漢方食材「ゆり根」の効果効能!粘膜を守り咳を止め肺を潤す

秋の乾燥から呼吸器の粘膜を守る野菜として、秋から冬にかけて出回ります。

おせち料理でも使われる野菜「ユリ根」ですが、新型コロナウイルスの対策として粘膜を潤すことから、今は春ですが紹介することにしました。

ゆり根とは…古くから漢方の薬用

ゆり根とは、英語で「Lily bulb」漢方では百合(びゃくごう)と呼ばれています。

ユリ科の植物の球根の部分で、玉ねぎ・にんにく・らっきょうの仲間ですが、様々な種類がありその多くはアクが強すぎて、食用には適しません。

現在食用とされているのは、ヤマユリ、オニユリ、コオニユリ、カノコユリの4種類とされ、食用に育てられています。

ユリ根は京都で多く栽培されていて、8月頃から秋にかけて収穫され、北海道では10月頃から収穫がはじまるので、ぬかに埋めて保存し、お正月の料理に使われています。

ユリ根がよく使われるのはおせち料理のきんとん、甘露煮や、茶碗蒸しなどにも使われます。

おいものようなホクホク感とほんのりとした甘みと上品な味わいから、京料理によく使われているような気がします。

薬膳の食養生の食材として乾燥したものもありますが、生のものでもぬかと一緒に流通されており、冷蔵庫などで保存すれば数ヶ月は保存できます。

ゆり根の形は、まるで花のように鱗茎(りんけい)が幾重にも重なっていることから、「年を重ねる」という意味で縁起物とされています。

古来ではゆりには霊的な力があると信じられ、その力で天上の扉を開いてくれると信じられていたため、 「新たな一年を無病息災で暮らせるように」との願いや、子孫繁栄を天に祈る意味も込められています。

食用ゆり根に含まれる栄養

ゆり根は芋などと同じように、主な成分は炭水化物で栄養価も高く、じゃがいもの2倍のタンパク質が含まれていることから、滋養強壮に良い食べ物です

他の食材では摂りづらいカリウムや葉酸・リンなどの栄養素が摂れるため、非常に優れた食材の一つです。

  • カリウム
    ゆり根は、むくみの原因となる、余分なナトリウムを体内から排出し水分量を調節させ、腎臓に溜まりやすい老廃物の排泄を促す働きや、血圧を下げるので高血圧の予防になります。
    カリウム含有量は100gあたり740mgもあり、トップクラスの量と言われています。
  • 葉酸
    葉酸は貧血対策になるビタミンのひとつで、葉酸が豊富に含まれる野菜や果物よりも高く、100gあたり77μg含まれています。
    ストレス耐性を高める効果や、糖代謝を活発にして食べ物を効率よくエネルギーに変える働きをしてくれます。
    妊婦さんや妊娠前女性にとっては大切な栄養素で、お腹の中で胎児が育つときに、先天性の異常を排除する効果があります。
  • 食物繊維
    ゆり根には100gあたり、体内の有害な物質の吸収を妨げてくれる水溶性食物繊維が3.3g、腸壁を刺激して便の排出を促してくれる働きがある不溶性食物繊維が2.1g含まれていて、水溶性と不溶性の食物繊維を、バランスよく含む食材です。

ゆり根にはコレステロールの上昇を抑えるグルコマンナンも豊富で、他に鉄・リンなど、他の食材では摂りづらい栄養素が摂れるため非常に優れた食材の一つです。

食用ゆり根の効果効能

ゆり根は通年販売されていますが、旬の秋口に収穫した採れたてのものが最も良く、漢方・薬膳では乾燥されたものも用います。

ゆり根は中国や日本でも、古くから漢方の薬用として、秋の乾燥から呼吸器の粘膜を守り、肺を潤して咳を止めるのに優れた効果があり、滋養強壮や利尿の他に、精神を安定させてイライラを解消するなどの鎮静作用の薬用として処方されます。

ゆり根には粘性の高いビタミンが含まれているので、毎日継続して食べることによって、新陳代謝に効果的とされ、ゆり根に含まれている天然の抗酸化物質によって、白血球の働きや造血作用を高めてくます。

外敵から体を守る単核細胞や貪食細胞を増やし、化学療法や放射線治療による細胞の機能低下を防ぎ、免疫力を高める効果が注目されています。



食用ゆり根の食べ方

ゆり根は、100gあたり125kcalで、炭水化物が多くサツマイモとほぼ同じカロリーです。

ユリ根は火をあまり通さないで食べるとシャキシャキしていて、火を通すとホクホクし、もっと火を通すとネバネバした食感になり、火を通す時間で食感が変わる野菜です。

ゆり根は、ホクホクした状態で食べる料理が好まれる方が多く、お粥などのトッピングや、茶碗蒸しやみそ汁などの具材で使ってみましょう。

これからレシピも追記していきますが、生のゆり根は入手しにくい食材でもあるので、薬膳教室では乾燥物を利用することが多いです。

是非、粘膜を強化して肺を潤すウイルス対策に、ゆり根も加えてください。

↓当ブログ:新型コロナウイルスのページ


↓今月の健康プログラム 目次ページ↓




ベルメゾンネット


東洋人である日本人のDNAによる体質をいかした食事を心がけて…♪

 

The following two tabs change content below.
【「和漢膳料理研究家」女子栄養大学にて食生活指導士・漢方養生士・中医薬膳士・防災士・ペット食育士】 生涯学習コーディネーターとして、学校支援地域本部事業や成人の学習支援に参加し、生涯学習の振興発展に寄与することを目的とする自治体に登録し、公共地域の活動に参加しています。講演内容は、子どもの食育・成人の療養食・防災食・動物の「食」について、企業相談や地方講演を行っています。

