薬膳の効能解説付き「黒きくらげの佃煮」腸活や貧血・骨の強化レシピ

黒きくらげの効果効能などは、別記事でも用意していますので、合わせてお読みいただくと、より深くご理解していただけると思います。

薬膳での“腎”を補う食材を使用しているので、寒い冬に体調が優れない方におすすめです。

「黒きくらげの佃煮」効能の薬膳的解説

佃煮というと昆布をつかうことが多いですが、食感が似ている黒きくらげでも、すごくおいしくできます。

【黒きくらげの効能】

  • 血がサラサラの浄化作用と貧血
    薬膳の解釈で、黒きくらげには、血をサラサラにする浄化作用や血の滞りが改善され、止血作用・不正出血や生理痛・更年期障害など、血と腎臓を補う力があるとされています。
  • 食物繊維が多い
    ゴボウの3倍の食物繊維で、整腸作用があり、便秘などの解消になる。
  • 骨を丈夫にするカルシウムと吸収を促すビタミンDが豊富
    太陽を浴びなければなかなか生成できないビタミンDと、カルシウムの両方が含まれているため、相乗効果がある。

【大豆と煮干しをプラスした効能】

  • 大豆にも浄化作用があり、血中コレステロールを下げ、血管をしなやかにし、、黒きくらげとの相性がよく、高血圧予防。
  • 大豆イソフラボンや大豆サポニンの抗酸化作用による抗がん効果や更年期障害改善を期待。
  • 大豆には黒きくらげの食べ合せで相性がよいオリゴ糖が豊富で、風邪予防や美肌・粘膜の潤わす。
  • 煮干しには脳卒中や動脈硬化、認知症やうつ病を予防する「DHA」や、花粉症やアトピー性皮膚炎の抑制、血栓、心筋梗塞の予防の「EPA」が豊富
  • 煮干しはカルシウムが豊富で、黒きくらげや大豆との食べ合せにより、骨を強化する働きをアップさせる。
  • 煮干しの鉄分によって、貧血予防し、黒きくらげの効果をアップさせる
  • 煮干しに含まれている亜鉛によって、発育や生殖をコントロールする働きが弱っている“腎”を補う、新陳代謝に必要な酵素をつくる成分となる。免疫細胞を活性化し、生活習慣病から体を守る役割。

食べ合せによって、効果効能がアップします。

「黒きくらげの佃煮」腸活や貧血・骨の強化レシピ

昆布でつくられる佃煮ですが、黒きくらげで作る方がコリコリプリプリして、その食感が私は好きです。

腸活を意識している方や、骨の強化が必要なお子様や骨粗しょう症予防・血をサラサラにして整えるため、貧血気味の方や更年期障害・動脈硬化予防など血液に関係しているトラブルを抱えている方におすすめです。

■材料———

<具材>

  • 黒きくらげ
  • 大豆(水煮か蒸したもの)
  • 煮干しなどの乾燥された小魚

黒きくらげ(乾燥)が10gと他の具材をプラスしたの場合の合わせ調味料なので、他の具材など量によって量は調整してください。

<合わせ調味料>

  • てんさい糖…小さじ1
  • みりん…大さじ2
  • 料理酒…大さじ1
  • しょうゆ…大さじ2
  • 白すりごま…大さじ1
    (私は見た目より栄養を考えすりごまにしています。見栄えが「いりごま」の方がいいです)

黒きくらげの食物繊維に「オリゴ糖」を含むものをプラスすることで、食物繊維の効果を発揮しやすくなるので、砂糖もオリゴ糖を含む「てんさい糖」を使用しています。

作り置きができるので、数回に分けて食べる予定でつくれます。

今回私は乾燥1袋(30g)を使用した上、具材も多めだったので、合せ調味料はの5倍量にしました。

●作り方-—————-

  1. 黒きくらげはパッケージの表記通りに戻して、好みの大きさに切っておきます。
    (私は千切りにカットしてあるタイプの黒きくらげを使用しました)
  2. フライパンにきくらげや他の具材と合わせ調味料、中火で加熱して煮立たせます。
  3. 味が馴染んできたら白いりごまを加え、強火で炒め合わせます。
  4. 汁気が少なくなり、全体に馴染んだら火から下ろして、器に盛り付けて完成です。

