二十四節気【立春】2/4~18日頃に気をつける体を整える生活と食べ物とは

二十四節気【立春】2/4~18日頃

春が始まり、旧暦ではこの季節から新年が始まります。

立春を過ぎてから最初に吹く南よりの強い風のことを「春一番」といい、まだ寒いと肌で感じていても、大地ではエネルギーを放し、様々な成長が始まるのです。

春は自然も社会も「はじまり」が肝心になってきます。

春の過ごし方でこれからの1年の健康を左右させてしまうのです。

二十四節気の春の関連記事を先に読んでいただくことで、軽い運動方法など、より深くご理解していただけると思います。

 

二十四節気の立春でみられる体調不良と気をつけること

体が縮こまっていることから、毒素も溜めているのが立春の時期なのですが、そろそろ体を伸ばして毒素を排出しましょう。

春は自律神経の調節ができにくくなっているので、ちょっとしたストレスを放置したことで、大きな病気を招きます。

この時期はストレスが貯まると、目が痙攣することもあります。

まだ寒い日が多いので、冬の生活習慣から徐々に春に向けて準備する期間なので、冷えを改善して、鍋物のように体があたたまる食事を摂って、背伸びなどをしてゆっくりと体を慣らしていきます。

耳の周りや首、脇や足の付根などをやさしくマッサージをして、リンパの流れを促すようにすることで、毒素を排出する体の準備をします。

入学・就職・異動など様々な生活の変化がある3~4月に向けて、ストレスが溜まるので、自分にとってどのような環境が心穏やかでいられるかも考えて、みつけておくことも大切です。

ストレスの回避方法を見つけましょう。

もし何か違和感を感じたら、すぐに軌道修正をしておきたい時期です。

 

二十四節気の立春の期間に食べたい食材

春一番の食材ふきのとう

雪解けの間から顔を出す蕗の薹ふくのとうの苦味が心臓によく、血の巡りを良くしてくれます。

春の目覚めによって動き出すパワーを蕗の薹が持っていて、強心作用と夏の狭心症や心筋梗塞の予防になると言われています。

春の多い山菜は苦味がありますが、その苦味が心臓を丈夫にします。

 

ニラが寒い春に効果的

ニラは冷え性や血の巡りの悪い人に特に効果的で、肌荒れや腫れ物や充血、不眠症にも効果があります。

ニラにはβ-カロテンが豊富に含まれているので免疫力アップにつながり、花粉症対策として、鼻や喉の粘膜を保護してくれます。

アリシンには、エネルギーの代謝を高めてスタミナをアップさせ、殺菌作用が強いので風邪の原因菌やウィルスなどが体の中に入ることを防ぐ働きがあります。

 

梅は春を代表する花のパワーがある!滋養強壮としておすすめ!

梅干しのクエン酸が滋養によく、疲労を回復させてくれます。

1日1個摂ると、春にむけて必要なエネルギーの助けになります。

弱っている胃腸や呼吸器を丈夫にします。

 

梅には殺菌作用もあり、梅肉エキスは下痢などにも効果的なので、一家に1個あるととても便利です。

二十四節気の春【立春】2/4~18日に効率の良い食材3つの他に、春のデトックスがしやすい食材として、葛・小豆・玄米も摂るようにすると効率よくなります。

今は、冬に耐えられる体ですが、体が縮んでいるので、春にむけて体を伸ばす準備をする期間です。

旬の食べるものと、体の関節を動かし、急な運動などで体や心臓・血液やリンパの流れの負担にならないように準備をすることが大切です。

東洋人である日本人のDNAによる体質をいかした食事を心がけて…♪

The following two tabs change content below.
【「和漢膳料理研究家」女子栄養大学にて食生活指導士・漢方養生士・中医薬膳士・防災士・ペット食育士】 生涯学習コーディネーターとして、学校支援地域本部事業や成人の学習支援に参加し、生涯学習の振興発展に寄与することを目的とする自治体に登録し、公共地域の活動に参加しています。講演内容は、子どもの食育・成人の療養食・防災食・動物の「食」について、企業相談や地方講演を行っています。

関連記事

  1. 二十四節気の春【穀雨-こくう】4/20~5/4頃:山が笑う!…

  2. 二十四節気の夏【小暑-しょうしょ】7/7~22頃:水毒のむく…

  3. 二十四節気の秋【立秋-りっしゅう】8/7~8/23頃:夏野菜…

  4. 二十四節気の秋【処暑-しょしょ】8/23~9/7頃:食べ物は…

  5. 二十四節気の秋【霜降-そうこう】10/23~11/6頃:実り…

  6. 二十四節気の冬【立冬-りっとう】11/7~21頃:体は貯蔵の…

TOMOIKU総合サイト

「TOMOIKU総合サイト」は、自分らしい生き方や働き方、居心地のいいものに触れ、人生をプラスに変えて暮らしをデザインする生活情報サイトです。

子ども目線ではありませんが、同じ内容を社会の問題点として注目し、子どもの未来に関わるあらゆる情報をお届けしています。

http://tomoiku.com/

 

