あさり薬膳効能-肝機能UP・コレステロール減少!旨味UPの方法

あさりは冬の毒を解毒(デトックス)する!肝機能UP・コレステロール減少・貧血予防!

寒い2月から海の海藻や貝達も春の感じるのか春には「旬」となります。

あさりの身がぷっくりと太って、旨味成分も増してもっともおいしくなり、薬効を考えても春に食べるのが最適です。

あさりは縄文時代の貝塚にも使用しているように、古くから食されているように、療養食とされています。

春は冬に溜まっている老廃物や毒素を解毒(デトックス)して、肝臓を養生することが大切です。

春先に旬を迎えるあさりには「肝の働きを補う食材」で、肝は血液を貯蔵する器官ですが、あさりは血を補う食材とされ、貧血予防に役立ちます。

春の陽気の上昇とともに、上半身に熱がこもりやすく、多汗・鼻血・口の渇き・のぼせ・めまい・不眠など起こしやすいのですが、そのような熱を冷ます作用があるので、春独特の症状も改善します。

あさり栄養価<資料:slism>

肝臓の解毒作用を助けるタウリン・血液中のヘモグロビンの成分となる鉄分・赤血球を産生するビタミンB12が豊富に含まれていて、化学的にも薬効が裏付けられているのが「あさり」です。

あさりで春先に多いトラブル改善!薬膳的な効能

低い脂肪分と高いタンパク質で魅力的なあさり。

ビタミンB12は貝類で最高の含有量で、他にビタミンB2・鉄分・マグネシウム・ビタミン・ミネラル類を多く含んでいます。

ビタミンB12は体内で合成できないので必要不可欠な成分です。

薬膳的解釈

[五味-鹹甘味・五性-寒性・帰経-肝腎脾

  • 五味-鹹甘味
    鹹味:かたいものをやわらかくしたり、排泄を促す作用
    甘味:緊張を緩めたり、味を中和する作用
  • 五性-寒性
    体の熱を冷ます食材
  • 帰経-肝肺脾
    :気機を調節し蔵血する
    :生命力を蓄える機能
    :運化・昇清・統血を司る

 

動脈硬化予防として血中コレステロールを減少させることに有効とされて、アミノ酸の一種であるタウリンという成分が多く含まれているので、血液中の余分なコレステロールを抑え、肝機能の働きを高める効果があります。

あさりの食材効果

あさりの食材効果

  • 補酵素となる働き
  • 肝臓の機能を強化
  • 血中コレステロールを減少
  • 血圧を下げる効果
  • 心臓強化
  • アルコール障害の改善
  • 糖尿病の防止
  • 新陳代謝の促進
  • 味覚の正常化
  • 生殖機能の向上
  • 神経伝達物質の働きを調節
  • 利尿効果があり浮腫みを解消  など

 



塩抜き・調理方法・保存の仕方を変えると味や摂れる栄養分が違う!

ya013
塩抜き
あさり塩抜き砂抜きの際は、海水程度の塩水(海水の塩分は約3%程度なので、水500mlに塩大さじ1杯)を、あさりが重ならないくらいのサイズのバットに並べます。

私は100円均一のパットと網がが一式になっているモノを使用しています。

あさりが吐いた砂を再度吸い込むことがないので、完璧に砂を排除できます。

バットにあさりを置いてからあさりの頭が少し出るくらいひたひたに塩水を注いで、購入してきたものなら2~3時間・潮干狩りで取ったものなら一晩程度常温で砂抜きをしましょう。

調理方法
塩抜きしたあさりを加熱したときに出る汁にうま味成分と栄養素がたっぷり含まれているので、煮汁を一緒に摂れるような調理法がオススメです。

汁をすべていただけるようなスープ風の料理(あさりの酒蒸し・ボンゴレパスタ)など、栄養を無駄なく摂れる炊き込みご飯や味噌汁・スープなどがおすすめです。

保存方法

冷蔵
あさりの保存温度は、10~15℃程度なので冬場以外は常温では危険です。

スーパーで購入してきたものでパックに入ってるものは、砂抜きされている状態なので、冷蔵庫に入れて保存できます。

塩抜きしなければならないあさりは、ボールに塩水を入れて冷蔵庫で保存しますが、潮吹きで庫内な水だらけにならないように、キッチンペーパーや新聞などでフタをしておきましょう。

あさりの旨みをアップさせる方法

生あさりを殻付きで冷凍すると2ヶ月の保存期間になります。

安く売られている時に多めに購入して、塩抜きしてぬめりや汚れを取るように洗い、ジップロックで1回分を冷凍しています。

アサリの旨味は、冷凍することでグルタミン酸とイノシン酸という旨味成分がアップ!

アサリを購入したら、砂抜きしてまず冷凍!

旨味がアップするので、とても得した気持ちになります。

冷凍で身がぷっくらするようにする方法

ジップロックに入れたあさりの隙間に氷水を注ぐのですが、水の量はあさりの隙間がうまる程度。

お水が溢れないように冷凍されるまではタッパーなどをジップロックの下に置いておくといいですよ。

冷凍した方が旨みをアップする食材で代表的なものは「キノコ類」ですが、あさりも冷凍することで本当に美味しくなります!