今回の黒きくらげは、街のお店でスライスされているタイプのものが売られていたので、それを使っています。

一般的に佃煮に使われる昆布もミネラルいっぱいで効能効果もスゴイですが、黒きくらげも同じような食感で、昆布に負けず栄養が豊富なので、海のものと山のものの両方を使うようにしています。

 

私が常にストックしている「黒きくらげ」は、タマチャンショップのものです。

国産自給率1%と、貴重な黒きくらげですが、プチプリしておいしく、国産なのに比較的リーズナブルです。

水に戻してから好みの大きさにカットできます。

貧血に悩んでいる方は、黒きくらげなどの黒い食材の黒豆や黒ごま・黒米・昆布・ワカメ、海苔、ひじき、黒砂糖、黒酢などを食べるようにしましょう。

便秘に悩んでいる方は、食物繊維がごぼうの3倍ある黒きくらげはおすすめ!

整腸作用をもっとアップさせるためにも、オリゴ糖を多く含む食材の大豆や砂糖でもてんさい糖などと合わせて食べるようにすると、吸収率がよくなります。

中華丼や五目麺等に1~2枚ぐらい入っているような脇役の食材で使うことが多いと思いますが、是非使う頻度を多くして、弱っている“腎”を補ってくださいね。

↓当ブログ:新型コロナウイルスのページ


↓今月の健康プログラム 目次ページ↓




ベルメゾンネット


東洋人である日本人のDNAによる体質をいかした食事を心がけて…♪

The following two tabs change content below.
【「和漢膳料理研究家」女子栄養大学にて食生活指導士・漢方養生士・中医薬膳士・防災士・ペット食育士】 生涯学習コーディネーターとして、学校支援地域本部事業や成人の学習支援に参加し、生涯学習の振興発展に寄与することを目的とする自治体に登録し、公共地域の活動に参加しています。講演内容は、子どもの食育・成人の療養食・防災食・動物の「食」について、企業相談や地方講演を行っています。

関連記事

  1. 蒸し生姜は数十倍UP!ショウガの生と乾燥の効果と生姜・乾姜の…

  2. 乾燥肌・のど・肺を守る薬膳「白木耳と梨やりんごのコンポート」…

  3. 【クコの実・ゴジベリー】薬膳では不老長寿の薬!生薬の食材効果…

  4. 子どもからシニアの脳活「くるみ」効果効能!強い抗酸化力の漢方…

  5. 畑の肉【豆類】栄養効能!1日1回食べて解毒・利尿作用で体スッ…

  6. たんぱく質食材をマリネにする効果「豆と魚介マリネ料理」薬膳作…

TOMOIKU総合サイト

「TOMOIKU総合サイト」は、自分らしい生き方や働き方、居心地のいいものに触れ、人生をプラスに変えて暮らしをデザインする生活情報サイトです。

子ども目線ではありませんが、同じ内容を社会の問題点として注目し、子どもの未来に関わるあらゆる情報をお届けしています。

http://tomoiku.com/

 

“漢方養生士・中医薬膳師・女子栄養大学食生活指導士”として「薬膳・ローフード・スローフードの健康的な食事」
“LOHASライフスタイリスト”として「ロハスな生活」
“愛玩動物飼養管理士&ペット食育士”
として「犬・猫・うさぎの食事」
“保育士”
として「子供の悩み相談」
“AFP(アフィリエイテッド・ファイナンシャル・プランナー)”として、企業コンプライアンス・ライフプラン・金融、保険など6つの専門分野など、企業相談や地方講演と地域の活動を行っています。

ご質問の返答は管理人“TOMOIKU京子”個人の考えが含まれます。TOMOIKU記事にまとめてお答えしています。お問い合わせから気軽に質問してください♪

tomoiku21century-01

一般社団法人 日本共育ライフ協会内
(合)共育生活研究所

tomoiku21
サイトマップで情報を探せます!

