【豆類】「畑の肉」の栄養効能!解毒のお薬とされる薬効

豆類は食事に一つは使うメニューに!

豆腐のお味噌汁など、とても身近な大豆の加工がありますが、お赤飯やおしるこなどの和菓子もで多くの豆を使用したものが身近にありますね。

豆そのモノでもいいのですし、加工されている豆腐や高野豆腐・納豆…と「豆類」を1日必ずひとつ摂るようにしましょう。

a00120「アメリカでは「大地の黄金」とも呼ばれていて、天然の植物中に存在するがん抑制作用のある成分を含んでいて、がん予防効果が発揮できるようにデザインされた食品と認定されている、「デザイナーフーズ」では大豆はトップクラスの食材になっています。

抗酸化作用を抑える作用があるので、がん・動脈硬化の予防・老化・肌の老化防止につながります。

肝臓障害や高脂血症を改善、コレステロールの吸収を抑える働きがあり、自律神経の働きを調整する作用によって、更年期障害や生理不順に効果精子の活性化に効果があります。

動物性たんぱく質を多く摂取してしまう現代の食生活へのアドバイスとして、植物性たんぱく質摂取への比率移行やシフトチェンジをおすすめします

<TOMOIKU総合サイト>

豆の様々な効能

 

豆類の薬効

上記サイトで綴られているように、豆はそれぞれ少しずつ違った効能がありますが、薬膳での傾向はほぼおなじです。

小豆
お祝い時の「お赤飯」やおしるこなど様々な和菓子で使われる豆が「小豆」ですね。
小豆の薬効が日本人の体質や気候風土にあっていると言われています。
湿度の高い気候風土の日本人は、もともと皮膚からの水分発散が難しく水滞の生じやすい体質なので、利尿作用が高い体内の余分な水分を排出する小豆の薬効を利用してきました。
毎月1日と15日に小豆粥を食べる習慣は、日本人の水滞を除くための知恵だと言われています。
胃腸を整え、熱を冷まし、乾きを止めて潤し、腫れ物を消し、解毒する作用と幅広い薬効があります。

黒豆
本草書に「黒い豆は薬となる」と記されていて、江戸時代では蒸した黒豆を酒に1~2ヶ月漬け込んだものを、冷え性・低血圧症の民間薬として作られていました。
腎機能を強化する働きを併せもち、体内に停滞している水分を排出し、水滞が原因である関節痛・しびれ・むくみ・腹水などの改善に役立ちます。
「まめ(健康)に暮らせますように…」という願いから、お正月の祝膳には黒豆の煮しめや蜜煮などが出されますね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】【メール便】豆三種おためしセット
価格:1080円(税込、送料無料) (2017/5/18時点)

大豆
胃腸を活性化して気力を増す「肉の畑」は、良質なたんぱく質をはじめ、脂質・ビタミン・ミネラルのバランス良く、解毒作用・食欲増進・疲労回復・浮腫・便秘の改善に有効です。
何も加工していない大豆は体を温めも冷やしもしませんが、納豆は体を温めるものに変わり、血液をサラサラにして血行をよくし、強い抗菌作用を発揮します。
豆腐は涼性に変わり、熱を冷まし体液を補って口の渇きを癒やすのですが、大豆は加工によって効能が変わります。

緑豆
豆類はほとんど体を温めもせず冷やしもせず「平性」なのですが、緑豆は「涼性」なので、暑い日に夏バテを防ぐには緑豆のお粥で回復できると言われています。
体内に停滞している熱を取り除き、余分な水分を排出する働きがあるからです。
薬物書「本草綱目」では「腫れを消し、熱性の伝染病を治す効果は小豆と同じ。緑豆は熱を冷まし毒を消す力は小豆よりある」とされていて、気力を増して胃腸の働きを整え、気や血のめぐりをよくします。

さまざまな豆を冷凍庫に用意しておくのもいいですし、今では簡単に保存できるようにお豆のミックスが販売されていますね。
災害時用にも豆の缶詰冷凍庫には常に豆を作ってストックしてありますが、私は災害時用にも豆の缶詰を用意しています。

何もない時…豆が一番効率がいい栄養のとり方だからです。

豆はにんにくやバターで炒めるだけでもいいですし、和食の煮物にもいいですね。

トマトベースのたっぷりの野菜と豆類のスープもいいと思います。

一日一回は加工品も含め、豆類を食べるようにすることを、オススメします。

 

 

 

 
 

明日の健康を司る!
温活*腸活*菌活*薬膳&ハーブ

体は自然の摂理に従っています。難しいことをするのではなく、身近で簡単なことが当たり前のように生活していくことが、健康維持への近道です。