「腸は第二の脳」脳の司令なしに働ける腸が心と体の健康を左右する!?


腸が健康を左右する!?

最近話題となることが多い「腸内フローラ」

腸内フローラとは、腸管における腸内細菌の様相で、「腸内細菌叢/ちょうないさいきんそう」と言い、健康に生きていくために重要な働きがあります。

顕微鏡で腸の中を覗くと「フローラ=花畑」のように見えることから、腸内フローラと呼ばれるようになったのです。

腸の長さは6mで広げることでテニスコート1面分・重さは1~1.5kgです。

腸内細菌のバランスが悪くなると便秘になり、免疫力が低下したり、脳内ホルモンのバランスが崩れるといったことが起こるなど、体内の免疫システムの大半が腸に由来しています。

腸内環境が悪くなると身体全体の免疫力も低下・免疫力が落ちると風邪を引きやすくなる…など、病気にかかるリスクが上がるというしくみです。

つまり、腸内環境を整えることが健康を維持するためにはとても大切なことなのです。

腸内環境を整える情報は多くありますが、腸内フローラは国や地域によって同じ傾向にありますが、1人1人違うことから、同じ健康法を例にしても意味のないことや、若しくは害になることがわかっています。

日本人が海外で長期間滞在していると、日本食が食べたくなるのは、生活習慣と食が変わったため、腸内環境が急に変わってしまうからです。

腸内細菌には元に戻そうという本能があり、脳と腸とは迷走神経でつながっていることから、日本食を食べたくなるのではないか…という説があります。

その「腸」は、脳にも密接にかかわっていて、脳の司令なしでも動いています。

脳の司令なしに働ける第二の脳「腸」

腸の主な役割は、体内に取り込んだ食物を消化、栄養分を吸収し、便として排出する。

それが一般的に知られている腸のはたらきですが、実は腸は「第二の脳」とも呼ばれている重要な臓器です。

人は脳の司令によって動いているので、腸も脳に支配されていると思われがちです。

しかし、最近の研究で、腸は脳の司令なしに働くことができことから、どちらかというと「腸が脳を支配している」と言えます。

第二の脳「腸」があなたの思考や感情をコントロール

昔から「腹をくくる」「断腸の思い」「腸(はらわた)が煮えくりかえる」「腹の中を探る」など、「腸」が「脳」に似た何らかの働きをしていることを先人たちは経験的に知っていたのかもしれません。

精神状態を安定させ、ポジティブな気持ちや精神的な安らぎを作り出す幸せホルモンの「セロトニン」や「ドーパミン」。

その神経伝達物質である「セロトニン」や「ドーパミン」の95%は腸で作られています。

「腸」には脊髄に匹敵する数の神経細胞が存在し、体内に有害な物質が入ってくると、「脳」の判断を待たずに大量の分泌液を出して下痢を引き起こし体内から排出しようとする働きをします。

腸は脳から独立して働くことができる唯一の臓器で、腸が第二の脳と呼ばれる理由はそこにあります。

このように、人の体には頭脳以外の”脳腸”が存在し、頭脳にも負けない…それ以上に重要な役割を担っていることが分かってきました。

どうしたら「腸」を育てられるのか?

脳と同じ…それ以上の働きをするのであれば、「腸」をきれいに掃除したくなりますね。

そして、善玉菌が元気に働いてくれる環境を維持したくなります。

では…どうしたらいいのか?

東京医科歯科大学名誉教授の腸のパイオニア 藤田 紘一郎氏は「簡単だ!」と言います。

「日本の伝統食への回帰、これを実行すること」で腸内細菌を増やすことができるとのこと。

欧米の食文化で肉などを中心にファーストフード系の食事が増えた日本。

腸が乱れている現代人は、伝統的な和食の材料であるイモ、ニンジン、ゴボウ、大豆などを使用し、ぬか漬けなどで腸を整え、日本食には腸内細菌が好む食物繊維をたっぷりとることが必須のようです。

日本食とはいえ、味付けなどは自由なのですから、食材を意識することが一番!

食物繊維・こうした食材をたくさん食べることで、腸が作りだす「幸せ物質」を増やすことができるのです。

「乱腸食品」を食べるのをやめて、「整腸食品」を家庭料理に取り入れる

体に溜まった毒素を排出させる

そして、旬のモノのエネルギー力を取り入れることです。

腸は心と体の健康を司っていることを4編に渡って紹介してきました。

私たちが住む日本には、四季があり旬のものは普段食べる栄養以上のパワーがあります。

当サイトでは1年365項目を意識・実践することで、1年後の心と体を元気になるように綴っていきます。

↓当ブログ:新型コロナウイルスのページ


↓今月の健康プログラム 目次ページ↓




ベルメゾンネット


東洋人である日本人のDNAによる体質をいかした食事を心がけて…♪

 

The following two tabs change content below.
【「和漢膳料理研究家」女子栄養大学にて食生活指導士・漢方養生士・中医薬膳士・防災士・ペット食育士】 生涯学習コーディネーターとして、学校支援地域本部事業や成人の学習支援に参加し、生涯学習の振興発展に寄与することを目的とする自治体に登録し、公共地域の活動に参加しています。講演内容は、子どもの食育・成人の療養食・防災食・動物の「食」について、企業相談や地方講演を行っています。

