心と体を整え元気になる方法!腸があなたを司る「暮らしと食の歳時記」

どこか心と体がスッキリしない!

健康診断で注意を受けるほどではないけれど、調子が悪く未病状態かも…。

ダイエットをしてもリバウンドを繰り返し、健康を心がけて食事にも注意しているのに、なぜか改善されない…。

自分に合った健康法が見つからないし、何を注意してよいのかわからない…。

なかなか継続ができない…。

そんな悩みや不安がある方に、1年365日しっかり時間をかけて、基本の体を作っていくように構成しました。

心と体の不調を感じる原因

あなたは体と心の不調を、何がどうなって感じるのでしょう。

体は怠かったり、痛かったり…何となくすべてがおっくうに…。

心もイライラしたり、やる気がなかったり…面倒くさいと思ったり…。

それを、自分の体質や性格だと、片付けていませんか?

元気な心と体であるためには「栄養」が不足していたり、体に無駄なものが溜まってしまい排泄できない状況ができあがっています。

心と体を乱す「炎症」がある上、私たちをとりまいている“自然”が大きく心と体に影響しているため、季節の変わり目には体調不良を起こす方が増えていきます。

私たちの心の健康は、ホルモンが作用してバランスを保っています。

そのホルモンが必要とする「栄養」が必要で、尚且つ安定していなければ分泌されないため、食の乱れは心の乱れに繋がっています。

ホルモンのバランスが悪いと、突然の環境の変化のストレスでは心が負けやすく、心が晴れずに何をやっても楽しくありません。

では、ホルモンのバランスが取れる食材を選んで食べればよいのか?

残念なことにそれだけでは不十分で、食べたものの栄養を吸収する「胃腸」が健康でなければなりません。

現代は体にとって不要なものまで多くとっている上、排泄する循環が悪いため、心と体に「炎症」を起こしてしまうのです。

本来とるべきでないものや量を食べたことで胃腸に負担をかけ、未消化のものや重金属などの有害物質が体内に溜まったり吸収されて「炎症症状」を起こし、腸内の環境を乱したことにより「心と体」整わなくなります。

スポーツなどのストレス解消方法を探すことだけではなく、腸を整えることを同時に行わなければなかなか改善されません。

腸が明日の自分を司る

長き東洋医学において、私たち日本人が元気に過ごすために、日本流漢方として積み上げられた実績として、日本の風土はとても重要な項目です。

日本の美しさは「四季」から生まれていますが、その四季の移り変わりに体がついていかれなくなっている現状もあります。

病気や症状に焦点を合わせて治療するのが「西洋医学」ですが、漢方の医学の基本は「人間の体も自然の一部」をいう全体で考えていくことが基本になっています。

どちらも健康維持をするためには、必要です。

そして、日本人は胃腸が弱い民族で、その原因のひとつに「ピロリ菌」があげられています。

欧米に生息するピロリ菌と種類が違い、アジアのピロリ菌の方が胃潰瘍や胃がんになどの発生リスクが高いとも言われているのです。

ピロリ菌は胃酸の中で生き延びることができ、胃酸を中和して住みやすい環境を作ってしまいます。

胃の中で排除されるはずだった菌やウイルスが小腸に取り込まれて繁殖し、栄養吸収の邪魔をするのです。

ピロリ菌が見つかる確率は非常に高いですが、治療は薬で駆除するだけなので、是非健康診断では「ピロリ菌検査」もしてみてくださいね。

もうひとつ、日本人の胃腸が弱い理由として、日本特有の風土にあります。

胃腸の働きは、湿気の多い時に低下すると漢方では言われていて、胃腸の働きを整えることが体調を整える最優先事項です。

心と体を乱す炎症を起こさないためにも、腸の環境を整えなければなりません。

四季の移り変わり、日々の温度・湿度、日照時間や風の強さ・雨の降る量や、気圧…と、私たちを囲む自然環境に大きく影響される私たちは、それに応じた食や生活をすることで、腸を整え元気な明日があります。

まさしく、腸が明日の自分を司っているのです。

季節によって、どのようなことに気を付けたらいいのか?

昔から日本人は歳時記の“二十四節気”や“七十二候”を利用して生活をしてきました。

旬の食材を利用したり、その季節に注意すべきことを重視して生活をし、邪気などを祓って健康に注意してきたのです。

当サイトでは365日の注意すべき生活を“二十四節気”や“七十二候”にならって紹介し、具体的な方法へと導きます。

次は「元気になる通年の注意として、腸が明日の自分を司る「整腸食品」と「乱腸食品」についてです。


↓当ブログ:新型コロナウイルスのページ


↓今月の健康プログラム 目次ページ↓




ベルメゾンネット


東洋人である日本人のDNAによる体質をいかした食事を心がけて…♪

 

 

The following two tabs change content below.
【「和漢膳料理研究家」女子栄養大学にて食生活指導士・漢方養生士・中医薬膳士・防災士・ペット食育士】 生涯学習コーディネーターとして、学校支援地域本部事業や成人の学習支援に参加し、生涯学習の振興発展に寄与することを目的とする自治体に登録し、公共地域の活動に参加しています。講演内容は、子どもの食育・成人の療養食・防災食・動物の「食」について、企業相談や地方講演を行っています。

