【菜の花と油揚げのだしびたし】体の解毒&活力アップ!上品な薬膳の作り置きレシピ




菜の花で体の解毒!肝機能や貧血予防をして、油揚げで鉄と亜鉛が摂れる!

菜の花が市場に出る頃は、新芽が出る春先ですね。

日々温かさを感じられて心も体も活動的になるときで、冬から春に向けての体作りをします。

菜の花の効能は、こちらの記事をあわせてお読みいただくことで、お役にたてると思います。

そして、油揚げはタンパク質や亜鉛、鉄などを含み活力アップに有効です。

「畑の肉」と呼ばれるほど、タンパク質が豊富に含まれていまれていて、コレステロールが含まれていません。

油揚げには30g(1枚)中0.72mgの亜鉛が含まれていて、一日に摂らなければならない約4分の1の亜鉛が油揚げ一枚で摂取できます。

亜鉛には活力・精力アップできることで有名ですね。

そして、油揚げには30g(1枚)中1.26mgの鉄も含まれているので、一日に摂らなければならない約40%近くの鉄が摂取できます。

カルシウムの多い油揚げ1枚で、貧血予防もできる優れモノです。

菜の花と油揚げの食材効果
菜の花と油揚げのだしびたし

  • 高血圧や動脈硬化を予防
  • 血行をよくする
  • 腫れをひかせる
  • 炎症を鎮める
  • 腸内環境を整える
  • ストレス緩和
  • 高血圧の解消
  • 貧血予防
  • 炎症を鎮める
  • 動脈効果の予防
  • 疲労回復
  • 抗酸化作用
  • エイジングケア
  • スタミナの維持
  • 精力アップ
  • ホルモンバランスを整える

 

SPONSORED LINK



菜の花と油揚げのだしびたし|薬膳レシピ

油揚げを焼くことで、素朴な味が引き立って美味しいです!

一回目はパリパリの油揚げ!作り置きではしっとりお出汁につけてあるので味がしみて美味しいです♪

< 材料(4人分)>菜の花と油揚げのだしびたしレシピ

  • 菜の花 2束
  • 油揚げ 4枚(お好み)
  • だし汁 2カップ(400cc)
  • 醤油 小さじ4
  • みりん 小さじ4
  • 鰹節 少々

< 作り方 > 

  1. 小鍋にだし汁としょうゆ・みりんを合わせて煮立て冷ましておきます。
  2. 菜の花は塩少々(分量外)を加えた熱湯でゆで、茹ですぎないように気をつける。
  3. 菜の花の粗熱を取り、水気を絞って食べやすく切ります。
  4. 油揚げはトースターやグリル等でさっと焼いて、食べやすく切ります。
  5. だし汁・菜の花・油揚げをボールに漬けておきます。
  6. 油揚げがパリパリで頂きたい方は、盛り付ける時に油揚げを添えてください。
  7. 仕上げに鰹節を添えて出来上がりです。

とても上品なだしびたしです。

作り置きした油揚げは、味がしみているので、パリパリ油揚げとは違った味わいがあります。

SPONSORED LINK






日本人のDNAによる体質をいかした食事を心がけて…♪

関連記事

  1. 【卯の花の炒り煮】日本の代表する栄養食「大豆のおから」ダイエ…

  2. 【あさり・菜の花・にんにく・唐辛子でデトックス活力パスタ】食…

  3. 【ふきと豚肉のきんぴら】基本の「ふきの炒り煮」の作り置きレシ…

  4. にんじん作り置き薬膳の定番【キャロットラペ】胃を丈夫にし肝機…

  5. 【ウドと豚肉のゴマみそ炒め】冬に溜まった体内湿気を除き疲労回…

  6. 【たけのこ・きのこ炒め】薬膳作り置きの2日目はアレンジ!

tomoiku21
サイトマップで情報を探せます!


TOPはこちらからどうぞ♪

TOMOIKU総合サイト

tomoiku

「TOMOIKU総合サイト」は、自分らしい生き方や働き方、居心地のいいものに触れ、人生をプラスに変えて暮らしをデザインする生活情報サイトです。

子ども目線ではありませんが、同じ内容を社会の問題点として注目し、子どもの未来に関わるあらゆる情報をお届けしています。

http://tomoiku.com/



“漢方養生士・中医薬膳師”として「薬膳・ローフード・スローフードの健康的な食事」
“LOHASライフスタイリスト”として「ロハスな生活」
“愛玩動物飼養管理士&ペット食育士”
として「犬・猫・うさぎの食事」
“保育士”
として「子供の悩み相談」
“AFP(アフィリエイテッド・ファイナンシャル・プランナー)”として、企業コンプライアンス・ライフプラン・金融、保険など6つの専門分野など、講座を各地で行っています。


ご質問の返答は管理人“TOMOIKU京子”個人の考えが含まれます。TOMOIKU記事にまとめてお答えしています。お問い合わせから気軽に質問してください♪

tomoiku21century-01