  1. 2020.07.19

    納豆の栄養はスゴイ!夜食べるとパワーUP!+αで食材で効…

  2. 2020.07.18

    ホールフードWholeFoodの一物全体食は丁寧な暮らし…

  3. 2020.07.17

    雑穀は昔からの健康法!1食で30品目の栄養を手に入れる方…

  4. 2020.07.16

    「厚揚げ」大豆加工品でおすすめ!厚揚げ・木綿豆腐・絹豆腐…

  5. 2020.07.15

    小豆(あずき)効果は?薬膳「解毒のお薬」10日に1食は小…

  6. 2020.07.14

    大豆・黒豆・枝豆の違い「畑の肉」の栄養効能を適度に取り入…

  7. 2020.07.13

    枝豆のスゴイ効果「栄養成分を凝縮させる下ごしらえ」ダイエ…

  8. 2020.07.12

    アーモンド・ナッツ類のメリットとコツ!1日食べる量は何粒…

  9. 2020.07.11

    蕎麦(そば)ヘルシー!体に良い栄養のメリットとデメリット…

  10. 2020.07.10

    発芽玄米は栄養満点!簡単な自家製レシピ!加工商品は保存・…

  1. 2020.07.19

    納豆の栄養はスゴイ!夜食べるとパワーUP!+αで食材で効…

  2. 2020.07.18

    ホールフードWholeFoodの一物全体食は丁寧な暮らし…

  3. 2020.07.17

    雑穀は昔からの健康法!1食で30品目の栄養を手に入れる方…

  4. 2020.07.16

    「厚揚げ」大豆加工品でおすすめ!厚揚げ・木綿豆腐・絹豆腐…

  5. 2020.07.15

    小豆(あずき)効果は?薬膳「解毒のお薬」10日に1食は小…

  6. 2020.07.14

    大豆・黒豆・枝豆の違い「畑の肉」の栄養効能を適度に取り入…

  7. 2020.07.13

    枝豆のスゴイ効果「栄養成分を凝縮させる下ごしらえ」ダイエ…

  8. 2020.07.12

    アーモンド・ナッツ類のメリットとコツ!1日食べる量は何粒…

  9. 2020.07.11

    蕎麦(そば)ヘルシー!体に良い栄養のメリットとデメリット…

  10. 2020.07.10

    発芽玄米は栄養満点!簡単な自家製レシピ!加工商品は保存・…

  1. 2020.06.06

    【梅の効果】食中毒やピロリ菌の予防!2週間後に飲む梅酒と…

  2. 2020.06.05

    生活習慣病予防薬膳レシピ【ホタテの炊き込みごはん】帆立効…

  3. 2020.05.29

    腸内環境を改善して免疫力アップダイエットのポイント3つ【…

  4. 2020.05.17

    トウモロコシの皮・ヒゲは捨てない!利水作用「とうもろこし…

  5. 2020.05.17

    デトックス・免疫力UP・腸内環境を整えるメニューづくり3…

  6. 2020.05.13

    たんぱく質食材をマリネにする効果「豆と魚介マリネ料理」薬…

  7. 2020.05.12

    夏の養生法|注意すべき生活と食養生~食べたい食材と夏の薬…

  8. 2020.05.11

    ぬかづけの19倍の乳酸菌「水キムチ」効果!とぎ汁不要の安…

  9. 2020.05.10

    酵素が豊富なラディッシュ(二十日大根)効果!顆粒だしを使…

  10. 2020.05.07

    香辛料の山椒(サンショウ)と花椒(ホアジャオ)の違い・効…

ベルメゾンネット