温活の肉料理レシピ|スパイス&調味料で血行・免疫・疲労・乾燥対策

寒く感じる日のメニューは温活を意識する

寒く感じる日は、お鍋が美味しいですね。

今日はお鍋ができない家族の帰宅時間がバラバラとか、作り置きしておきたい…とか、お鍋以外のメニューの温活効果があるレシピの紹介です。

体を温める野菜を意識することも大切ですが、メインにお肉を使いたい!…という方に、スパイスと調味料で温活メニューを作ります。

ウイルスから身を守るスパイスと香味野菜!血行不良や疲労回復・免疫力UP

体を温めてくれるのは、カレーに使用するようなスパイスは想像できますね。

今回はお肉料理で和風調味料を使うので、「八角」を使います。

八角はかなりの万能スパイスです。

ウイルスや細菌から守る効果があるので、風邪やインフルエンザ予防にもおすすめです。

詳細は関連記事を用意しています。

そして、温活で代表的なしょうが・ねぎ・にんにくと、好みでですが唐辛子の香味野菜を使います。

体を温める香味野菜などの食材を紹介している関連記事です。

乾燥肌対策のお肉とビタミンC

肌のハリ、ツヤ、弾力に欠かせないコラーゲンは、タンパク質の一種です。

しかし、そのコラーゲンを最大に生かすのは、ビタミンC。

コラーゲンの多い食べ物と合わせて、レモンやオレンジなどの柑橘類や野菜類など、ビタミンCの豊富な食材と一緒に摂るようにします。

私は今回、副菜として「ポテトサラダ」を作りました。

ジャガイモのビタミンCは加熱調理しても野菜類の中で比較的損失が少なく,一回に食べる量も多いため大切なビタミンC供給源となるからです。

メインのお肉は鶏肉!

鶏肉はコラーゲンが豊富です。

高タンパク質で低脂肪なので、ダイエットを検討しいている方にとっては効果が期待されるお肉です。

手羽先や手羽元は、体部分よりも肉が少なく皮が多く、煮たものを冷やしておけば「煮こごり」ができます。

ドロドロと気持ち悪く感じるかもしれませんが、これが実はコラーゲンのカタマリです。

大根などで、煮汁(煮こごり)を同時に食べるのもいいですね。

私は、残った「煮こごり」で野菜の煮物を翌日作るなどして、余すことなく食べるようにしています。

腸を整える発酵調味料効果

日本の調味料は、ほとんど発酵食品なので、腸を整えたり、体の中の善玉菌を増やす役目をしています。

腸内を整えるためには、添加物が使用されている調味料は体を冷してしまうので、本物の調味料を使ってください。

安価な偽物の調味料は、「○○風味」や「新式醸造○○」というような商品名になっているので、調味料のラベルの原材料を確認するようにしましょう。

合成調味料を使い続けてきた方が、調味料の見直しだけで体の不調が改善された例は、今では珍しくありません。

添加物の蓄積は、解毒していきたいですね。

では今回使用する調味料の効果を紹介します。

<発酵調味料>

  • 醤油
    血糖値の上昇を抑制する効果や整腸作用・免疫力のアップ・解毒作用・強力な抗酸化作用(がん予防・アンチエイジングなど)、発酵食品としての効果
  • みりん
    代謝を上げ、健康が肉体をつくり貧血などの予防
  • お酒
    整腸作用がある糀が2倍の「純米酒」がおすすめで、食材(肉や魚など)の臭いを消し風味が豊かになります。
  • お酢
    酢酸には、胃液や唾液の分泌を促進させて食欲を増進させる効果や、血液をサラサラにします。

食欲が無くてもエネルギーのもとになるお肉を食べやすくして血行を良くするので温活効果が高いメニューです。

八角や良質な調味料による、風邪などのウイルスや細菌の抗菌になることも意識しました。

副菜も温活を意識しよう

体を温める野菜は、根菜です。

地面の下に埋もれているものは、体を温める性質をもっているのです。

ねぎ、ゴボウ、ニンジン、レンコンなどの根菜類や、カボチャなどのイモ類は自分に熱があるので、熱い太陽から逃れようとして、地面の下へ深く伸びようとします。

きんぴらごぼうや、かぼちゃと小豆を煮合わせたものなどを副菜にするようにしましょう。

根菜は食物繊維が多いため、便秘も解消できる野菜です。

温活の肉料理レシピ「鶏のさっぱり煮」

お酢を使った煮込み料理の定番とも言える、鶏の手羽元のさっぱり煮ですが、今回は抗菌作用と体を温める力をアップさせるために、「八角」を使います。

始めに鶏手羽を香ばしく焼き、うま味を閉じ込めてから煮ます。濃いめの味付けですが、お酢の効果でさっぱりとした後味に仕上がります。ニンニクやしょうがを加えることで風味が増し、ご飯が進むおいしさです!

