菌活習慣は一過性ブームではなく毎日の食卓に!発酵食品の効果

菌活で欠かせない「発酵」とは

古代から、目に見えない微生物の働きを応用してきた発酵食品は、人間の知恵の集積といえるでしょう。

発酵食品は、戦後冷蔵庫な家庭に普及されるはるか以前から「保存食」として重宝されていましたが、高い栄養価や整腸作用があることがわかってきました。

発酵とは、私達の目には見えない小さな微生物によって、特定の物質が、人間にとって有益な物質に変化する作用のことです。

その変化のプロセスで、私達にとって有益なものに変化したものを「発酵」、有害な物質に変化した場合「腐敗」となるのです。

菌活-発酵食品

<出典 : 日経-健康>

味噌汁の味噌やだし汁の鰹節・納豆に醤油・漬物…ワイン・ビール・日本酒という酒類や、チーズ・キムチ・塩辛・酢の物…と、発酵食品として意識して食べるものではなく、日本の食卓に当たり前のように摂っているものばかりです。

鰹節発酵とされる、カビ・酵母・細菌などの一部の微生物が人間に有益な働きをもたらすとわかったのは、偶然の産物です。

日本が「発酵大国」とも呼ばれるほど発酵食品が多く、これは日本の風土と深く関係し、周りを海で囲まれた島国であるということから魚や魚介類を豊富にとれ、これを保存したいという思いから生まれたものです。

日本の高温多湿の気候は、発酵に適した環境で、先人が自然界で見つけた保存と健康法の文化は大切にしていきたいですね。

<TOMOIKU姉妹サイト【鰹節-かつおぶし】UMAMI-旨味が日本発トレンドに!「日本人の旨み味覚」未来に託す!

発酵食品の効果

発酵食品を摂ることで得られる効果があります。

菌活は腸活に繋がるので、今まで無意識に食べていた発酵食品を、効能を知ってもうちょっと増やしてみましょう。

  • 整腸作用
    微生物が腸内環境を整え、便秘が解消!
    発酵食品に含まれる微生物が、腸内の悪玉菌を減らして善玉菌を優勢にすることで、腸内環境を整えてくれます。
    塩麹・甘酒ぶ含まれるレジスタントプロテインやオリゴ糖も整腸作用に効果があります。
  • 疲労回復
    お酢や漬物の有機酸は疲労回復効果・スタミナの回復!
    酢酸などの有機酸には、疲労回復効果があります。
    塩麹・甘酒には米の栄養や、ビタミンB群が含まれ素早くエネルギーに変えるので疲れを取ってくれます。
  • 免疫力向上
    免疫細胞を強化して病気になりにくい元気な体
    腸の粘膜には多くの免疫細胞が集中していて、発酵の力で腸内環境が整うと免疫システムも整って、免疫力が向上します。
    発酵食品の味噌は、胃がん・乳がんの予防に効果があると期待されています。
  • 精神安定
    漬物に含まれる「GABA」が脳の興奮を抑えて心が軽くなる
    漬物の乳酸菌が生み出すGABA-ギャバというアミノ酸が、脳の興奮を鎮める作用があり、ストレスを軽減させます。
    納豆にはセロトニンの生成・分泌に必要なトリプトファンが豊富に含まれていて、精神を安定させてくれます。
  • ダイエット
    血糖値を抑えて生活習慣病を予防し痩せ体質にする
    整腸効果で便秘が解消されると、太りにくい体質に改善されるのでダイエットに効果がみられます。
    酒粕に含まれるタンパク質のレジスタントプロテインは、食物繊維と似た働きをするので、腸に溜まった脂質を絡めて排出してくれます。
  • アイチェンジ
    酒粕や麹には、美肌を作るビタミンやアミノ酸などの若返り成分が多い
    酢のクエン酸は、美容に欠かすことができないミネラルの吸収を高めてくれます。
    味噌にはシミの原因となるメラニンの生成を抑える働きがあります。
    発酵食品は栄養効果だけではなく、旨味もアップしてくれるスグレモノです!



「菌活」は一過性マイブームではなく、毎日の食卓に!

ヨーグルト様々なTVや雑誌で健康法や美容法が取り上げられて、一過性のマイブームになりがちですが、特定した単一食品だけを食べ続けるようなマイブームの摂り方は、一時効果を得られても、長い目でみると体に安定性もなく、自分の食生活にリズムがなくてストレスになりがちです。

発酵食品は知らず知らずと日常で取り入れているので、ちょっとだけ意識した食生活を送るだけで、知らぬ間に体に定着した健康と美しさを手に入れられます。

発酵食品には即効性がないので、いつしか忘れてしまうこともあるのかもしれませんが、何事も継続は力なりです。

日本人のDNAに合った乳酸菌は植物性の傾向にあります。

ぬか漬けなど、気がついたら食べるようにしましょう。

塩分が気になる方は、ワカメなどといっしょに食べるようにして、塩分を排出できる食材といっしょに食べることをおすすめします。

美味しくて、お金も掛からない“究極の健康食・美容食”である発酵食品を毎日の生活食に取り入れて、健やかな生活をおくるために、発酵食品を賢く利用して菌活生活をしましょう。

↓当ブログ:新型コロナウイルスのページ


↓今月の健康プログラム 目次ページ↓




ベルメゾンネット


東洋人である日本人のDNAによる体質をいかした食事を心がけて…♪

 

