オリゴ糖粉末と液体シロップの違い!メーカー別含有量の違いを調べた


オリゴ糖の種類と効果!腸内環境を整え善玉菌を増やす食品で菌活

前ページの続きです。

オリゴ糖粉末と液体シロップのメリット・デメリット

オリゴ糖の食品には液体と粉末の2つのタイプがあります。

粉末と液体シロップのそれぞれにメリット・デメリットがあります。

それぞれに目的があるのです。

砂糖の代替品として使用する場合、安価で甘味が強「液体タイプ」と、純正のものが多くオリゴ糖の含有量が高い「粉末タイプ」があります。

代替品として考えているのではなく、病院などで指導されているなど、健康目的の方には「粉末タイプ」がおすすめです。

粉末タイプの方が純度が高いのがメリットですが、健康を意識した健康食品の価格のものが多く、食品売り場の砂糖コーナーで売られている砂糖のオリゴ糖の含有量は、シロップとあまり変わりません。

シロップはドリンク系でも使えてとても便利ですが、デメリットは価格が高めです。

私は甘味料の代替としてのオリゴ糖は、用途に応じて粉末と液体シロップの両方を使用しています。

健康食品売り場ではなく、食品売り場で陳列されている「てんさい糖の粉末」と「シロップ」を基本としていて、様々なオリゴ糖を気が向いては使用しています。

てんさい糖に関して、様々なメリット・デメリットの情報がありますが、その件について綴っている姉妹サイトで関連記事がありますので、合わせてお読みいただくと、噂で誤解されていることなど「てんさい」について綴っています。

関連記事:てんさい糖のメリット・デメリット!体にいいのか?害があるのか?

他に甘味料は、黒砂糖と羅漢果を使っています。

羅漢果について姉妹サイトで紹介していますので、ご参考にいかがでしょう。

関連記事:天然甘味料「羅漢果」効能と副作用|ラカンカ主原料でないエリスリトールが多い商品リスト

オリゴ糖は食品からも摂ることができますが、甘味料を代替することで増やすこともできます。

様々なオリゴ糖があるので、色々なオリゴ糖を試して、好みの味や自分の体に合ったものを選び、善玉菌を増やし腸内環境を整えるパートナーとして、オリゴ糖を活用してみましょう。

腸の状態を確認できる関連記事

腸年齢チェックテスト
腸タイプチェックシート
便秘の原因を探るチェックシート
便のセルフチェック

 



オリゴ糖シロップのオリゴ糖の含有量の比較

代表的な「オリゴ糖シロップ」の食品表示です。

商品名オリゴ糖主原料含有量(100gあたり)
北海道てんさいオリゴラフィノースオリゴ糖てんさい糖蜜7.6~12g
オリゴのおかげ乳糖果糖オリゴ糖
(ラクトスクロースとガラクト)
サトウキビに含まれる「ショ糖」
牛乳に含まれる「乳糖」
30.2g
フラクトオリゴ糖フラクトオリゴ糖てんさい(北海道)40g
オリゴ糖きびブラウンフラクトオリゴ糖さとうきび(鹿児島・沖縄)40g

メーカーのHPで、確認しているのですが、わからない部分があります。

「オリゴのおかげ」の乳糖果糖オリゴ糖について、ショ糖と乳糖を原料としているとのことで、ラクトスクロースとガラクトの混合で別名「ラクトスクロース」であると書かれていて、原材料が記していません。

「フラクトオリゴ糖」の主原料は、てんさい(北海道)とされています。

「てんさい」で作られているのだから、ラフィノースオリゴ糖だと思うのですが、サトウキビで作られる「フラクトオリゴ糖」と表示されています。

ん…?実は合成されているのか?納得できないとモヤモヤ感が残ってしまいます。

食品のことなので、徹底的に調べないと気が済みません。

で!…日本オリゴ株式会社さんのお客様相談室に電話して質問しました。

とても丁寧に教えてくださいました。

まず、日本オリゴの「フラクトオリゴ糖」は、てんさいで作られているのに、ラフィノースオリゴ糖ではなく、なぜ「フラクトオリゴ糖」なのか?