関連記事

  1. 枝豆のスゴイ効果「栄養成分を凝縮させる下ごしらえ」ダイエット…

  2. 漢方食材「白木耳・白きくらげ」効果効能!美容・滋養・肺を潤し…

  3. 蕎麦(そば)ヘルシー!体に良い栄養のメリットとデメリット

  4. 【はと麦】肌荒れや子供の“水いぼ”の悩み!薬膳ハトムギの簡単…

  5. 雑穀は昔からの健康法!1食で30品目の栄養を手に入れる方法と…

  6. 小豆(あずき)効果は?薬膳「解毒のお薬」10日に1食は小豆粥…

TOMOIKU総合サイト

「TOMOIKU総合サイト」は、自分らしい生き方や働き方、居心地のいいものに触れ、人生をプラスに変えて暮らしをデザインする生活情報サイトです。

子ども目線ではありませんが、同じ内容を社会の問題点として注目し、子どもの未来に関わるあらゆる情報をお届けしています。

http://tomoiku.com/

 

“漢方養生士・中医薬膳師・女子栄養大学食生活指導士”として「薬膳・ローフード・スローフードの健康的な食事」
“LOHASライフスタイリスト”として「ロハスな生活」
“愛玩動物飼養管理士&ペット食育士”
として「犬・猫・うさぎの食事」
“保育士”
として「子供の悩み相談」
“AFP(アフィリエイテッド・ファイナンシャル・プランナー)”として、企業コンプライアンス・ライフプラン・金融、保険など6つの専門分野など、企業相談や地方講演と地域の活動を行っています。

ご質問の返答は管理人“TOMOIKU京子”個人の考えが含まれます。TOMOIKU記事にまとめてお答えしています。お問い合わせから気軽に質問してください♪

tomoiku21century-01

一般社団法人 日本共育ライフ協会内
(合)共育生活研究所

tomoiku21
サイトマップで情報を探せます!

  1. 2020.07.19

    納豆の栄養はスゴイ!夜食べるとパワーUP!+αで食材で効…

  2. 2020.07.18

    ホールフードWholeFoodの一物全体食は丁寧な暮らし…

  3. 2020.07.17

    雑穀は昔からの健康法!1食で30品目の栄養を手に入れる方…

  4. 2020.07.16

    「厚揚げ」大豆加工品でおすすめ!厚揚げ・木綿豆腐・絹豆腐…

  5. 2020.07.15

    小豆(あずき)効果は?薬膳「解毒のお薬」10日に1食は小…

  6. 2020.07.14

    大豆・黒豆・枝豆の違い「畑の肉」の栄養効能を適度に取り入…

  7. 2020.07.13

    枝豆のスゴイ効果「栄養成分を凝縮させる下ごしらえ」ダイエ…

  8. 2020.07.12

    アーモンド・ナッツ類のメリットとコツ!1日食べる量は何粒…

  9. 2020.07.11

    蕎麦(そば)ヘルシー!体に良い栄養のメリットとデメリット…

  10. 2020.07.10

    発芽玄米は栄養満点!簡単な自家製レシピ!加工商品は保存・…

  1. 2020.07.19

    納豆の栄養はスゴイ!夜食べるとパワーUP!+αで食材で効…

  2. 2020.07.18

    ホールフードWholeFoodの一物全体食は丁寧な暮らし…

  3. 2020.07.17

    雑穀は昔からの健康法!1食で30品目の栄養を手に入れる方…

  4. 2020.07.16

    「厚揚げ」大豆加工品でおすすめ!厚揚げ・木綿豆腐・絹豆腐…

  5. 2020.07.15

    小豆(あずき)効果は?薬膳「解毒のお薬」10日に1食は小…

  6. 2020.07.14

    大豆・黒豆・枝豆の違い「畑の肉」の栄養効能を適度に取り入…

  7. 2020.07.13

    枝豆のスゴイ効果「栄養成分を凝縮させる下ごしらえ」ダイエ…

  8. 2020.07.12

    アーモンド・ナッツ類のメリットとコツ!1日食べる量は何粒…

  9. 2020.07.11

    蕎麦(そば)ヘルシー!体に良い栄養のメリットとデメリット…

  10. 2020.07.10

    発芽玄米は栄養満点!簡単な自家製レシピ!加工商品は保存・…

  1. 2020.06.06

    【梅の効果】食中毒やピロリ菌の予防!2週間後に飲む梅酒と…

  2. 2020.06.05

    生活習慣病予防薬膳レシピ【ホタテの炊き込みごはん】帆立効…

  3. 2020.05.29

    腸内環境を改善して免疫力アップダイエットのポイント3つ【…

  4. 2020.05.17

    トウモロコシの皮・ヒゲは捨てない!利水作用「とうもろこし…

  5. 2020.05.17

    デトックス・免疫力UP・腸内環境を整えるメニューづくり3…

  6. 2020.05.13

    たんぱく質食材をマリネにする効果「豆と魚介マリネ料理」薬…

  7. 2020.05.12

    夏の養生法|注意すべき生活と食養生~食べたい食材と夏の薬…

  8. 2020.05.11

    ぬかづけの19倍の乳酸菌「水キムチ」効果!とぎ汁不要の安…

  9. 2020.05.10

    酵素が豊富なラディッシュ(二十日大根)効果!顆粒だしを使…

  10. 2020.05.07

    香辛料の山椒(サンショウ)と花椒(ホアジャオ)の違い・効…

ベルメゾンネット