The following two tabs change content below.
【「和漢膳料理研究家」女子栄養大学にて食生活指導士・漢方養生士・中医薬膳士・防災士・ペット食育士】 生涯学習コーディネーターとして、学校支援地域本部事業や成人の学習支援に参加し、生涯学習の振興発展に寄与することを目的とする自治体に登録し、公共地域の活動に参加しています。講演内容は、子どもの食育・成人の療養食・防災食・動物の「食」について、企業相談や地方講演を行っています。

関連記事

  1. 日本人の腸に合う植物性乳酸菌「ラブレ菌」京漬物の菌がヨーグル…

  2. オリゴ糖粉末と液体シロップの違い!メーカー別含有量の違いを調…

  3. オリゴ糖の種類と効果!腸内環境を整え善玉菌を増やす食品で菌活…

  4. ダブル発酵食品のチカラ「腸活×菌活の強化」腸を整え効率よく免…

  5. 菌活乳酸菌効果「腸年齢チェックテスト」腸内細菌は出産時に受け…

  6. 「菌活」で健康な腸に育てよう!食材で善玉菌を増やそう!

TOMOIKU総合サイト

「TOMOIKU総合サイト」は、自分らしい生き方や働き方、居心地のいいものに触れ、人生をプラスに変えて暮らしをデザインする生活情報サイトです。

子ども目線ではありませんが、同じ内容を社会の問題点として注目し、子どもの未来に関わるあらゆる情報をお届けしています。

http://tomoiku.com/

 

“漢方養生士・中医薬膳師・女子栄養大学食生活指導士”として「薬膳・ローフード・スローフードの健康的な食事」
“LOHASライフスタイリスト”として「ロハスな生活」
“愛玩動物飼養管理士&ペット食育士”
として「犬・猫・うさぎの食事」
“保育士”
として「子供の悩み相談」
“AFP(アフィリエイテッド・ファイナンシャル・プランナー)”として、企業コンプライアンス・ライフプラン・金融、保険など6つの専門分野など、企業相談や地方講演と地域の活動を行っています。

ご質問の返答は管理人“TOMOIKU京子”個人の考えが含まれます。TOMOIKU記事にまとめてお答えしています。お問い合わせから気軽に質問してください♪

tomoiku21century-01

一般社団法人 日本共育ライフ協会内
(合)共育生活研究所

tomoiku21
サイトマップで情報を探せます!

  1. 2020.07.01

    【7月・文月】梅雨と初夏を乗り切る食材「夏バテ対策」を考…

  2. 2020.06.29

    7月文月「暮らしの歳時記365日」四季の流れで心と体を整…

  3. 2020.06.28

    細胞の力を強くする黒い食品パワーとは?色と食材の七色健康…

  4. 2020.06.27

    細胞の力を強くする紫の食品パワーとは?色と食材の七色健康…

  5. 2020.06.26

    細胞の力を強くする白の食品パワーとは?色と食材の七色健康…

  6. 2020.06.26

    細胞の力を強くする茶の食品パワーとは?色と食材の七色健康…

  7. 2020.06.25

    細胞の力を強くする緑の食品パワーとは?色と食材の七色健康…

  8. 2020.06.25

    細胞の力を強くする黄の食品パワーとは?色と食材の七色健康…

  9. 2020.06.25

    細胞の力を強くする赤の食品パワーとは?色と食材の七色健康…

  10. 2020.06.25

    【七色健康食事法】色で簡単にバランスよい細胞の力を高める…

  1. 2020.06.25

    【七色健康食事法】色で簡単にバランスよい細胞の力を高める…

  2. 2020.06.24

    中年太りを健康でスリムに改善!体質転換期のための食品30…

  3. 2020.06.21

    体がミトコンドリア系になるための食事改善法!食品30品目…

  4. 2020.06.19

    「菌活」で健康な腸に育てよう!食材で善玉菌を増やそう!

  5. 2020.06.17

    体も心もキレイになる最短方法「腸活」健康生活の基本

  6. 2020.06.11

    野菜に含まれる「食物繊維」効果と効率的に摂る調理法

  7. 2020.06.11

    野菜に含まれる「ミネラル」効果と効率的に摂る調理法

  8. 2020.06.11

    野菜に含まれる「ビタミン」効果と効率的に摂る調理法

  9. 2020.06.11

    野菜に含まれる代表的栄養素3つを効率的に摂る調理

  10. 2020.06.10

    野菜のファイトケミカル8つの効果(2)生活習慣病予防と改…

  1. 2020.06.06

    【梅の効果】食中毒やピロリ菌の予防!2週間後に飲む梅酒と…

  2. 2020.06.05

    生活習慣病予防薬膳レシピ【ホタテの炊き込みごはん】帆立効…

  3. 2020.05.29

    腸内環境を改善して免疫力アップダイエットのポイント3つ【…

  4. 2020.05.17

    トウモロコシの皮・ヒゲは捨てない!利水作用「とうもろこし…

  5. 2020.05.17

    デトックス・免疫力UP・腸内環境を整えるメニューづくり3…

  6. 2020.05.13

    たんぱく質食材をマリネにする効果「豆と魚介マリネ料理」薬…

  7. 2020.05.12

    夏の養生法|注意すべき生活と食養生~食べたい食材と夏の薬…

  8. 2020.05.11

    ぬかづけの19倍の乳酸菌「水キムチ」効果!とぎ汁不要の安…

  9. 2020.05.10

    酵素が豊富なラディッシュ(二十日大根)効果!顆粒だしを使…

  10. 2020.05.07

    香辛料の山椒(サンショウ)と花椒(ホアジャオ)の違い・効…

ベルメゾンネット