スパイス「フェンネルシード・茴香」効果とハーブ料理!漢方では胃腸薬

フェンネルシードはカレーを作る時に、使う方が多いのではないでしょうか。

海外では食後のガム代わりにして、お口直しに使用されることもあります。

私は魚に合うスパイスで、最初に思い浮かぶハーブは「フェンネルシード」です。

フェンネルは、花・葉・種と無駄にすることなく使うことができるハーブですが、フェンネルシードと呼ばれる種を使ったスパイスが人気で、使い勝手がいいです。

生薬としても使われている「フェンネルシード・茴香」について、ご紹介します。

スパイス「フェンネルシード・茴香」とは

「フェンネルシード」とは、フェンネルという植物の種のことです。

魚の香りを回復してくれるということから中国では「茴香(カイコウ)」と呼ばれ、日本では「茴香(ウイキョウ)」と言われています。

昔から世界各地でハーブやスパイスとして使用され、古代ローマやエジプトでも料理に使われていた歴史のあるスパイスです。

アングロサクソンの“9つの神聖なハーブ”の1つで、食用や薬用として利用されていました。

フェンネルはセリ科の植物で、花は料理には使いませんが、種以外に葉や茎もスパイスや野菜として使われている植物です。

フェンネルはセリ科の多年草で、2mぐらいまで成長する背が高い植物で、黄緑色をしていて、茎からは細長い葉が枝分かれしたように生え、夏に黄色の小花が咲くかわいい草です。

秋になると茎全体を刈り取って乾燥させ、種子を収穫し「フェンネルシード・茴香」ができます。

「フェンネルシード・茴香」の栄養と効果

「フェンネルシード・茴香」は、抗酸化作用があるので、毎日の食事に取り入れれば、免疫力アップにも役立ち健康にもつながるヘルシーな食材です。

「フェンネルシード・茴香」の栄養成分

  • アネトール…消化促進や去痰作用・生理不順や更年期障害の改善
  • フェンコン…胆汁の分泌を促して、消化促進作用・鎮痛や鎮静作用
  • フラボノイド…抗酸化作用・動脈硬化の予防・毛細血管を保護・血圧を正常化
  • 脂肪酸(オイリン酸、リノール酸)…血液中のコレステロールや中性脂肪を減らす作用
  • 有機酸…細胞膜やホルモンの原料を供給する体内では合成されない脂肪酸・腸内細菌を整え悪玉菌の発生を抑制

「フェンネルシード・茴香」は、消化酵素を分泌して、消化を促し腸内環境を整えてくれる効果があることから、胃腸薬にも配合され、脂肪や炭水化物の代謝にも良い働きをします。

胃の蠕動運動を促進することで便秘の改善にも効果が期待でき、ガスの排出も助けることから、胃腸の健康を保ちます。

そして、血行が促進されることで体内のめぐりが良くなって、冷え性も改善され、利尿・発汗作用がはたらき、むくみの改善も期待できます。

女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをするので、閉経前後のエストロゲンの分泌が低下してきている女性の「更年期障害」を和らげると言われています。

漢方では胃腸薬で使われている生薬

種子である「フェンネルシード・茴香」は、消化を助ける漢方薬の原料として古くから使われ、和漢薬として腹痛、嘔吐の薬として処方されています。

インドでは、消化促進や腹痛、下痢緩和の生薬として使われています。

一般用の漢方製剤294処方で、安中散(あんちゅうさん)など4処方に配合され、大正漢方胃腸薬という薬で、「安中散(あんちゅうさん)」という漢方薬で、フェンネルやシナモン等を配合させたものでは、フェンネルが多く使用され、「太田胃酸」や「仁丹」など、馴染み深い薬にも使用されています。



ハーブ料理「フェンネルシード・茴香」スパイスとしての使い方

シードとは本来「種」を意味しますが、フェンネルシードは「果実」部分で、「フェンネルシード・茴香」は、漢方薬だけではなく、スパイスやハーブとしても料理で使われ、甘くて爽やかな香りが最大の特徴です。