<材料>2人分

  • 鶏手羽元…10本ぐらい
  • ねぎ(青い部分)10㎝
  • ねぎ(白い部分)
  • 青菜は好み:スナップエンドウ(アスパラガス・チンゲン菜や生の豆苗など)
  • しょうが…1/2片
  • ニンニク…1片
  • 八角…1~2個
  • 塩コショウ…少々
  • 酢…80㎖
  • 醤油…50㎖
  • みりん…50㎖
  • 酒…50㎖
  • 砂糖…大さじ3
    (砂糖はオリゴ糖が多く体を温める「てんさい糖」がおすすめ)
  • 塩コショウ…少々

肉の大きさで調味料の量が前後します。肉がかぶるほどの量は必要ありません。

照りがほしい場合など、調味料がシタシタぐらいの方が美味しくできます。

<作り方>

  1. 添えるモノを作る。
    写真のネギ…油をスプレーし、トースターで焼きました。
    写真スナップエンドウ…熱湯でさっと茹でています。
  2. 鶏手羽元に塩コショウをふっておきます。
  3. しょうがは薄切りにし、ニンニクは半分に切って芯を取り除き切ります。
    ネギは大きいままでOK!
  4. フライパンに油少々(分量外)をひいて、10分ぐらいニンニクの香りづけをしておきます。
  5. フライパンを中火で熱し、鶏手羽元を皮目から焼き、全体に焼き色をつけます。
  6. フライパンに青ネギ1本と、酢・醤油・酒・砂糖としょうがと八角を加えます。
  7. 蓋をして弱めの中火で10分ほど煮てできあがりです。

煮る時に「ゆで卵」も同時に煮込んでも美味しいです。

我家のメニューは、「鶏のさっぱり煮」に「ポテトサラダ」と「ぬか漬け」と「豚汁」でしたので、卵を添えるとたんぱく質が多すぎるので、添えませんでした。

副菜とのバランスで、調味料を増やして大根などもいっしょに煮込んでも美味しいです。

そして、ガツン!とパンチが欲しい場合、豚バラで唐辛子をプラスしてもいいですね。

私は、プラス細唐辛子も加えて豚バラと大根を煮込むときがあります。

写真は…卵を煮込み忘れてしまい、失敗作ですヾ(^o^;)

でも、お肉と大根が軟らかくおいしくできたのでよしとしました。

体を温める効果があるスパイスや香味野菜に、腸活によい様々な日本の発酵調味料を最大限に生かして、ウイルスや細菌に負けない力…免疫力をアップして、お肌トラブルや便秘などの改善をしていきましょう。

体が温かく、腸が整っていないと、風邪などの体調不良になりやすいです。

温活・腸活・菌活は、別々のものではなく、体の仕組みはすべてひとつになっています。

体は食べ物でできているので、自分の体調や世の流行っているウイルスに負けない体づくりをしていきましょう。

The following two tabs change content below.
【「和漢膳料理研究家」女子栄養大学にて食生活指導士・漢方養生士・中医薬膳士・防災士・ペット食育士】 生涯学習コーディネーターとして、学校支援地域本部事業や成人の学習支援に参加し、生涯学習の振興発展に寄与することを目的とする自治体に登録し、公共地域の活動に参加しています。講演内容は、子どもの食育・成人の療養食・防災食・動物の「食」について、企業相談や地方講演を行っています。

関連記事

  1. 「心身リセットお粥習慣」温活おかゆのメリット増デメリット減の…

  2. タコの栄養効果と薬膳!温める食材と合わせる疲労回復「タコ飯」…

  3. 温活&腸活レシピ【鶏もち麦スープごはん】アンチエイジング便秘…

  4. 【キャロットラペ】にんじんのβ-カロテンをアップさせる薬膳レ…

  5. 生活習慣病予防薬膳レシピ【ホタテの炊き込みごはん】帆立効能U…

  6. 【温活】冷えとり食べ物5つのルールと常備食5つ|体を温める食…

TOMOIKU総合サイト

「TOMOIKU総合サイト」は、自分らしい生き方や働き方、居心地のいいものに触れ、人生をプラスに変えて暮らしをデザインする生活情報サイトです。

子ども目線ではありませんが、同じ内容を社会の問題点として注目し、子どもの未来に関わるあらゆる情報をお届けしています。

http://tomoiku.com/

 