それは、日本オリゴの「フラクトオリゴ糖」は、植物のてんさいを砂糖にしてからシロップを作っています。

砂糖をつくるときに絞った残りカスにラフィノースオリゴ糖が入っているため、砂糖にはラフィノースオリゴ糖が入っていないとのこと。

でも、砂糖から作ったオリゴ糖は純度が高い「フラクトオリゴ糖」なので、含有量が多いのです。

ラフィノースオリゴ糖の「北海道てんさいオリゴ」は、砂糖そのものを販売しているため、その砂糖を作ったあとの残りカスでシロップを作っています。

よって、ラフィノースオリゴ糖が入っているとのこと。

だから「北海道てんさいオリゴ」は、砂糖を製造したあとの残りカスで作っているため、ラフィノースオリゴ糖は入っているけれどオリゴ糖の含有量が少ないのだそうです。

結果的に、オリゴ糖を摂る目的の場合、消費者庁が許可している「特定保健用食品」である、日本オリゴ株式会社の「フラクトオリゴ糖」が効率よくオリゴ糖を摂ることができるとわかりました。

街のスーパーで気軽に購入できるのは、「北海道てんさいオリゴ糖」ですが、日本オリゴ株式会社の「フラクトオリゴ糖」は大きなスーパーでは陳列されていますが、探すのがちょっと大変。

私はネット通販で購入しています。なぜなら…家族が多いため、お徳用サイズがあり、とてもリーズナブルになるからですヾ(^o^;)

卓上タイプは300g・お徳用は2480gです。

 

 

 

お砂糖が害なのではなく、オリゴ糖が含まれている甘味料に切り替えることで、腸内が整うことはとても嬉しいことと考えていきましょう。

日和見菌が善玉菌になってくれるまでの月日…小さな…小さな積み重ねです。

腸内細菌を育てるのは、毎日の習慣からうまれるものです。

オリゴ糖できれいな腸内フローラを育ててきましょう。

↓当ブログ:新型コロナウイルスのページ


↓今月の健康プログラム 目次ページ↓




ベルメゾンネット


東洋人である日本人のDNAによる体質をいかした食事を心がけて…♪

The following two tabs change content below.
【「和漢膳料理研究家」女子栄養大学にて食生活指導士・漢方養生士・中医薬膳士・防災士・ペット食育士】 生涯学習コーディネーターとして、学校支援地域本部事業や成人の学習支援に参加し、生涯学習の振興発展に寄与することを目的とする自治体に登録し、公共地域の活動に参加しています。講演内容は、子どもの食育・成人の療養食・防災食・動物の「食」について、企業相談や地方講演を行っています。

関連記事

  1. 美腸ルール10とおすすめ食材10!免疫力UP腸活・菌活ダブル…

  2. 菌活乳酸菌効果「腸年齢チェックテスト」腸内細菌は出産時に受け…

  3. 菌活習慣は一過性ブームではなく毎日の食卓に!発酵食品の効果

  4. 「菌活」で健康な腸に育てよう!食材で善玉菌を増やそう!

  5. 納豆の栄養はスゴイ!夜食べるとパワーUP!+αで食材で効果的…

  6. オリゴ糖の種類と効果!腸内環境を整え善玉菌を増やす食品で菌活…

TOMOIKU総合サイト

「TOMOIKU総合サイト」は、自分らしい生き方や働き方、居心地のいいものに触れ、人生をプラスに変えて暮らしをデザインする生活情報サイトです。

子ども目線ではありませんが、同じ内容を社会の問題点として注目し、子どもの未来に関わるあらゆる情報をお届けしています。

http://tomoiku.com/

 

“漢方養生士・中医薬膳師・女子栄養大学食生活指導士”として「薬膳・ローフード・スローフードの健康的な食事」
“LOHASライフスタイリスト”として「ロハスな生活」
“愛玩動物飼養管理士&ペット食育士”
として「犬・猫・うさぎの食事」
“保育士”
として「子供の悩み相談」
“AFP(アフィリエイテッド・ファイナンシャル・プランナー)”として、企業コンプライアンス・ライフプラン・金融、保険など6つの専門分野など、企業相談や地方講演と地域の活動を行っています。

ご質問の返答は管理人“TOMOIKU京子”個人の考えが含まれます。TOMOIKU記事にまとめてお答えしています。お問い合わせから気軽に質問してください♪

tomoiku21century-01

一般社団法人 日本共育ライフ協会内
(合)共育生活研究所

tomoiku21
サイトマップで情報を探せます!