「フェンネルシード・茴香」の使い方では、カレーのレシピに登場する定番のスパイスですが、カレー以外にも肉や魚のほか、野菜とも相性がいいスパイスです。

魚の臭い消しとして利用されることが多く、焼く・煮る・添えるなど、様々な使い方があり、パンやお菓子・お酒の香りづけなどにも利用されています。

香辛料や漢方などにして、何気なく口にされることが多い「フェンネルシード・茴香」ですが、ニンニクといっしょにフェンネルシードで油に味付けをして、肉や野菜を焼く時のスパイスとして利用すると、その香りだけでもワンランクアップした料理が出来上がります。

「フェンネルシード・茴香」は、青魚よりも鮭や白身魚など淡白で比較的あっさり味の魚に良く合います。

魚のムニエルを作るときに、フライパンの油に「フェンネルシード・茴香」をしみ込ませて、魚のバター焼きも美味しいです。

中華料理に欠かせない「五香粉(ウーシャンフェン)」の主要スパイスでもあることから、知らず知らずのうちに、「フェンネルシード・茴香」は口にしています。

ドレッシングのように使うこともできることから、ニンジンを千切りしたニンジンを甘いドレッシングで和えたフレンチのお惣菜「キャロットラペ」にも、「フェンネルシード・茴香」はとても合います。

ニンジンは少量の油でいためることで、栄養価がアップします。

フライパンに少量の油を入れ、「フェンネルシード・茴香」をひとつまみ入れて、油に「フェンネルシード・茴香」の香りをしみ込ませて、半生ぐらいニンジンを炒めます。

そして、キャロットラペの合わせ調味料に漬け込みます。

合せ調味料
・レモン汁 大さじ1
・お酢   大さじ2~50ml(好み)
・蜂蜜   大さじ2~
・オリーブ油  大さじ1.5~
・塩、胡椒  少々

グレープフルーツなどの柑橘類を加えても美味しいです。

料理で使うハーブは、肉や野菜・野菜と同じ食材を焼くだけの調理方法でも、加える調味料で味のバリエーションが楽しめ、ハーブはワンランクアップした料理のように感じられます。

上品な白身魚のような淡泊な味の食材に、寄り添う爽やかさを感じて美味しさを引き立ててくれるハーブは、フワッと口の中に広がる香りも楽しめます。

スパイスは脇役ですが、健康効果抜群で香り豊かなスパイスを使うことで、その魅力を最大限引き出すことができます。

↓当ブログ:新型コロナウイルスのページ


↓今月の健康プログラム 目次ページ↓




ベルメゾンネット


東洋人である日本人のDNAによる体質をいかした食事を心がけて…♪

 

The following two tabs change content below.
【「和漢膳料理研究家」女子栄養大学にて食生活指導士・漢方養生士・中医薬膳士・防災士・ペット食育士】 生涯学習コーディネーターとして、学校支援地域本部事業や成人の学習支援に参加し、生涯学習の振興発展に寄与することを目的とする自治体に登録し、公共地域の活動に参加しています。講演内容は、子どもの食育・成人の療養食・防災食・動物の「食」について、企業相談や地方講演を行っています。

関連記事

  1. 「よもぎ」の生葉と乾燥物を使った天ぷら・団子・お餅・蒸しパン…

  2. 薬膳レシピ【白木耳と金針菜の滋養スープ】むくみ・貧血・粘膜を…

  3. 白ゴマと黒ゴマ効能の違い「静神丸」不老長寿・滋養強壮の薬膳レ…

  4. 楊貴妃も愛した【山査子・サンザシ】栄養と効果効能!ミネラルが…

  5. 雑穀は昔からの健康法!1食で30品目の栄養を手に入れる方法と…

  6. 小豆(あずき)効果は?薬膳「解毒のお薬」10日に1食は小豆粥…

TOMOIKU総合サイト

「TOMOIKU総合サイト」は、自分らしい生き方や働き方、居心地のいいものに触れ、人生をプラスに変えて暮らしをデザインする生活情報サイトです。

子ども目線ではありませんが、同じ内容を社会の問題点として注目し、子どもの未来に関わるあらゆる情報をお届けしています。

http://tomoiku.com/

 