“漢方養生士・中医薬膳師・女子栄養大学食生活指導士”として「薬膳・ローフード・スローフードの健康的な食事」
“LOHASライフスタイリスト”として「ロハスな生活」
“愛玩動物飼養管理士&ペット食育士”
として「犬・猫・うさぎの食事」
“保育士”
として「子供の悩み相談」
“AFP(アフィリエイテッド・ファイナンシャル・プランナー)”として、企業コンプライアンス・ライフプラン・金融、保険など6つの専門分野など、企業相談や地方講演と地域の活動を行っています。

ご質問の返答は管理人“TOMOIKU京子”個人の考えが含まれます。TOMOIKU記事にまとめてお答えしています。お問い合わせから気軽に質問してください♪

tomoiku21century-01

一般社団法人 日本共育ライフ協会内
(合)共育生活研究所

tomoiku21
サイトマップで情報を探せます!

  1. 2020.07.06

    二十四節気の夏【小暑-しょうしょ】7/7~22頃:水毒の…

  2. 2020.07.06

    栄養素を逃さない!抗酸化を意識した食材の選び方と調理方法…

  3. 2020.07.05

    バランスのいい献立!1日に必要な栄養素を過不足なく食べる…

  4. 2020.07.04

    7大栄養素をバランスよく摂取するのが健康への早道!-暮ら…

  5. 2020.07.03

    栄養素と栄養の違い!栄養とカラダのしくみ-暮らしの栄養学…

  6. 2020.07.01

    【7月・文月】梅雨と初夏を乗り切る食材「夏バテ対策」を考…

  7. 2020.06.29

    7月文月「暮らしの歳時記365日」四季の流れで心と体を整…

  8. 2020.06.28

    細胞の力を強くする黒い食品パワーとは?色と食材の七色健康…

  9. 2020.06.27

    細胞の力を強くする紫の食品パワーとは?色と食材の七色健康…

  10. 2020.06.26

    細胞の力を強くする白の食品パワーとは?色と食材の七色健康…

  1. 2020.07.06

    栄養素を逃さない!抗酸化を意識した食材の選び方と調理方法…

  2. 2020.07.05

    バランスのいい献立!1日に必要な栄養素を過不足なく食べる…

  3. 2020.07.04

    7大栄養素をバランスよく摂取するのが健康への早道!-暮ら…

  4. 2020.07.03

    栄養素と栄養の違い!栄養とカラダのしくみ-暮らしの栄養学…

  5. 2020.06.25

    【七色健康食事法】色で簡単にバランスよい細胞の力を高める…

  6. 2020.06.24

    中年太りを健康でスリムに改善!体質転換期のための食品30…

  7. 2020.06.21

    体がミトコンドリア系になるための食事改善法!食品30品目…

  8. 2020.06.19

    「菌活」で健康な腸に育てよう!食材で善玉菌を増やそう!

  9. 2020.06.17

    体も心もキレイになる最短方法「腸活」健康生活の基本

  10. 2020.06.11

    野菜に含まれる「食物繊維」効果と効率的に摂る調理法

  1. 2020.06.06

    【梅の効果】食中毒やピロリ菌の予防!2週間後に飲む梅酒と…

  2. 2020.06.05

    生活習慣病予防薬膳レシピ【ホタテの炊き込みごはん】帆立効…

  3. 2020.05.29

    腸内環境を改善して免疫力アップダイエットのポイント3つ【…

  4. 2020.05.17

    トウモロコシの皮・ヒゲは捨てない!利水作用「とうもろこし…

  5. 2020.05.17

    デトックス・免疫力UP・腸内環境を整えるメニューづくり3…

  6. 2020.05.13

    たんぱく質食材をマリネにする効果「豆と魚介マリネ料理」薬…

  7. 2020.05.12

    夏の養生法|注意すべき生活と食養生~食べたい食材と夏の薬…

  8. 2020.05.11

    ぬかづけの19倍の乳酸菌「水キムチ」効果!とぎ汁不要の安…

  9. 2020.05.10

    酵素が豊富なラディッシュ(二十日大根)効果!顆粒だしを使…

  10. 2020.05.07

    香辛料の山椒(サンショウ)と花椒(ホアジャオ)の違い・効…

ベルメゾンネット