【あさりと菜の花の潮汁】食材ダブル効果でデトックス!丁寧な暮らしの薬膳レシピ




あさりと菜の花のお吸い物の薬膳ダブル効果!

森の熊さんのように冬眠までしなくても、人間の体も休眠状態の冬。

桜の咲く春には、むくみ・便秘・冬の血行不良・器官不全などで溜まってしまった毒素を徹底デトックスするお吸いも物の紹介です。

あさりと葉の花の効能はデトックスに最強なダブル効果です。

食材【あさりの効能】
肝臓の機能を高め血を補う・余分な熱や水分を解消する・精神を安定させる

食材【菜の花の効能】
気や血の滞りを解消する・肝臓の機能を高める

五月病と言われるように、春の初めはイライラや気の疲れがあります。

溜まった毒素を解消する薬膳料理をおすすめします。

SPONSORED LINK



あさりと菜の花の潮汁(お吸い物)丁寧な暮らしの薬膳レシピ

薬膳効果をアップさせるためにも、できることなら無添加の顆粒ダシを使用するか、紙パックにダシ素材が入っているものを使用した方が、自然な旨味成分でいただけます。

今回はあさりの潮の旨みも生かした素朴な「あさりと葉の花の潮汁」で、昆布とあさりの潮汁です。

昆布の旨味の主成分はグルタミン酸ナトリウムでこの旨味成分で減塩が可能となります。
TOMOIKU総合サイト:ミネラルの宝庫!昆布を簡単に摂る方法-「水出し」と「インスタント」!子供から高齢者の必須食材

< 材料(4人分)>あさりの食材効果

  • あさり 100g
  • 菜の花 お好み
  • 昆布(5cm角) 1枚
  • 塩 1g
  • 酒 15cc

< 作り方 >

  1. あさりは塩水で砂抜きをして、殻をこするように表面をきれいにする。
  2. 菜の花は食べやすい大きさにカットしておく。
  3. 鍋に水・昆布・酒・アサリを入れて強火にかけ、塩で味を整える。
  4. 鍋が沸騰して貝が開いたら弱火にして、菜の花の茎の部分を先に鍋に入れ、10秒後ぐらいに葉花の部分を入れて10秒ほどでできあがりです。

 

ya013あさりと菜の花の塩汁は、良質のタンパク源でもあり、水溶性の成分のビタミンB12、タウリンなど、溶け出てしまう栄養分や旨味成分を、煮汁にすることによってすべてを摂ることができる調理方法です。

肝臓の解毒酵素の働きを促し解毒機能を高める効果、血の質を高めてめぐりを良くし、鉄分や葉酸が豊富なので造血を促す効果があります。

毒素の排泄を促してくれるので吹き出物などのお肌のトラブルを解消する作用があるので、特に女性が気になる、貧血や美容トラブルに効果を発揮する嬉しい潮汁です。

今回ブログ用の写真なので、菜の花を飾りとしていますが、もうちょっと葉の花を添えています(*^^*)

↓当ブログ:新型コロナウイルスのページ


↓今月の健康プログラム 目次ページ↓




ベルメゾンネット


東洋人である日本人のDNAによる体質をいかした食事を心がけて…♪

The following two tabs change content below.
【「和漢膳料理研究家」女子栄養大学にて食生活指導士・漢方養生士・中医薬膳士・防災士・ペット食育士】 生涯学習コーディネーターとして、学校支援地域本部事業や成人の学習支援に参加し、生涯学習の振興発展に寄与することを目的とする自治体に登録し、公共地域の活動に参加しています。講演内容は、子どもの食育・成人の療養食・防災食・動物の「食」について、企業相談や地方講演を行っています。

関連記事

  1. 春のデトックス!体を整え代謝アップ「毒出しスープと副菜」レシ…

  2. 春のデトックス「ふきの炒り煮・青煮・きんぴら」3点作り置きレ…

  3. デトックス・免疫力UP・腸内環境を整えるメニューづくり3つの…

  4. 酵素が豊富なラディッシュ(二十日大根)効果!顆粒だしを使った…

  5. 春の養生とリラックス効果がある身近な薬膳茶!女子力アップ薬膳…

  6. 【筍-たけのこ】デトックス・薬膳効果で腸活!下ごしらえから料…

TOMOIKU総合サイト

「TOMOIKU総合サイト」は、自分らしい生き方や働き方、居心地のいいものに触れ、人生をプラスに変えて暮らしをデザインする生活情報サイトです。

子ども目線ではありませんが、同じ内容を社会の問題点として注目し、子どもの未来に関わるあらゆる情報をお届けしています。

http://tomoiku.com/

 