関連記事

  1. 「一日一便」便秘に効く食べ物は?原因をチェックシートで確認し…

  2. 大麦・もち麦の効果!腸を整え便秘・メタボ・生活習慣病改善と活…

  3. 3月~春の季節の変わり目は体調不良になりやすい!新陳代謝と肝…

  4. 体がだるい・心が暗い…食べ物と日照時間の関係「体と心を整える…

  5. 体も心もキレイになる最短方法「腸活」健康生活の基本

  6. お餅を食べると疲労回復?体に良いトッピング5つ!鏡餅は歳神様…

TOMOIKU総合サイト

「TOMOIKU総合サイト」は、自分らしい生き方や働き方、居心地のいいものに触れ、人生をプラスに変えて暮らしをデザインする生活情報サイトです。

子ども目線ではありませんが、同じ内容を社会の問題点として注目し、子どもの未来に関わるあらゆる情報をお届けしています。

http://tomoiku.com/

 

“漢方養生士・中医薬膳師・女子栄養大学食生活指導士”として「薬膳・ローフード・スローフードの健康的な食事」
“LOHASライフスタイリスト”として「ロハスな生活」
“愛玩動物飼養管理士&ペット食育士”
として「犬・猫・うさぎの食事」
“保育士”
として「子供の悩み相談」
“AFP(アフィリエイテッド・ファイナンシャル・プランナー)”として、企業コンプライアンス・ライフプラン・金融、保険など6つの専門分野など、企業相談や地方講演と地域の活動を行っています。

ご質問の返答は管理人“TOMOIKU京子”個人の考えが含まれます。TOMOIKU記事にまとめてお答えしています。お問い合わせから気軽に質問してください♪

tomoiku21century-01

一般社団法人 日本共育ライフ協会内
(合)共育生活研究所

tomoiku21
サイトマップで情報を探せます!

  1. 2020.07.06

    二十四節気の夏【小暑-しょうしょ】7/7~22頃:水毒の…

  2. 2020.07.06

    栄養素を逃さない!抗酸化を意識した食材の選び方と調理方法…

  3. 2020.07.05

    バランスのいい献立!1日に必要な栄養素を過不足なく食べる…

  4. 2020.07.04

    7大栄養素をバランスよく摂取するのが健康への早道!-暮ら…

  5. 2020.07.03

    栄養素と栄養の違い!栄養とカラダのしくみ-暮らしの栄養学…

  6. 2020.07.01

    【7月・文月】梅雨と初夏を乗り切る食材「夏バテ対策」を考…

  7. 2020.06.29

    7月文月「暮らしの歳時記365日」四季の流れで心と体を整…

  8. 2020.06.28

    細胞の力を強くする黒い食品パワーとは?色と食材の七色健康…

  9. 2020.06.27

    細胞の力を強くする紫の食品パワーとは?色と食材の七色健康…

  10. 2020.06.26

    細胞の力を強くする白の食品パワーとは?色と食材の七色健康…

  1. 2020.07.06

    栄養素を逃さない!抗酸化を意識した食材の選び方と調理方法…

  2. 2020.07.05

    バランスのいい献立!1日に必要な栄養素を過不足なく食べる…

  3. 2020.07.04

    7大栄養素をバランスよく摂取するのが健康への早道!-暮ら…

  4. 2020.07.03

    栄養素と栄養の違い!栄養とカラダのしくみ-暮らしの栄養学…

  5. 2020.06.25

    【七色健康食事法】色で簡単にバランスよい細胞の力を高める…

  6. 2020.06.24

    中年太りを健康でスリムに改善!体質転換期のための食品30…

  7. 2020.06.21

    体がミトコンドリア系になるための食事改善法!食品30品目…

  8. 2020.06.19

    「菌活」で健康な腸に育てよう!食材で善玉菌を増やそう!

  9. 2020.06.17

    体も心もキレイになる最短方法「腸活」健康生活の基本

  10. 2020.06.11

    野菜に含まれる「食物繊維」効果と効率的に摂る調理法

  1. 2020.06.06

    【梅の効果】食中毒やピロリ菌の予防!2週間後に飲む梅酒と…

  2. 2020.06.05

    生活習慣病予防薬膳レシピ【ホタテの炊き込みごはん】帆立効…

  3. 2020.05.29

    腸内環境を改善して免疫力アップダイエットのポイント3つ【…

  4. 2020.05.17

    トウモロコシの皮・ヒゲは捨てない!利水作用「とうもろこし…

  5. 2020.05.17

    デトックス・免疫力UP・腸内環境を整えるメニューづくり3…

  6. 2020.05.13

    たんぱく質食材をマリネにする効果「豆と魚介マリネ料理」薬…

  7. 2020.05.12

    夏の養生法|注意すべき生活と食養生~食べたい食材と夏の薬…

  8. 2020.05.11

    ぬかづけの19倍の乳酸菌「水キムチ」効果!とぎ汁不要の安…

  9. 2020.05.10

    酵素が豊富なラディッシュ(二十日大根)効果!顆粒だしを使…

  10. 2020.05.07

    香辛料の山椒(サンショウ)と花椒(ホアジャオ)の違い・効…

ベルメゾンネット