↓当ブログ:新型コロナウイルスのページ


↓今月の健康プログラム 目次ページ↓




ベルメゾンネット


東洋人である日本人のDNAによる体質をいかした食事を心がけて…♪

The following two tabs change content below.
【「和漢膳料理研究家」女子栄養大学にて食生活指導士・漢方養生士・中医薬膳士・防災士・ペット食育士】 生涯学習コーディネーターとして、学校支援地域本部事業や成人の学習支援に参加し、生涯学習の振興発展に寄与することを目的とする自治体に登録し、公共地域の活動に参加しています。講演内容は、子どもの食育・成人の療養食・防災食・動物の「食」について、企業相談や地方講演を行っています。

関連記事

  1. 【春菊】香り成分は胃腸の働きを促進!油で栄養効果アップ

  2. 春が旬の一物全体食「ホタルイカ」驚く7つの栄養効果!ボイルの…

  3. 春の養生とリラックス効果がある身近な薬膳茶!女子力アップ薬膳…

  4. 酵素が豊富なラディッシュ(二十日大根)効果!顆粒だしを使った…

  5. 普通ニンジンの薬膳効果|春人参・カラフルにんじん効果の違いと…

  6. 春のデトックス「ふきの炒り煮・青煮・きんぴら」3点作り置きレ…

TOMOIKU総合サイト

「TOMOIKU総合サイト」は、自分らしい生き方や働き方、居心地のいいものに触れ、人生をプラスに変えて暮らしをデザインする生活情報サイトです。

子ども目線ではありませんが、同じ内容を社会の問題点として注目し、子どもの未来に関わるあらゆる情報をお届けしています。

http://tomoiku.com/

 

“漢方養生士・中医薬膳師・女子栄養大学食生活指導士”として「薬膳・ローフード・スローフードの健康的な食事」
“LOHASライフスタイリスト”として「ロハスな生活」
“愛玩動物飼養管理士&ペット食育士”
として「犬・猫・うさぎの食事」
“保育士”
として「子供の悩み相談」
“AFP(アフィリエイテッド・ファイナンシャル・プランナー)”として、企業コンプライアンス・ライフプラン・金融、保険など6つの専門分野など、企業相談や地方講演と地域の活動を行っています。

ご質問の返答は管理人“TOMOIKU京子”個人の考えが含まれます。TOMOIKU記事にまとめてお答えしています。お問い合わせから気軽に質問してください♪

tomoiku21century-01

一般社団法人 日本共育ライフ協会内
(合)共育生活研究所

tomoiku21
サイトマップで情報を探せます!

  1. 2020.07.19

    納豆の栄養はスゴイ!夜食べるとパワーUP!+αで食材で効…

  2. 2020.07.18

    ホールフードWholeFoodの一物全体食は丁寧な暮らし…

  3. 2020.07.17

    雑穀は昔からの健康法!1食で30品目の栄養を手に入れる方…

  4. 2020.07.16

    「厚揚げ」大豆加工品でおすすめ!厚揚げ・木綿豆腐・絹豆腐…

  5. 2020.07.15

    小豆(あずき)効果は?薬膳「解毒のお薬」10日に1食は小…

  6. 2020.07.14

    大豆・黒豆・枝豆の違い「畑の肉」の栄養効能を適度に取り入…

  7. 2020.07.13

    枝豆のスゴイ効果「栄養成分を凝縮させる下ごしらえ」ダイエ…

  8. 2020.07.12

    アーモンド・ナッツ類のメリットとコツ!1日食べる量は何粒…

  9. 2020.07.11

    蕎麦(そば)ヘルシー!体に良い栄養のメリットとデメリット…

  10. 2020.07.10

    発芽玄米は栄養満点!簡単な自家製レシピ!加工商品は保存・…

  1. 2020.07.19

    納豆の栄養はスゴイ!夜食べるとパワーUP!+αで食材で効…

  2. 2020.07.18

    ホールフードWholeFoodの一物全体食は丁寧な暮らし…

  3. 2020.07.17

    雑穀は昔からの健康法!1食で30品目の栄養を手に入れる方…

  4. 2020.07.16

    「厚揚げ」大豆加工品でおすすめ!厚揚げ・木綿豆腐・絹豆腐…

  5. 2020.07.15

    小豆(あずき)効果は?薬膳「解毒のお薬」10日に1食は小…

  6. 2020.07.14

    大豆・黒豆・枝豆の違い「畑の肉」の栄養効能を適度に取り入…

  7. 2020.07.13

    枝豆のスゴイ効果「栄養成分を凝縮させる下ごしらえ」ダイエ…

  8. 2020.07.12

    アーモンド・ナッツ類のメリットとコツ!1日食べる量は何粒…

  9. 2020.07.11

    蕎麦(そば)ヘルシー!体に良い栄養のメリットとデメリット…

  10. 2020.07.10

    発芽玄米は栄養満点!簡単な自家製レシピ!加工商品は保存・…

  1. 2020.06.06

    【梅の効果】食中毒やピロリ菌の予防!2週間後に飲む梅酒と…

  2. 2020.06.05

    生活習慣病予防薬膳レシピ【ホタテの炊き込みごはん】帆立効…

  3. 2020.05.29

    腸内環境を改善して免疫力アップダイエットのポイント3つ【…

  4. 2020.05.17

    トウモロコシの皮・ヒゲは捨てない!利水作用「とうもろこし…

  5. 2020.05.17

    デトックス・免疫力UP・腸内環境を整えるメニューづくり3…

  6. 2020.05.13

    たんぱく質食材をマリネにする効果「豆と魚介マリネ料理」薬…

  7. 2020.05.12

    夏の養生法|注意すべき生活と食養生~食べたい食材と夏の薬…

  8. 2020.05.11

    ぬかづけの19倍の乳酸菌「水キムチ」効果!とぎ汁不要の安…

  9. 2020.05.10

    酵素が豊富なラディッシュ(二十日大根)効果!顆粒だしを使…

  10. 2020.05.07

    香辛料の山椒(サンショウ)と花椒(ホアジャオ)の違い・効…

ベルメゾンネット