“漢方養生士・中医薬膳師・女子栄養大学食生活指導士”として「薬膳・ローフード・スローフードの健康的な食事」
“LOHASライフスタイリスト”として「ロハスな生活」
“愛玩動物飼養管理士&ペット食育士”
として「犬・猫・うさぎの食事」
“保育士”
として「子供の悩み相談」
“AFP(アフィリエイテッド・ファイナンシャル・プランナー)”として、企業コンプライアンス・ライフプラン・金融、保険など6つの専門分野など、企業相談や地方講演と地域の活動を行っています。

ご質問の返答は管理人“TOMOIKU京子”個人の考えが含まれます。TOMOIKU記事にまとめてお答えしています。お問い合わせから気軽に質問してください♪

tomoiku21century-01

一般社団法人 日本共育ライフ協会内
(合)共育生活研究所

tomoiku21
サイトマップで情報を探せます!

  1. 2020.07.19

    納豆の栄養はスゴイ!夜食べるとパワーUP!+αで食材で効…

  2. 2020.07.18

    ホールフードWholeFoodの一物全体食は丁寧な暮らし…

  3. 2020.07.17

    雑穀は昔からの健康法!1食で30品目の栄養を手に入れる方…

  4. 2020.07.16

    「厚揚げ」大豆加工品でおすすめ!厚揚げ・木綿豆腐・絹豆腐…

  5. 2020.07.15

    小豆(あずき)効果は?薬膳「解毒のお薬」10日に1食は小…

  6. 2020.07.14

    大豆・黒豆・枝豆の違い「畑の肉」の栄養効能を適度に取り入…

  7. 2020.07.13

    枝豆のスゴイ効果「栄養成分を凝縮させる下ごしらえ」ダイエ…

  8. 2020.07.12

    アーモンド・ナッツ類のメリットとコツ!1日食べる量は何粒…

  9. 2020.07.11

    蕎麦(そば)ヘルシー!体に良い栄養のメリットとデメリット…

  10. 2020.07.10

    発芽玄米は栄養満点!簡単な自家製レシピ!加工商品は保存・…

  1. 2020.07.19

    納豆の栄養はスゴイ!夜食べるとパワーUP!+αで食材で効…

  2. 2020.07.18

    ホールフードWholeFoodの一物全体食は丁寧な暮らし…

  3. 2020.07.17

    雑穀は昔からの健康法!1食で30品目の栄養を手に入れる方…

  4. 2020.07.16

    「厚揚げ」大豆加工品でおすすめ!厚揚げ・木綿豆腐・絹豆腐…

  5. 2020.07.15

    小豆(あずき)効果は?薬膳「解毒のお薬」10日に1食は小…

  6. 2020.07.14

    大豆・黒豆・枝豆の違い「畑の肉」の栄養効能を適度に取り入…

  7. 2020.07.13

    枝豆のスゴイ効果「栄養成分を凝縮させる下ごしらえ」ダイエ…

  8. 2020.07.12

    アーモンド・ナッツ類のメリットとコツ!1日食べる量は何粒…

  9. 2020.07.11

    蕎麦(そば)ヘルシー!体に良い栄養のメリットとデメリット…

  10. 2020.07.10

    発芽玄米は栄養満点!簡単な自家製レシピ!加工商品は保存・…

  1. 2020.06.06

    【梅の効果】食中毒やピロリ菌の予防!2週間後に飲む梅酒と…

  2. 2020.06.05

    生活習慣病予防薬膳レシピ【ホタテの炊き込みごはん】帆立効…

  3. 2020.05.29

    腸内環境を改善して免疫力アップダイエットのポイント3つ【…

  4. 2020.05.17

    トウモロコシの皮・ヒゲは捨てない!利水作用「とうもろこし…

  5. 2020.05.17

    デトックス・免疫力UP・腸内環境を整えるメニューづくり3…

  6. 2020.05.13

    たんぱく質食材をマリネにする効果「豆と魚介マリネ料理」薬…

  7. 2020.05.12

    夏の養生法|注意すべき生活と食養生~食べたい食材と夏の薬…

  8. 2020.05.11

    ぬかづけの19倍の乳酸菌「水キムチ」効果!とぎ汁不要の安…

  9. 2020.05.10

    酵素が豊富なラディッシュ(二十日大根)効果!顆粒だしを使…

  10. 2020.05.07

    香辛料の山椒(サンショウ)と花椒(ホアジャオ)の違い・効…

ベルメゾンネット