“漢方養生士・中医薬膳師・女子栄養大学食生活指導士”として「薬膳・ローフード・スローフードの健康的な食事」
“LOHASライフスタイリスト”として「ロハスな生活」
“愛玩動物飼養管理士&ペット食育士”
として「犬・猫・うさぎの食事」
“保育士”
として「子供の悩み相談」
“AFP(アフィリエイテッド・ファイナンシャル・プランナー)”として、企業コンプライアンス・ライフプラン・金融、保険など6つの専門分野など、企業相談や地方講演と地域の活動を行っています。

ご質問の返答は管理人“TOMOIKU京子”個人の考えが含まれます。TOMOIKU記事にまとめてお答えしています。お問い合わせから気軽に質問してください♪

tomoiku21century-01

一般社団法人 日本共育ライフ協会内
(合)共育生活研究所

tomoiku21
サイトマップで情報を探せます!

  1. 2020.07.06

    二十四節気の夏【小暑-しょうしょ】7/7~22頃:水毒の…

  2. 2020.07.06

    栄養素を逃さない!抗酸化を意識した食材の選び方と調理方法…

  3. 2020.07.05

    バランスのいい献立!1日に必要な栄養素を過不足なく食べる…

  4. 2020.07.04

    7大栄養素をバランスよく摂取するのが健康への早道!-暮ら…

  5. 2020.07.03

    栄養素と栄養の違い!栄養とカラダのしくみ-暮らしの栄養学…

  6. 2020.07.01

    【7月・文月】梅雨と初夏を乗り切る食材「夏バテ対策」を考…

  7. 2020.06.29

    7月文月「暮らしの歳時記365日」四季の流れで心と体を整…

  8. 2020.06.28

    細胞の力を強くする黒い食品パワーとは?色と食材の七色健康…

  9. 2020.06.27

    細胞の力を強くする紫の食品パワーとは?色と食材の七色健康…

  10. 2020.06.26

    細胞の力を強くする白の食品パワーとは?色と食材の七色健康…

  1. 2020.07.06

    栄養素を逃さない!抗酸化を意識した食材の選び方と調理方法…

  2. 2020.07.05

    バランスのいい献立!1日に必要な栄養素を過不足なく食べる…

  3. 2020.07.04

    7大栄養素をバランスよく摂取するのが健康への早道!-暮ら…

  4. 2020.07.03

    栄養素と栄養の違い!栄養とカラダのしくみ-暮らしの栄養学…

  5. 2020.06.25

    【七色健康食事法】色で簡単にバランスよい細胞の力を高める…

  6. 2020.06.24

    中年太りを健康でスリムに改善!体質転換期のための食品30…

  7. 2020.06.21

    体がミトコンドリア系になるための食事改善法!食品30品目…

  8. 2020.06.19

    「菌活」で健康な腸に育てよう!食材で善玉菌を増やそう!

  9. 2020.06.17

    体も心もキレイになる最短方法「腸活」健康生活の基本

  10. 2020.06.11

    野菜に含まれる「食物繊維」効果と効率的に摂る調理法

  1. 2020.06.06

    【梅の効果】食中毒やピロリ菌の予防!2週間後に飲む梅酒と…

  2. 2020.06.05

    生活習慣病予防薬膳レシピ【ホタテの炊き込みごはん】帆立効…

  3. 2020.05.29

    腸内環境を改善して免疫力アップダイエットのポイント3つ【…

  4. 2020.05.17

    トウモロコシの皮・ヒゲは捨てない!利水作用「とうもろこし…

  5. 2020.05.17

    デトックス・免疫力UP・腸内環境を整えるメニューづくり3…

  6. 2020.05.13

    たんぱく質食材をマリネにする効果「豆と魚介マリネ料理」薬…

  7. 2020.05.12

    夏の養生法|注意すべき生活と食養生~食べたい食材と夏の薬…

  8. 2020.05.11

    ぬかづけの19倍の乳酸菌「水キムチ」効果!とぎ汁不要の安…

  9. 2020.05.10

    酵素が豊富なラディッシュ(二十日大根)効果!顆粒だしを使…

  10. 2020.05.07

    香辛料の山椒(サンショウ)と花椒(ホアジャオ)の違い・効…

ベルメゾンネット