.07.11

    蕎麦(そば)ヘルシー!体に良い栄養のメリットとデメリット…

  10. 2020.07.10

    発芽玄米は栄養満点!簡単な自家製レシピ!加工商品は保存・…

  1. 2020.06.06

    【梅の効果】食中毒やピロリ菌の予防!2週間後に飲む梅酒と…

  2. 2020.06.05

    生活習慣病予防薬膳レシピ【ホタテの炊き込みごはん】帆立効…

  3. 2020.05.29

    腸内環境を改善して免疫力アップダイエットのポイント3つ【…

  4. 2020.05.17

    トウモロコシの皮・ヒゲは捨てない!利水作用「とうもろこし…

  5. 2020.05.17

    デトックス・免疫力UP・腸内環境を整えるメニューづくり3…

  6. 2020.05.13

    たんぱく質食材をマリネにする効果「豆と魚介マリネ料理」薬…

  7. 2020.05.12

    夏の養生法|注意すべき生活と食養生~食べたい食材と夏の薬…

  8. 2020.05.11

    ぬかづけの19倍の乳酸菌「水キムチ」効果!とぎ汁不要の安…

  9. 2020.05.10

    酵素が豊富なラディッシュ(二十日大根)効果!顆粒だしを使…

  10. 2020.05.07

    香辛料の山椒(サンショウ)と花椒(ホアジャオ)の違い・効…

ベルメゾンネット