  1. 2020.07.19

    納豆の栄養はスゴイ!夜食べるとパワーUP!+αで食材で効…

  2. 2020.07.18

    ホールフードWholeFoodの一物全体食は丁寧な暮らし…

  3. 2020.07.17

    雑穀は昔からの健康法!1食で30品目の栄養を手に入れる方…

  4. 2020.07.16

    「厚揚げ」大豆加工品でおすすめ!厚揚げ・木綿豆腐・絹豆腐…

  5. 2020.07.15

    小豆(あずき)効果は?薬膳「解毒のお薬」10日に1食は小…

  6. 2020.07.14

    大豆・黒豆・枝豆の違い「畑の肉」の栄養効能を適度に取り入…

  7. 2020.07.13

    枝豆のスゴイ効果「栄養成分を凝縮させる下ごしらえ」ダイエ…

  8. 2020.07.12

    アーモンド・ナッツ類のメリットとコツ!1日食べる量は何粒…

  9. 2020.07.11

    蕎麦(そば)ヘルシー!体に良い栄養のメリットとデメリット…

  10. 2020.07.10

    発芽玄米は栄養満点!簡単な自家製レシピ!加工商品は保存・…

  1. 2020.07.19

    納豆の栄養はスゴイ!夜食べるとパワーUP!+αで食材で効…

  2. 2020.07.18

    ホールフードWholeFoodの一物全体食は丁寧な暮らし…

  3. 2020.07.17

    雑穀は昔からの健康法!1食で30品目の栄養を手に入れる方…

  4. 2020.07.16

    「厚揚げ」大豆加工品でおすすめ!厚揚げ・木綿豆腐・絹豆腐…

  5. 2020.07.15

    小豆(あずき)効果は?薬膳「解毒のお薬」10日に1食は小…

  6. 2020.07.14

    大豆・黒豆・枝豆の違い「畑の肉」の栄養効能を適度に取り入…

  7. 2020.07.13

    枝豆のスゴイ効果「栄養成分を凝縮させる下ごしらえ」ダイエ…

  8. 2020.07.12

    アーモンド・ナッツ類のメリットとコツ!1日食べる量は何粒…

  9. 2020.07.11

    蕎麦(そば)ヘルシー!体に良い栄養のメリットとデメリット…

  10. 2020.07.10

    発芽玄米は栄養満点!簡単な自家製レシピ!加工商品は保存・…

  1. 2020.06.06

    【梅の効果】食中毒やピロリ菌の予防!2週間後に飲む梅酒と…

  2. 2020.06.05

    生活習慣病予防薬膳レシピ【ホタテの炊き込みごはん】帆立効…

  3. 2020.05.29

    腸内環境を改善して免疫力アップダイエットのポイント3つ【…

  4. 2020.05.17

    トウモロコシの皮・ヒゲは捨てない!利水作用「とうもろこし…

  5. 2020.05.17

    デトックス・免疫力UP・腸内環境を整えるメニューづくり3…

  6. 2020.05.13

    たんぱく質食材をマリネにする効果「豆と魚介マリネ料理」薬…

  7. 2020.05.12

    夏の養生法|注意すべき生活と食養生~食べたい食材と夏の薬…

  8. 2020.05.11

    ぬかづけの19倍の乳酸菌「水キムチ」効果!とぎ汁不要の安…

  9. 2020.05.10

    酵素が豊富なラディッシュ(二十日大根)効果!顆粒だしを使…

  10. 2020.05.07

    香辛料の山椒(サンショウ)と花椒(ホアジャオ)の違い・効…

ベルメゾンネット