関連記事

  1. 心と体を整え元気になる方法!腸があなたを司る「暮らしと食の歳…

  2. お餅を食べると疲労回復?体に良いトッピング5つ!鏡餅は歳神様…

  3. 体も心もキレイになる最短方法「腸活」健康生活の基本

  4. 解毒(デトックス)は、食べることと同じぐらい意識する「食と暮…

  5. 3月~春の季節の変わり目は体調不良になりやすい!新陳代謝と肝…

  6. 5つの美腸習慣でペラペラ腸の便秘やメタボを改善!腸活は育菌の…

TOMOIKU総合サイト

「TOMOIKU総合サイト」は、自分らしい生き方や働き方、居心地のいいものに触れ、人生をプラスに変えて暮らしをデザインする生活情報サイトです。

子ども目線ではありませんが、同じ内容を社会の問題点として注目し、子どもの未来に関わるあらゆる情報をお届けしています。

http://tomoiku.com/

 

“漢方養生士・中医薬膳師・女子栄養大学食生活指導士”として「薬膳・ローフード・スローフードの健康的な食事」
“LOHASライフスタイリスト”として「ロハスな生活」
“愛玩動物飼養管理士&ペット食育士”
として「犬・猫・うさぎの食事」
“保育士”
として「子供の悩み相談」
“AFP(アフィリエイテッド・ファイナンシャル・プランナー)”として、企業コンプライアンス・ライフプラン・金融、保険など6つの専門分野など、企業相談や地方講演と地域の活動を行っています。

ご質問の返答は管理人“TOMOIKU京子”個人の考えが含まれます。TOMOIKU記事にまとめてお答えしています。お問い合わせから気軽に質問してください♪

tomoiku21century-01

一般社団法人 日本共育ライフ協会内
(合)共育生活研究所

tomoiku21
サイトマップで情報を探せます!

  1. 2020.07.19

    納豆の栄養はスゴイ!夜食べるとパワーUP!+αで食材で効…

  2. 2020.07.18

    ホールフードWholeFoodの一物全体食は丁寧な暮らし…

  3. 2020.07.17

    雑穀は昔からの健康法!1食で30品目の栄養を手に入れる方…

  4. 2020.07.16

    「厚揚げ」大豆加工品でおすすめ!厚揚げ・木綿豆腐・絹豆腐…

  5. 2020.07.15

    小豆(あずき)効果は?薬膳「解毒のお薬」10日に1食は小…

  6. 2020.07.14

    大豆・黒豆・枝豆の違い「畑の肉」の栄養効能を適度に取り入…

  7. 2020.07.13

    枝豆のスゴイ効果「栄養成分を凝縮させる下ごしらえ」ダイエ…

  8. 2020.07.12

    アーモンド・ナッツ類のメリットとコツ!1日食べる量は何粒…

  9. 2020.07.11

    蕎麦(そば)ヘルシー!体に良い栄養のメリットとデメリット…

  10. 2020.07.10

    発芽玄米は栄養満点!簡単な自家製レシピ!加工商品は保存・…

  1. 2020.07.19

    納豆の栄養はスゴイ!夜食べるとパワーUP!+αで食材で効…

  2. 2020.07.18

    ホールフードWholeFoodの一物全体食は丁寧な暮らし…

  3. 2020.07.17

    雑穀は昔からの健康法!1食で30品目の栄養を手に入れる方…

  4. 2020.07.16

    「厚揚げ」大豆加工品でおすすめ!厚揚げ・木綿豆腐・絹豆腐…

  5. 2020.07.15

    小豆(あずき)効果は?薬膳「解毒のお薬」10日に1食は小…

  6. 2020.07.14

    大豆・黒豆・枝豆の違い「畑の肉」の栄養効能を適度に取り入…

  7. 2020.07.13

    枝豆のスゴイ効果「栄養成分を凝縮させる下ごしらえ」ダイエ…

  8. 2020.07.12

    アーモンド・ナッツ類のメリットとコツ!1日食べる量は何粒…

  9. 2020.07.11

    蕎麦(そば)ヘルシー!体に良い栄養のメリットとデメリット…

  10. 2020.07.10

    発芽玄米は栄養満点!簡単な自家製レシピ!加工商品は保存・…

  1. 2020.06.06

    【梅の効果】食中毒やピロリ菌の予防!2週間後に飲む梅酒と…

  2. 2020.06.05

    生活習慣病予防薬膳レシピ【ホタテの炊き込みごはん】帆立効…

  3. 2020.05.29

    腸内環境を改善して免疫力アップダイエットのポイント3つ【…

  4. 2020.05.17

    トウモロコシの皮・ヒゲは捨てない!利水作用「とうもろこし…

  5. 2020.05.17

    デトックス・免疫力UP・腸内環境を整えるメニューづくり3…

  6. 2020.05.13

    たんぱく質食材をマリネにする効果「豆と魚介マリネ料理」薬…

  7. 2020.05.12

    夏の養生法|注意すべき生活と食養生~食べたい食材と夏の薬…

  8. 2020.05.11

    ぬかづけの19倍の乳酸菌「水キムチ」効果!とぎ汁不要の安…

  9. 2020.05.10

    酵素が豊富なラディッシュ(二十日大根)効果!顆粒だしを使…

  10. 2020.05.07

    香辛料の山椒(サンショウ)と花椒(ホアジャオ)の違い・効…

ベルメゾンネット