“漢方養生士・中医薬膳師・女子栄養大学食生活指導士”として「薬膳・ローフード・スローフードの健康的な食事」
“LOHASライフスタイリスト”として「ロハスな生活」
“愛玩動物飼養管理士&ペット食育士”
として「犬・猫・うさぎの食事」
“保育士”
として「子供の悩み相談」
“AFP(アフィリエイテッド・ファイナンシャル・プランナー)”として、企業コンプライアンス・ライフプラン・金融、保険など6つの専門分野など、企業相談や地方講演と地域の活動を行っています。

ご質問の返答は管理人“TOMOIKU京子”個人の考えが含まれます。TOMOIKU記事にまとめてお答えしています。お問い合わせから気軽に質問してください♪

tomoiku21century-01

一般社団法人 日本共育ライフ協会内
(合)共育生活研究所

tomoiku21
サイトマップで情報を探せます!

  1. 2020.07.19

    納豆の栄養はスゴイ!夜食べるとパワーUP!+αで食材で効…

  2. 2020.07.18

    ホールフードWholeFoodの一物全体食は丁寧な暮らし…

  3. 2020.07.17

    雑穀は昔からの健康法!1食で30品目の栄養を手に入れる方…

  4. 2020.07.16

    「厚揚げ」大豆加工品でおすすめ!厚揚げ・木綿豆腐・絹豆腐…

  5. 2020.07.15

    小豆(あずき)効果は?薬膳「解毒のお薬」10日に1食は小…

  6. 2020.07.14

    大豆・黒豆・枝豆の違い「畑の肉」の栄養効能を適度に取り入…

  7. 2020.07.13

    枝豆のスゴイ効果「栄養成分を凝縮させる下ごしらえ」ダイエ…

  8. 2020.07.12

    アーモンド・ナッツ類のメリットとコツ!1日食べる量は何粒…

  9. 2020.07.11

    蕎麦(そば)ヘルシー!体に良い栄養のメリットとデメリット…

  10. 2020.07.10

    発芽玄米は栄養満点!簡単な自家製レシピ!加工商品は保存・…

  1. 2020.07.19

    納豆の栄養はスゴイ!夜食べるとパワーUP!+αで食材で効…

  2. 2020.07.18

    ホールフードWholeFoodの一物全体食は丁寧な暮らし…

  3. 2020.07.17

    雑穀は昔からの健康法!1食で30品目の栄養を手に入れる方…

  4. 2020.07.16

    「厚揚げ」大豆加工品でおすすめ!厚揚げ・木綿豆腐・絹豆腐…

  5. 2020.07.15

    小豆(あずき)効果は?薬膳「解毒のお薬」10日に1食は小…

  6. 2020.07.14

    大豆・黒豆・枝豆の違い「畑の肉」の栄養効能を適度に取り入…

  7. 2020.07.13

    枝豆のスゴイ効果「栄養成分を凝縮させる下ごしらえ」ダイエ…

  8. 2020.07.12

    アーモンド・ナッツ類のメリットとコツ!1日食べる量は何粒…

  9. 2020.07.11

    蕎麦(そば)ヘルシー!体に良い栄養のメリットとデメリット…

  10. 2020.07.10

    発芽玄米は栄養満点!簡単な自家製レシピ!加工商品は保存・…

  1. 2020.06.06

    【梅の効果】食中毒やピロリ菌の予防!2週間後に飲む梅酒と…

  2. 2020.06.05

    生活習慣病予防薬膳レシピ【ホタテの炊き込みごはん】帆立効…

  3. 2020.05.29

    腸内環境を改善して免疫力アップダイエットのポイント3つ【…

  4. 2020.05.17

    トウモロコシの皮・ヒゲは捨てない!利水作用「とうもろこし…

  5. 2020.05.17

    デトックス・免疫力UP・腸内環境を整えるメニューづくり3…

  6. 2020.05.13

    たんぱく質食材をマリネにする効果「豆と魚介マリネ料理」薬…

  7. 2020.05.12

    夏の養生法|注意すべき生活と食養生~食べたい食材と夏の薬…

  8. 2020.05.11

    ぬかづけの19倍の乳酸菌「水キムチ」効果!とぎ汁不要の安…

  9. 2020.05.10

    酵素が豊富なラディッシュ(二十日大根)効果!顆粒だしを使…

  10. 2020.05.07

    香辛料の山椒(サンショウ)と花椒(ホアジャオ)の違い・効…

ベルメゾンネット